大砂嵐のスペシャル番組みました

ハルマが大学院合格。そういえば昼が稽古と場所だから両立はできるんだなと思ったマイク松ですこんにちは。経済とか学ぶのはいいことですが、相撲も安定させてほしいなあ。

さて、今日は以前に録画していた、大砂嵐のスペシャル番組をみました。おもしろかったです。

大砂嵐は一番下から幕内にあがるまで10場所しかかからなかったので、番組をみての感想は、苦労している時間が短いなというものでした。あっという間に幕内にいってて。

でも苦労してないというわけではなく、文化の違いにとまどっていたようでした。相撲は生活の全てが相撲だというのが印象的。ほんとがんばってました。

大嶽部屋の兄弟子達がみんなで支えていたのもよかった。いい部屋に入ってよかった。特に最年長の闘鵬アニキがすごい。稽古相手になったり、習慣を教えたり。ラマダンのときにごはんを待ってあげていっしょに食べていたのが感動的でした。ありがとう闘鵬アニキ。

最初は外出はだめとかいわれていたのですが、あっという間に番付が上がって、幕内力士になったらエジプト料理店にもいけるようになりました。これはよかった。

部屋頭として一気にみんなを指導する役にまわったりして。その環境の変化にもがんばって適応して、懸命に稽古していました。

大嶽親方はつまらない相撲をとるのは最悪、大砂嵐らしい相撲をとるように、親として懸命に指導していました。いい部屋に入った。そのままで大砂嵐を厳しくやさしく育ててくれると助かります。

今場所は休場してしまいましたが、また元気になって戻ってきてほしいです。

カテゴリー: 大相撲 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。