世界女子カーリング選手権2013(3):日本×ドイツみました

おっさんが実践する「かわいくなるずるい方法」。記事のすばらしさに感激するマイク松ですこんにちは。僕もいくつか実践してかわいくなってみたいものですが、とりあえず同じルサンチマンを共有するだけにとどめておきます。

さて、連日カーリングがみられる生活をエンジョイしていますが、今日は日本チームはドイツと対戦です。

ドイツといえばすごい顔の怖い選手がいるなあと思っていました。オリバー・カーンみたいな迫力がある上に、ストーンを投げるときに超低空姿勢で、平蜘蛛のようなスタイルで滑ってきます。しかも大音響でウォー!とかヤーップ!とかいいながら。泣く子も黙るとはまさにこのことです。ひょっとしたら魔除け担当の人とかで、選手じゃないのかもしれないと思ったりもしました。リード、セカンド、サード、スキップ、魔除け。

しかしこの人はドイツの名選手アンドレア・シェップ。48歳と今大会最高齢スキップなのです。もちろん優勝経験もあり、オリンピックも2回出場。日本でいえば太原崇孚雪斎みたいな人です。対する日本チームは今大会最年少こぐまスキップの藤澤。がんばってほしいものです。大丈夫、日本チームにはオレたちのはと美コーチがいます。ワールドシニアで銀メダルをとったこともあるそうです。

両チームともアイスコンディションをつかめない中で、前半は日本チームがリード。1,3エンドでスチールで1点ずつとるというとてもいい展開でした。シェップもいいショットを決められず。ドイツチームのコーチはシェップのお兄さんです。アンディ・リードみたいなあざらしっぽい巨漢です。お兄さんも困り顔。

しかし休憩を挟んで第6エンドから流れがドイツに。般若のような鋭い眼光で、いやむしろ妖力でアイスコンディションを読み、一時は逆転します。日本チームは長かったり短かったりとドローショットが決まらず。

第10エンド、ハウスにストーンがたまる中、大量点をとられそうになるピンチが。しかしここで藤澤が自分たちの最後のストーンでスーパーショットを決めて、ドイツは1点止まり。延長戦に入ります。

第11エンド、真ん中をあけてラストストーンを決めたい日本チームでしたが、中央にガードとして自分たちのストーンが残ったばかりか、次のショットがなにか噛んだかスルー。絶体絶命のピンチに。しかしラストストーンで藤澤がダブルテイクアウトを決めて、日本が接戦を制しました。

ショットが両チームとも安定しない中、絶体絶命のピンチを乗り越えて成長してきた日本チーム。藤澤のスーパーショットがすばらしかったです。しかしドイツもシェップはじめ堅実なプレーで、正直負けるかもと思わせました。ナイスゲームでした。

敦賀さんは昨日はデンマークの選手の上にどんどん黄色い線を書いていたので、今日はシェップの顔の上にストーンでもおいてくれるかなと思ったのですが、途中から線が表示されなくなり、実況陣の打ち合わせみたいな感じになっていました。「ここと…ここのどっちかですね」とかいわれているのに線も何も表示されず。僕が悪かったのでちゃんと線出してくれると助かります。

それにしても敦賀さんの戦略はいつも的確です。選手ももちろん、いいコーチになりそう。がんばってカーリングを支えてくれるとうれしいです。

コメントしてください