ソチオリンピック フィギュアスケート団体(1):男子シングルSP

会議で話の長い人が多くてしんどかったマイク松ですこんにちは。思わず「話が長い歌舞伎」を考えつきました。台詞は全部「話が長い」だけ。それをひたすら続けながら見得を切ったりします。

さてさて、今日はフィギュアスケート団体。はじめての種目たのしみです。まずは男子シングルSP。

フィギュアスケート団体、男子シングルSP。実況は振動、解説はホンダバン。

団体ははじめてなのでさすがにわからん。予選がSP・SDで、FS・FDが決勝になるみたいですね。出場チームはカナダ・ロシア・アメリカ・日本・フランス・イタリア・中国・ドイツ・ウクライナ・イギリスの10チーム。SPおわっての上位5チームが決勝にいくらしい。順位点がついて、予選の順位点は決勝にも持ち越されるそう。

イギリス代表、「ファルーカ」。シットスピンから入ります。なかなかいいスピン。音楽も聞いてるし。3Lz+2Tからきましたね。3Fもちゃんと降りてます。コンビネーションスピンからキャメルスピンと堅実。パーは個人戦には出場できないのですが、団体は個人戦に出場できない選手を1人は入れていいらしいです。2Aからステップもがんばってフィニッシュ。これはミスなくいって、トップバッターとしてはよくがんばりましたね。盛り上がるイギリスチーム。57.40。

イタリア代表、パウル・ボニファチオ・パーキンソン。ベートーヴェン「運命」。4Tにトライしますが転倒。決まれば大きかった。じゃじゃじゃーん。3Aも転倒しました。がんばれ。スピンから3Lz+2Tはなんとかセカンドつけました。シットスピンはうまくできてる。ステップはよく盛り上げてます。これはいい。コンビネーションスピンでフィニッシュ。でも2転倒はなかなか痛かったですねー。キスクラのコストナーの顔が字幕でみえなくなってる。貴重なめがねなのに。53.94。

ウクライナ代表、ヤコブ・ゴドロジャ。結構声援も大きいですね。「トスカ」より。3Aから入ります。これはいいアクセル。3Lzはツーフットでコンビネーションにならず。キャメルスピンはまずまず。3Lo+2Tでコンビネーションをリカバー。ステップにそのまま入ります。なかなか疲れてるみたいで躍動感がもっとほしい。シットスピンからコンビネーションスピン。最後のスピンは回転も速くうまくいきました。いい仕事できたのでは。キスクラも盛り上がっています。60.51。

ロシア代表、プル兄さん。すごい声援です。「ロクサーヌのタンゴ」。4T+3Tを決めてきましたね!さすがプル兄さん。3Aもしっかりふんばって足はつかない。ステップからの3Lzもあっさり成功。つなぎは一切入れずという3つそろえてきました。キャメルスピンから投げキッス(つなぎ)、そしてステップに入ります。よく動いてる上にエッジがすばらしい。もう適当に上半身を動かすプル兄さんじゃない。ちゃんと作り込んだプログラムになってますね。カメラに向かってアピールしてコンビネーションスピン。最後はディフィカルトポジションのスピンでフィニッシュ。ぎゃー。すっかりトップクラスの演技に仕上げてきてるじゃないですかー。SPのジャンプは3つそろえて当たり前とでもいいたげです。91.39。ぎゃぎゃー。会場大喜び。

アメリカ代表、ジェレミー・アボット。不安だなー。有香ちゃんも不安そう。うしろでジュベールお父さんも不安そう。「ピナ・バウシュ」より。無理するな。あー4Tに挑みますが転倒。華麗に転倒。でも何事もなかったように演技。3Lz+2Tは3-3にしたかったなー。スピンの美しさはすばらしいですね。あとはとりこぼさないようにといおうとしたら1Aになってしまいました。あー。シットスピンのレベルが高い。こういうところで点をとっておこうぜ。ステップはいつものおしゃれ加減とリズム感。これは誰にも出せない。しっかりフィニッシュ。おっけーでーす。3つ跳べなくて当たり前とでもいいたげです。まあ一世一代の演技は男子シングルにとっておきましょう。キスクラに誰もいないというおそろしい事態が。みんなが遅れてやってきましたが65.65。それはやばいわ。

ドイツ代表、ペーター・リーベルス。「クロックス」。4T+2Tはなんとか決めてきました。コンビネーションいきましたね。3Aも成功。うわーこれはアボットの上にいくゥゥ!これはいい演技してますね。3Lzもステップから成功して3つそろえました。ステップの中におもしろポーズも入れながら。いい流れです。ここまでしっかり仕上げてきてるみたいですね。コンビネーションスピンで最後ぐらっときましたが上々の演技。79.61。ドイツ勢大喜び。ソルコビーがおもしろい鈴みたいなの振ってる。

中国代表、ハン・ヤン。「マイナー・ワルツ」ほか。3Aは距離が出るビッグジャンプ。これはすごい。ステップからの4Tをしっかり成功。力強いですね。キャメルスピンを無難に決めて、不思議なつなぎの演技。結構好きです。シットスピンは回転が速い。ステップからの3Lz+3Tはセカンドでステップアウト気味ですが大きなミスじゃない。そしてステップ。エッジワークよりも大きな上半身の動きとチェンジオブペースがいいですね。よく音楽にもあわせてる。最後は回転の速いコンビネーションスピンでフィニッシュ。上出来ですね。いいトップバッターです。というかさっきから趙宏博兄さんがイケメンすぎるんですが。よく目立ってる。85.52。いい点出ましたねー。

フランス代表、フローラン・アモーディオ。おーやる気ですね。ジュベールお父さんは応援団ですね。というかカントク。「ラ・クンパルシータ」ほか。いいスピードから4Sはトリプルに。まあ転倒よりいいよね。3Aはキレのあるいいジャンプ。3Lz+3Tも確実に。それでいいです。キャメルスピンはポジションもいいし、気合い入ってる。もう存分に踊っていいからね。ステップではキレキレのダンス満載。やっぱジャンプが決まると気合いののりも違います。コンビネーションスピンからシットスピンでフィニッシュ。おー久しぶりにクリーンな演技みましたね。これは大きい。79.93。3Sが響いたかもしれませんが上出来です。

カナダ代表、パトリックちゃん。カナダちょっとみんな多すぎるよ。ぎゅうぎゅうだよ。「エレジー」。4T+2Tはファーストで詰まりましたがちゃんと2Tつけてます。ハンデハンデ。3Aはステップアウト。転倒しなかったからおっけー。キャメルスピンはシンプル。よくのびるステップからの3Lzは成功。シットスピンは安定しています。ステップはエッジワークを存分にいかして。ほんとに異次元の出来。コンビネーションスピンは高速でした。上出来でしょう。にぎわうキスクラ。89.71。レイノルズが棒立ちなのがすごいおもしろいんやけど。

日本代表、羽生結弦。スター登場。気合い入ってますね。「パリの散歩道」。4Tをクリーンに決めてガッツポーズ。クリーンやなー。キャメルスピンはドーナツポジション。シットスピンもポジションチェンジがスターです。3Aも流れがすばらしい。のびがすばらしい。3Lz+3Tもしっかり確実に。ここからスターターイム。ステップもキレもエッジワークもばっちり。コンビネーションスピンでフィニッシュ!ナンバーワンポーズすげー。会場も最初はロシアコールやったのが黙ってしまいましたね。さすがスター。スタースタースター。日本チームも喜んでますね。97.98!よしよし。

○男子シングルSP終わって:
1. ジャパン
2. ロシア
3. カナダ
4. チャイナ
5. フランス
6. ジャーマニー
7. ユーエスエー
8. ウクライナ
9. ユーケー
10. イタリー

スターの活躍でこの時点で日本がトップです。すごいすごい。スター。2位はロシア。プル兄さんの確実さが光りました。パトリックちゃんは3位ですがまあハンデですね。4位はハン・ヤンの活躍で上位にきました。やりますね。5位はフランス、そこに肉薄するのがドイツ。リーベルスやりましたね。7位はアメリカ。やっちまいましたねアボット。他の人がんばれ。

コメントしてください