ワクワクさん、イハラの二虎競食の計にかかる

先日虎バン(関西ローカルのハンシン情報番組)をみたのですが、けがで離脱したニシオカの扱い方が完全に逝去でした。ヤマトの決意みたいなのを取材していましたが、言葉の端々に(天国の)とかが略されている感じでした。いろんな意味でニシオカには早く元気になってほしいマイク松ですこんにちは。

さて、みなさんは三国志を読んだことがあるでしょうか。もはや人生の必読文献ですが、リンクで指定してあるのは横山三国志です。そうですこっちが必読文献であってますよ。

三国志の華といえば華麗な計略。異議は認めません。苦肉の計、偽書疑心の計、埋伏の計、二虎競食の計、駆虎呑狼の計などなど。しかしこの現代でそんな計略を仕掛けるやつがいるのか、あるいはひっかかるやつがいるのでしょうか。

いました。

涌井、西武伊原監督に「見返してやる」

今シーズン、西武からFAでロッテに移籍したワクワクさん。先日の移籍初登板は西武相手に5回2/3を5安打3失点。そんなに悪くない内容だなと思ったのですが、ここで西武のイハラカントクがいらんことをいいます

「涌井はあんなもん。ここ2年ぐらいは4,5回ぐらいでスピード、切れがなくなってやられていた。今日はよく持ったんじゃないですか?」

まあイハラらしいディスといえますが、この新聞報道を見たサブローさんが激怒、それをワクワクさんのロッカーに貼って奮起を促します。ワクワクさんも「サブローさんに張られたんです。でもイハラさんは一緒にやったこともないのに、なんであんな言い方をするんですかね」などと憤慨。まあここまではいいでしょう。

ワクワクさんはリベンジに意気込み「見返してやりたいです。とりあえず明日は内角を攻めるって書いておいてください」などといっているようです。ローズ以来の書いていいよ発言からも意気込みが伝わりますね。しかし1つ問題が。

明 日 の 対 戦 は オ リ ッ ク で す

まてまてワクワクさん。内角を攻める相手を間違ってやしませんか。記事にも「先発予定の8日の相手は西武ではなくオリックス。みそをつけられた相手ではないが、関係ない」って書いてありますが、関係あるよ!あるに決まってるやろ!えぐるんならアサムラとかアキヤマとかにすればいいでしょ。そしてまた因縁を作ればいいじゃないの。もうA-岡田もおらんしオリック関係ないよ。

そうなんですよね。これは謀将イハラの計略。二虎競食の計です。ロッテとオリックをかみ合わせ、西武が漁夫の利を狙っているのです。それにしてもやすやすと計略にひっかかるワクワクさん。というかサブローさん。呂布や文醜レベルの知力なのでしょうか。いやそんなことはないはず。

今すぐお2人は三国志読んでください。時間がないなら10巻「徐州の謀略戦」だけでも。イハラがジュンイクであることがわかるでしょう。

三国志では玄徳は計略を見破ったというよりも義をもって呂布を攻撃せず計略は失敗しましたが、ぜひワクワクさんは真の敵はイハラであることに気づいてほしいです。イトーカントクの知力に期待したい。まてワクワクあわてるな、これはイハラの罠だ!

カテゴリー: 野球 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。