第28回ジャパンXボウル 富士通フロンティアーズ.vs.IBMビッグブルー

昨日の選挙速報番組、超たのしかったマイク松ですこんにちは。甲子園ボウルと選挙速報、そして今日。なんだ今週は。すごいぞ。

さて、昨日の甲子園ボウルでファイターズがライスボウルに進むことになったわけですが、その対戦相手がどっちになるのか。ジャパンXボウルもとても気になります。富士通とIBM、どちらが勝っても社会人初優勝です。

第28回ジャパンXボウル、富士通フロンティアーズ.vs.IBMビッグブルー、実況は船岡さん、解説は有馬さん、ゲスト解説はオービックのキャプテン、古庄さん。おつかれさまです。

富士通のQBはコービー・キャメロン、IBMのQBはケビン・クラフト。どっちもアメリカ人。しかもすごいでかい。なんか大変そうです。そのほかにも結構外国人多い。こんなのとやるのか。

IBMオフェンス、パスを富士通の三木(ファイターズOB)がINTリターンTD!完全に狙っていました。富士通先制。そのあとFGも加えます。

そしてまたINTからチャンスを得て、富士通のRBゴードンがTDラン!速いし強いし。これで富士通がリードを広げます。しかしTFPをブロックして、IBMも気合いを感じます。

2Qになって荒れ気味だったクラフトもようやく落ち着いてきたのか、パスがぽんぽん通ります。そして小川へのTDパスを通しました!やっとIBMも得点。

IBMディフェンスも富士通の4thダウンギャンブルを止めたりして流れを引き寄せています。船岡さんが「ヘルメットがもげている!」と2回実況しています。そういうもげるの使い方するんかな。

しかしここで外国人DBアディヤミがINT!また流れを富士通に戻します。パスパスで攻めて、最後はまたゴードンが走り込んでTD!この追加点は大きいです。前半は富士通 22-7 IBM。

ハーフタイムショーはMAX。なぜMAX。

後半、いいクォーターバッキングを見せていた富士通のQBキャメロンがサイドラインでゆっくりしています。代わりに平本が登場。徐々にペースをつかみます。最初の頃は後半最初は平本かといわれていましたが、結局キャメロンは後半は出てきませんでした。

3Qでまたゴードンが同じようなプレーでTD!平本のクォーターバッキングからTDまで結びつけました。これは強い。

IBMもなんとかロングキックを決めてFGで追加点をとりますが、クラフトが足をねんざしてしまい、多川に交代してしまいます。多川は十分がんばっていますが、なかなかオフェンスが進まない。

富士通は平本もリズムにのってきて、オフサイドのフリープレイからロングパスを成功。そして平本からWR強へTDパスを通しました!このドライブはとてもいいパスプレーが展開されましたね。

IBMはクラフトを強行出場させますが、スクランブルにいったところでまた多川に交代。そしてスクランブルに出た多川に富士通ディフェンスが襲いかかりファンブルロスト誘発しました。一番ほしいプレーをここで出してきました。

富士通はラン中心で時間を使ってきましたが、ゴードンのランで着実に前進し、最後はランTD!これでゴードンは4TD。IBMは最後の攻撃に出ますが、時間切れで試合終了、富士通 44-10 IBM。

富士通はパスは全体で19/30,221yds,1TD。ヤードはIBMより少ないです。しかしランが32att,159yds,4TD。ゴードンの4TDがなによりすごいです。そしてディフェンスがすごい。手堅いディフェンスで数え切れないサックと4INT、1FFを奪っています。このターンオーバーがあれば勝てますよね。思わぬ大差の原因になりました。

IBMはトータルヤードは富士通に勝ってるしパスヤードも勝ってるのですが、なにより4INT,1FLの5ターンオーバーが痛すぎました。クラフトも奮闘したのですが足を痛めてしまいました。ターンオーバーがなければここまでの差はつかなかったと思います。

これでライスボウルはファイターズ.vs.フロンティアーズになりました。あんな外国人ばっかりのチームにファイターズ勝てるのかと思いますが、勝利を信じたいと思います。

カテゴリー: 関西学生フットボール パーマリンク

第28回ジャパンXボウル 富士通フロンティアーズ.vs.IBMビッグブルー への2件のフィードバック

  1. YM5 のコメント:

    結果は書きませんが、この日の朝にSNFのDAL@PHIを見ていただけに日本とアメリカの差を感じる試合でしたね。

    ファンの贔屓も勿論あると思いますが。バーウィンやトレント・コールならこんなOL相手にせず速攻でサックするだろうな、とか、パスラッシュにしてもコールとバーウィンのコンビによる強力なラッシュ(通称プレデター)を日頃から見ているだけに全体的にまったりしているというか、NFLが人間の限界に近い超人の集まりである事を日本の試合で逆に実感しました。

    クラフトは上手いかもしれないけど、フットボールは上手いだけではだめ。

    来日当初の触れ込みはクラフトの方が大きかったので期待していましたが、富士通がしっかり対策してパスを無効化し、そしてそれを実行出来る選手の質など、勝つために必要な全てをIBM以上に持ったチームであり、完勝でしたね。

    最後にインタビューされる姿が映りましたが、輿さんもおめでとうございます。
    毎年甲子園ボウルを現地で解説されていましたが、解説以上にメインだったであろう、輿さん本人によるスカウティングがようやく生かされる時が来ました。

    今年のライスボウルは例年以上に面白い試合になりそうでワクワクしています。
    今回特別な何かを感じなかったキャメロンも、正月に改めて確認したいと思います。

  2. マイク松 のコメント:

    YM5さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    相手も強そうですが、ファイターズもがんばってほしいですね。確かに輿さんずっとみてました。やばいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。