フィギュアスケート欧州選手権2014(4):男子シングルFS

都道府県別男子駅伝を見ていたら一日が終わった富井です。長野優勝、おめでとうございます。佐久長聖出身者で固められていてすごかったですね。中学生も佐久長聖に行くんだろうなあ。行くんだろうなと言えば、一体ロシアは誰がオリンピック代表になるんでしょうか。実況は小林さん、解説は岡部さん。

イタリアのポール・ボニファッチョ・パーキンソン。22歳。すごい笑顔で滑っています。4Sは回ってたようですが転倒。1A+3Tはオーバーターン。3Aはオッケー。スピンは回転がなかなか速い。ステップはスケートがあまり伸びませんね。2Lz+3T、2A+3S+SEQ、3F、2Loと後半にジャンプを固めてきましたが、決まったり決まらなかったり。そして最後に1Lz。157.81。まあまあの出来だったようです。

ドイツのフランツ・シュトロイベル。22歳。ウエスタンの映画のサウンドトラックらしいです。4Tは成功。3Aも高さがありますね。3Lzもゆっくりとしたスケーティングから高いジャンプなので、筋力があるんでしょうね。スピンは止まりそう。ステップはちょっとガンマンぽくて曲調に合っています。キャメルスピンは足が長いので形がきれいです。3Aは転倒。3S+3Tも転倒と疲れてしまいましたか。3Loはオーバーターン。ちょっとしたパントマイムの後に2Aは成功。2A+1Tになってしまいましたが、まずまずの出来だったのではないでしょうか。182.21。初出場にしては良いですね。

エストニアのビクトール・ロマネンコフ。「カルメン」。3Aは手をついてしまいました。2A+3Tはオッケー。3Lzは軸がぐらぐらしたけどちゃんと降りました。ステップは丁寧にしているけどゆっくりですね。3Loは成功。ちょっと疲れたような表情だと思ったら、1Lz、2Aで転倒。2Fとジャンプミスが続きましたが、3Sは成功。最後のコレオシークエンスはよれよれだったけど最後までがんばりました。153.66

ベラルーシのパベル・イグナテンコ。「仮面の男」。3A+2Tは流れがありませんでしたが成功。3Aは高さがあってなかなか。3Fはエッジがアウト気味。3Tはオッケー。シットスピンはポジションが高いのでは。ステップはわりと良いんじゃないかな。3Lzのあとのジャンプはどうかな。3Loは手をついてしまいました。3Lzはまあ成功。2A+2A+SEQはオッケー。コンビネーションスピンでフィニッシュ。172.08

ウクライナのヤコブ・ゴドロザ。20歳。「ウエストサイド・ストーリー」。3Aは転倒しましたが3Lz+3Tは成功。3Aは背中をついてしまう転倒。2Fの後にキャメルスピン。背中が柔らかい方ですね。ステップは楽しそうで良いです。3Lzは良いジャンプ。3Loもオッケー。2Aはイーグルからで、後半になってジャンプがよくなりましたね。3Sはオーバーターン気味。スピンはわりと上手。158.88

スペインのハビエル・ラジャ。「シング・シング・シング」。3Aは跳ぶ前がきれいだったのでちょっともったいない。3T+3Tは流れがあって良いですね。3Lzも成功。キャメルスピンも良いです。3F+2Tもいいですね。2A+2T+2Tもオッケー。ステップにもう少しスピードがあればなあ。3F、3Sはステップアウトしましたが最後の2Aも成功。いいできでしたね。基本はちゃんとしているだけにもうちょっと表現が上手くなればなあと思います。179.37
オーストリアのヴィクトール・ファイファー。オリンピックの出場も決まっているそうです。3Lzは片手をあげて幅のあるジャンプでした。3Fも良いジャンプですね。3Lz+2Tも流れがあります。キャメルスピンもポジションがきれい。3Loもオッケー。ここまで良い流れでしたが1Aになってしまいました。ステップは身体を大きく使えてます。でももう少しスピードが欲しい。3S+3Tが決まって会場から拍手。3T+2T+2Tも成功。2Aはステップアウトになってしまいましたがプログラムの流れが損なわれないよくまとまった出来でしたね。189.06

イスラエルのアレクセイ・ビチェンコ。「フラメンコ」。3A+2Tは力で降りましたが次の4Tは良いジャンプでした。2A+2T+2Tもオッケー。スピンは回転速度が速いです。3Loはステップの後すぐに跳ぶのがよかったです。3F+2Tも成功。2Lzは滑ってくるスピードがありませんでしたね。3F、3Sと成功。最後のスピンはちょっと短かったような。203.76

スイスのステファン・ウォーカー。国内選手権2連覇中。ランビエールが戻ってもいいのではと思います。3A+2T+2Tはすごい助走が長かったです。3Aも助走が長ーくて転倒。3Lzはステップアウト。スピンはポジションがきれい。ステップもスピードが欲しい。3Lz+3Tは成功。3Fもオッケーです。3Sもよろっとしたけど立ちました。3Loも何とか。最後は急にきびきびした動き。2A+2A+SEQでフィニッシュ。179.52

ポーランドのマチェイ・チェプルーハ。25歳。「ラグタイム」。太田胃散の音楽だ!4Tは転倒。3Lz+3Tはオッケー。3Fもいいですね。コンビネーションスピンのポジションがきれいです。3Loもオッケー。シットスピンもなかなかいい。3Lz+2T+2Loは最後に手を上げてました。3Sはステップアウト。3Loはおしりから落ちてしまう豪快な転倒。2A+2Tはオッケー。最後のスピンはトラベリングしてしまいましたが、まずまずの出来だったのでは。179.06

ルーマニアのゾルタン・ケレメン。27歳、オリンピック代表だそうです。「ブリーズ」ほか。3A+2Tは3Aがすごい斜めでしたが降りました。3Lzはオッケー。3Fはステップアウト。1Aはスピードがないから跳べなかったようでした。3Loはオッケーです。3Lzは転倒してしまいましたが、3S+2T+2Tは大丈夫でした。2Aはオッケー。でももうちょっとスケートにスピードが欲しかったですね。ステップシークエンスで両膝をついてしまったためにディダクション-2を取られてしまったようです。もったいない。171.26

モナコのキム・ルシーヌ。「ジャングルブック」。3Fは良いジャンプですね。3T+2Tもオッケー。3Loは流れがありませんでしたね。おしりをかいて観客にアピール。音楽を上手く使ったステップ。点は出ないだろうけど見ててとても楽しいです。何かに操られるようなスケーティング。3Lzは良いですね。キャメルスピンも上手。小芝居が楽しくてカメラも顔のアップばかり。3Lzはステップアウト。3F+2T+2Tもステップアウトになってしまいました。3Sはオッケー。コンビネーションスピンは最後にスピードがあればよかった。コレオシークエンスはまさにコレオシークエンス。2Aですぐに終わりました。179.89

昨日に引き続き、第3グループからはマイク松がリリーフ登板します。富井は5回を投げて3安打無失点。

第3グループ。

フランスのシャフィク・ベセギエ。手がしましまの衣装。「最後の誘惑」。4Tにトライしましたが手をつきました。キレはある。ステップからの3Aは途中で開いてダブルに。悪くはなかったけど。次も2Lzに。スピンのあと3Lo。やっと決まりました。ステップはなかなかメリハリがありますね。音楽にもあってる。こねこねするマイムが入る。あ、投げた。3A+2T+2Tが決まりました。3T+3Tもおっけー。ジャンプ持ち直してきましたね。キャメルスピンからコレオシークエンス。2S+2T、2Aとジャンプ跳んで、コンビネーションスピンでフィニッシュ。序盤にジャンプが決まりませんでしたが、そこからはまずまずの出来でしたね。198.07。衣装は近くで見ると豪華。

フランスのフローラン・アモーディオ。「Let’s Rock!」という横断幕が。FSのプログラムはまだ工事中らしい。「バラ色の人生」ほか。4Sに挑みますがダブルになりました。次も3S+2Tになりました。3AはただのAになりました。最初のスピンはやろうと思ってやめてしまいました。ここで1つスピンを試みたことになってしまうらしい。やばい。その次のスピンはおっけー。ステップもよくやってますが、まあ工事中ですからね。3Aはいいジャンプでしたが転倒。2Aは決まりましたが、TESが伸びませんね。3Lzはステップアウト。3Sは決まりました。コンビネーションスピンからコレオシークエンス。しっかり盛り上げますね。最後のスピンはやっぱり点が入らなかったみたいです。お通夜キスクラ。190.13。この時点で3位。ブラジルのスタジアムとどっちが先に工事できるかなー?

ベルギーのヨリク・ヘンドリクス。「ラプソディ・イン・ブルー」。3Aはステップアウト。音楽に乗って。もう1回ステップアウト。流れのように。3Lz+2Tはなんとか。ステップは丁寧に滑ってますがスピードがほしい。スピンから音楽が変わります。3T+3Tが決まりました。ここから。しかし3Lzはステップアウト。ステップアウト祭りだ。3Fは決まった。3Loと決まってきたぞ。スピンはてきぱき回りますね。2Aからコンビネーションスピンでフィニッシュ。実際クワドルプルがないからクリーンにいきたかったところでしたが、ステップアウト祭りでした。205.92。でも喜んでいます。あ、世界選手権の基準をこえたのか。

ドイツのペーター・リーベルス。4Tはしっかり決まりました。やりましたね。3A+2Tは手をつきました。速度が落ちましたね。3Lzも成功。ステップは丁寧です。がんばってるほう。3Aはなんとかかんとか。3Lz+2T+2Tが決まります。3S、3Loとジャンプまずまずいけてますね。コンビネーションスピンから2A、コレオシークエンスからコンビネーションスピンでフィニッシュ。プログラムにあんまりまとまりがなかったですが、ジャンプも決まったし、エレメンツは決まりましたね。225.76。おーパーソナルベスト。

ロシアのコンスタンティン・メンショフおじさん。おじさんコールが起こっています(ロシアコールかも)。ルネ・オーブリーの曲から。4T+3Tを決めてきました!今日はいけましたね。4Tもクリーンなジャンプ。いいぞ。3Aも成功。3Lzもいけていい出だし。3A+2Tはだいぶ軸が傾いてましたが降りてます。おじさんマジック。スピンから後半。3Sはなんとか。3Lo+2T+2Tはいけました。シットスピンはだいぶ疲れてますね。ステップもがんばれがんばれといったところ。2Aからスピン、コレオシークエンスでフィニッシュ。力強い演技でした。今日はがんばれましたね。237.24。

フランスのブライアン・ジュベールお父さん。すけすけ衣装。HENTAI的でやばい。「アランフェス協奏曲」。4Tはステップアウト。3Lz+3Tは決まりました。3Aもいいジャンプ。3Loと最初以外はいけてますね。ステップはただゆっくりだけじゃないエッジワークがあります。3Lz+2T+2Tを決めて、3Sも成功。3F、2Aと決まりました。最後はしっとりとフィニッシュ。まだまだまとまってませんが、気がつけば最初以外はジャンプを決めてますね。プログラムがしっかり解釈できれば戦えるでしょう。プログラムをまとめるのはモロゾフにまとめましょう。221.95。

最終グループ。

ロシアのセルゲイ・ボロノフ。リプニツカヤと同じコーチに師事。4Tはなんとか決まりました。ぎりぎり。3Aもふんばりました。4T+2Loは間にターンが入りましたがなんとかコンビネーションに。3Lzはやっとクリーンに。ステップはもうちょっと音楽にフィットしてくれるといいのに。3Lo+2T+2Lo、3S、3Tとジャンプはいけました。シットスピンは低く決まってます。やっとコレオシークエンスで気合い入ってきました。最初から頼む。コンビネーションスピンでフィニッシュ。うーんプログラムはおもしろくないけどジャンプは決まりましたね。クワドルプルは2つなんとか入ってるし。でも岡部さんもタンゴの動きではないと指摘。252.55。点はでました。

スペインのハビエル・フェルナンデス。「ハーレム・ノクターン」ほか。4Tはめずらしくすぐ足ついてしまいました。4S+3Tはなんとか決まりました。3Aはクリーン。スピンもてきぱき。そしてステップはエッジワークがやはりなめらか。やっとおもしろい演技がきましたわ。音楽変わってもしっかり音楽にあわせてます。4Sはステップアウト。2Lz+2Tはめずらしいです。3Loから、3F+1Lo+3Sも決まりました。いやーすごい。コレオシークエンスではお父さんステップも入れながら。最後に3Sからコンビネーションスピンでフィニッシュ。今日はパーフェクトとはいきませんでしたが、さすがの技術でしたね。267.11。でましたねー。

チェコのトマシュ・ベルネル。アストル・ピアソラのタンゴメドレー。3Tはクワドルプルに挑みましたが自重か。4Tは次にしっかり決めました。3Aもクリーン。しかし3Fはシングルです。ステップはさすがにタンゴをしっかり表現する。難しいことはしてないけどそのメリハリですね。アップライトスピンから音楽が変わります。このへんの切り替えも見事。3Aはダブルになりました。疲れてきたのかな。3Loは成功。2Lzになったり、3S+3Tはステップアウトにしてます。シットスピンからコレオシークエンス。このタンゴの物語よ。すばらしいですね。最後のスピンは手をついてしまいました。あー。しかしここまできましたねベルネルも。オリンピックを集大成にする準備はできたというところでしょうか。223.66。

スウェーデンのアレクサンドル・マヨロフ。「アーク・エンジェル」。緊張してますかね。4Tはまわってましたが転倒。おしい。3Lzは軸が傾いて転倒。がんばれマヨロフ。3Loはなんとか。スピンからステップは不思議な動きをうまく表現してますね。1Lz+2T+2Tになったりしてます。3Aは決まりましたがだいぶスピードが落ちてます。3F+3Tはセカンドでツーフット。コンビネーションスピンは回転速くまわれてます。3S、2Aを跳んで、コレオシークエンスはもっと軽やかにきてほしい。シットスピンでフィニッシュ。だいぶがっかりしてましたね。体が全然動いてなかったです。SPのよさを次の機会はもってきてほしいですね。122.85。うーん。

ロシアのマキシム・コフトゥン。チャイコフスキー「ピアノ協奏曲第1番」。4Sはオーバーターンもよく降りてますね。次は2S+1Tになってしまいました。3Tもダブルに。しっかりコフトゥン。オリンピックが待ってるんやで。コンビネーションスピンはキレがいいですね。ステップから音楽に乗った3Aはしっかり決まりました。3A+3Tはキレで成功。やっとのってきた。3Lzも決まってます。3S+2Tからシットスピンからコレオシークエンス。タラソワっぽい振り付け。2Aからコンビネーションスピンでフィニッシュ。うーんコフトゥンにしてはミスが多かったですねー。でも中盤以降は持ち直しました。232.37。まじか!メンショフおじさんよりも下か!

チェコのミハル・ブレジナ。最終滑走です。「シャーロック・ホームズ」より。4S+2Tをまずは成功。3Aはクリーンなビッグジャンプ。4Sにもう一度挑みますがダブルに。だいぶ右肩が下がってましたね。シットスピンからステップ。よく上半身が動いてますね。つなぎの部分もしっかり。そして3A+2T+2Tを後半で成功。3F+2Tも決めましたね。3Loはダブルに。3Lzからコレオシークエンス。3Sからコンビネーションスピンまでしっかり演じました。演技の完成度も上がってきてますね。もっと詰めていけばオリンピックではいい演技になるでしょう。236.98。うわーまた4位か。

○最終結果:
1. ジャングルフェルナンデス
2. ジャングルボロノフ
3. ジャングルおじさん
4. ジャングルブレジナ
5. ジャングルコフトゥン
6. 気がつけばジャングルリーベルス

優勝はフェルナンデス。SPのリードもあったし余裕でしたね。あとはオリンピックに向けて仕上げていくだけです。

ロシアにとって頭の痛いのが、2位ボロノフ、3位メンショフおじさん、5位コフトゥンという面々。ここにプル兄さんが入ってだれが1枠に飛び込むかということになります。ほんと頭痛い。

ブレジナはあと0.3くらいでメダルだったのですが、また4位。まあしょうがないでしょう。7位のベルネルも含めて、チェコ勢はしっかりピークをもっていかないとですね。調整調整ィ!気がつけばリーベルスが6位にきてます。

カテゴリー: フィギュアスケート パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。