にこにこ超会議で「大相撲超会議場所」が開催されてるそう

エルドレッドのサヨナラ3ランをみて超エキサイトしたマイク松ですこんにちは。やってくれるわ~。強いわカアプ。

さて、都会では「にこにこ超会議」というイベントが開催されているそうですね。にこにこ動画ほかのサービスはさっぱり活用していないのですが、ここで大相撲とのコラボイベント、「大相撲超会議場所」が開催されているそうです。

もともとにこにこ動画と大相撲の関わりは、あの暗黒時代、あの大相撲存亡の危機であった、ヤオチョーにかかわって行われた「技量審査場所」にはじまります。NHKも中継ができなかった中(資料のために実況はしてたらしい)、にこにこ生放送は中継してくれたんですよね。そこからいろんなコラボイベントをするようになりました。

今回にこにこ超会議に本場所と同じ土俵と釣り屋根が登場。巡業以上の本格的な土俵を組んで参戦しています。技量審査場所の恩返しもできますが、何より若い世代に大相撲をみてもらえるいい機会です。その様子が伝えられています。

「大相撲超会議場所」の光景がカオスすぎた
異様な熱気の「大相撲超会議場所」1日目密着リポート
プロの力士はもはや違う生物 関取とユーザーが立ち合う「わんぱく土俵祭り」で相撲取ってみた

おもしろい。すごいおもしろそう。その気持ちは力士も同じようで、白鵬やハルマの感想がそれを物語ってますね。そりゃ客層は違うわ。

記事の中でやっぱり注目なのは、大人が総出で力士に挑む企画ですよね。わんぱく相撲はもちろんあるわけですが、本物の力士がいかに強いのかというのは、やっぱり大人とやってみないとわかりません。そして巡業ではなかなか飛び入り参加の大人を痛めつけるのもはばかられます。そこへいくとにこにこ超会議では痛めつけられるのを多くのネットユーザがみているわけで、そこも織り込み済みというか。遠慮なく力士の力を思い知らせることができます。

実際の取組はなかなか記事を見る限りすばらしいもののようですね。僕も現役力士に勝つにはという取組をよくシミュレーションするのですが(みんなしますよね?)、やはり難しそうですね…。頭から当たるしかないとは思っていたのですが、首を痛めてしまったので厳しいし。

ともあれ相撲のおもしろさがもっと若い世代に広まってくれると助かります。

カテゴリー: 大相撲 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。