マリーンズが敗戦の場合は怪獣

昨日仕事のイベントで張り切ったせいか、朝起きたらからだがばっきばきだったマイク松ですこんにちは。あと右上腕部がつって目が何度もさめ、今肉離れみたいになっています。昨日そんな腕を痛めることやったかなあ。

さて、今日もプロ野球がどしどしやられてますが、今日のロッテ.vs.ハム戦ではユニークな取り組みがなされていました。

「ウルトラヒーローハイタッチチケット」

最近ウルトラマンとコラボを続けているパ・リーグ。オリックにもセブンが応援にきてくれたりしていますよね。そんな中ロッテは上記のチケットを発売。よくある試合後にヒーローとハイタッチができるというやつなのですが、条件がついています。

【マリーンズが勝利の場合】ウルトラマンギンガ、当日のヒーローの選手とハイタッチ
【マリーンズが敗戦の場合】バルタン星人、マグマ星人、ダダとハイタッチ

なんと、マリーンズが負けてしまうと、ハイタッチの相手はウルトラマンじゃなく、怪獣(というかみんな星人か宇宙人と呼んでほしいですが)になってしまうのです。企画の中のマリーンズが敗戦の場合は怪獣という一文がなんともいえない迫力があります。これは子どもたち、厳密に言えば小さい頃のマイク松以外はウルトラマン応援せざるを得ませんよね。

いやこれ絶対星人側でしょう!どれだけ強いか知りませんがギンガがなんぼのもんじゃいと。バルタン星人とダダA・B・Cは放送されてから47年たっているんですよ。マグマ星人でも41年。ギンガはまもなく放送1周年というじゃありませんか。あかちゃんと47歳とどっちがえらいと思ってるんやと。ロッテに恨みはなくむしろ好きな球団ですが、ここはハムを応援します。

試合はワクワクさんが結構がんばって3点におさえ、ホセ井口さんと今江のホームランで3点取って延長戦へ。(大部分の)子どもたちのためにがんばりましたが、延長11回にエラーで敗れてしまいました。ヒーローインタビューはハムのクロッタで、ギンガといっしょに写真におさまりました。そして子どもたちは公約通り、バルタン星人、マグマ星人、ダダA・B・Cとハイタッチ。ネット上の写真では子どもたちは若干いやそうでしたが、おとなたちは楽しそうに写真とっていました。小さい頃の僕なら一番後ろに並んで、全員と写真撮って帰るでしょう。

コレジャナイロボじゃないですが、こうやって星人たちとハイタッチすることで、子どもたちは人生の不条理と強い気持ちを学んでいくのではないでしょうか。その意味ですばらしいプロジェクトだと思いました。

あと西武にも同じような企画をする気配が。レオがくる西武ドームには宿敵・マグマ星人もいます。ぜひともこの企画成立させてほしいと思いました。

カテゴリー: 野球 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。