地中にいて光合成しないオリックスにかんするトーク

東北に出張してきたマイク松ですこんにちは。なんとなく出張日程が決まったのですが、その日程が東北のお祭りと完全にかぶっていました。あちこち混んでいて大変でしたが、ちょっとだけお祭りの雰囲気は味わえました。

さて、出張中に富井が記事を書いてくれたのですが、森脇カントクがすさまじいなぞなぞを出してきましたね。もはやぼやきを超えたすごい不思議発言。カントクは何がいいたいんでしょうか。帰って早々ですが、富井とトークしてみました。

富井:だいたいこのなぞなぞの答えあるんかな?
松:ですねー。「光合成するけどずっと地中にいる植物なーんだ?」ですよね。
富井:…。
松:…。
富井:やっぱこの答え「腐って枯れる」じゃないか?
松:どうやらそうですよね。オリックスは腐って枯れてると。
富井:いや!森脇カントクだからきっと何か知ってるんだよ。野球よりも特殊な植物に詳しいカントク
松:どっちにしろ腐って枯れるんじゃないですか?
富井:うるさいよ!なんかあるんだよ。考えるんだよ!
松:もやしですかね?
富井:なるほど!オリックス・ビーンスプラウツ。
松:もやしは水耕栽培ですから地中にはいないですよね。
富井:bean sproutsだからBsだな!謎は解けた!
松:地中にいるというよりは光を浴びてないということなんですかね。
富井:そうだよ。オリックスは芽が出てないもやしだよ。オリックスもやしズ。
松:それは…なんというか子どもに夢を与えられるんですかね?
富井:いいじゃないか、栄養もあるし。
松:栄養のある野菜はたくさんありますよ。ほかに何かないんですか。
富井:ずっと地中にいるんだから、地中植物なんかな?
松:ユリとかハスとかですかね。オリックス・リリーズとか、オリックス・ロータスとか。
富井:根の部分がずっと地中にいて越冬したりするってことだな。大事なのは早く地上に出るってことなんだけど。
松:結構地中ライフをエンジョイしてますね、オリックス・ロータスは。一部だけ出てるっていうのも調子のいい選手がちょっとだけいるって感じで。あとはみんな地中。
富井:だめじゃん!もっと元気な植物ないの?
松:じゃがいもとかも同類みたいですよ。オリックス・ポテトズ。
富井:そういえばじゃがぽてなんとかいうやついたな。あいつも実は仲間だったのか…。
松:いやいやじゃがいもはちゃんと光合成がんばってますから。芽の出ないじゃがいもは腐って枯れますよ。
富井:そうやった!あかんあかん。ほかになんかないの?
松:光合成をしない植物といえば寄生植物ですかね。ヤドリギとか。ラフレシアも実は寄生植物なんですよ。
富井:のっけからイメージ悪いよ!寄生って何に寄生するんだよ?
松:…オヤガイシャですかね。
富井:ぜんぜん笑えんよ!
松:あとは腐生植物も光合成をしない植物ですよね。菌類に寄生したりするやつ。
富井:余計悪いわ!
松:でもこのなぞなぞ、なかなか難しいですよね…。
富井:まてよ!カントクも別に植物とはいってないんじゃないか?
松:あーなるほど。植物ではないけど光合成ができるやつ。ミドリムシですね。オリックス・ユーグレーナス。
富井:なるほど!オレたちみんなミドリムシ!地中にさえ出られれば自力で光合成して栄養つくってってこらー!!
松:それらしいのはみつかりましたが、やつらがミドリムシだとわかったところでどうにもなりませんね。G-光尊とかも今は二軍でたっぷり日光を浴びているのに、さっぱり打ててないみたいですから。
富井:とにかくもう自力Vとかいいよ他力Vで。早いとこ上がってきてほしいよ。
松:じゃあもう種いもでいいですかね。オリックス・ポテトズ。
富井:同じ理屈なら、ホワイトアスパラとか、ヤングコーンとかでもいいな。オリックス・ヤングコーンズ。
松:ヤングレオとヤングコーンが戦ったり、若虎と若もろこしが戦ったりするんですね。というかもうヤングコーンはおいしそうだからっていう理由でしょ?
富井:夢はないけど栄養はある!大阪府在住、オリックス・ポテトズです☆
松:しおりちゃんみたいにいわんでくださいよ。

ということで森脇カントクのなぞなぞの答えは種いもということになりました。日本ハムに続く食べ物球団の誕生。選手のみなさんもしっかりポテトで栄養取って、がんばってくださいね。GO!ポテト!

コメントしてください