フィギュアスケート全米選手権2015(4):男子シングルFS

今年はプロ野球のキャンプにいこうかと考えるマイク松ですこんにちは。どこにいこうかなー。ってもう決まってる、というか決められてますけどね☆

今日は全米選手権、男子シングルFSです。

全米フィギュアスケート選手権2015、男子シングルFS。実況は赤平さん、解説は杉田さん。よろしくどうぞ。

第1グループ。

パトリック・ルップから。「ブルース・フォー・クルック」。また難しい曲使ってますね。3Aは結構いいジャンプでした。力はあるんですね。3Lz+3Tもいけましたね。3Fからキャメルスピン。もっとスピードが出てほしいですね。でもノーミス。イーグルからの3Lzは手上げ。3Loはバランス崩しました。2A+3Tはステップアウト。ノーミスやなと杉田さんがいったあとにミスが続きます。シットスピンもまずまず。3Sはオーバーターン。ステップはだいぶ疲れてますね。まだ結構残ってますが。2A+2T+2Tはなんとかつけました。コレオシークエンスはへろへろです。もうちょいや。コンビネーションスピンでフィニッシュ。最初の調子を維持できればよかったんですが。キスクラでもばてばて。178.42。虚弱を改善しよう。養命酒とかで。

セバスチャン・ペヤネット。「序奏とロンド・カプリチオーソ」。3Tはコンビネーションの予定でしたが単独に。2Lz+2Tになりました。あんまりジャンプ得意じゃないのかな。3Fは手をつきました。シットスピンは低い姿勢でよくできてます。ステップはもうちょっと難しい構成にしてほしいですね。難しい曲だし。3S+2Tはいけました。コンビネーションスピンは回転速度がほしい。3Sはあぶないランディング。2Aは成功です。ジャンプにむらがある。3T+1Lo+3Sはうまくいったのですが、なんでもないところで転倒。振り付けみたい。疲れてるんですね。なんとか最後までたどり着きました。さらに虚弱な人が出てきました。養命酒飲んで。141.40。

ショウタロウ・オオモリ。両親は日本人だそうです。ミライと同じケース。「シェヘラザード」。3Aは大きなジャンプでしたが傾いて転倒。3Fはいけました。3Lzはダブルに。ステップはキレがほしいところ。シットスピンから謎のポーズ。3Loは成功。決まるといいんですけどねー。1A+2Tになったり。3Lz+3Tは成功です。ジャンプが安定すればそれなりに戦えそうなんですけどね。3連続ジャンプに続いて2Aと続けてきます。もうちょいだ。コンビネーションスピンでフィニッシュ。いつもこれくらいなのか、普段はもうちょいいけるのか、気になるところです。166.41。

ロバート・プルゼピオスキー。苦労人ぽい人。ポール・マッカートニーの曲。最初にステップが入ります。なかなか乗っていけないゆっくりのステップ。がんばろう。3Fに続いて、3Lz+2Tをしっかり決めてます。エレメンツで点を取っていくタイプと杉田さん。3F+2Tもいけました。3Lzはステップアウト。3Tも着氷乱れる。キャメルスピンから音楽変わります。そうそう、ゆっくりやろう。2Aに続いて2A+1Lo+3Sを決めてきました。ジャンプまずまずですね。2Fは手上げ。スピードはなかなか上がりませんが、コンビネーションスピンでなんとか最後までやりました。結構がんばれましたね。本人もガッツポーズ。点が出るまで時間がかかり、コーチと携帯で記念写真。144.88。

第2グループ。

フィリップ・ウォーレン。4Sはすごい高いジャンプでしたが転倒。いいのもってる。しかし3Aも転倒。高さは出てるけど受け止められてないですね。スピンはゆっくり。ステップは一蹴りがなかなかのびません。がんばれ。3Aはダブルに。2F+2Tになったりとジャンプが抜けます。3Loは決まりました。高く跳びすぎてるのかも。シットスピンから3Loは成功。3Fは着氷乱れる。3Lz+2Tはいけました。コレオシークエンスは結構いろんな技でアピール。最後のコンビネーションスピンは迫力ありました。この調子で最初からいけてたら。172.04。

ジョーダン・モーラー。「ペール・ギュント」。なんか不思議な振り付けで入ります。不思議。3A+2Tはゆっくりした助走でしたが成功しました。3Aは手をつきました。でもまずまず。おもしろい動きが多いですね。キャメルスピンは体の柔らかさをアピール。3Fはまずまず。ステップはなかなかうまくエッジを使えてますよ。その調子や。3Lz+1Lo+3Sも決まりました。3Loも成功。2Aももちこたえてます。コンビネーションスピンから3Lzはダブル。コレオシークエンスでも不思議な動き。3T+2Tを決めてまた不思議な振り付け。すばらしいです。最後もよくわからない表現でした。そんなに悩まなくてもいいわ。206.00。いい点でました。またオマエか、不思議なヘヤーのコーチ!

アレクサンダー・ジョンソン。3Aはツーフットでコンビネーションにならず。次のジャンプで3A+2Tとリカバー。3Lz+1Lo+3Fというすごい技を繰り出してきてますね。そんなんできるんか。ステップは上半身がよく動いています。ばたばた。3Fから後半。3Sも決まってます。音楽の変化はよく表現できてますね。3Loはもちこたえました。2A+3Tはステップアウト。シットスピンもいけてます。コレオシークエンスはひざをうまく使ってアピール。スパイラルから2Aを決めて、コンビネーションスピンでフィニッシュ。218.27。おっいい点でましたよ。

ティモシー・ドレンスキー。「幻想即興曲」か。3Aは高さ出てましたが転倒。おしい。跳び方はいいのに。3Fは成功。スピンは豪快にトラベリングしてます。3Lzは片手あげ。キャメルスピンからステップ。わりとおおざっぱな選手ですね。細部にこだわればもっといけそう。3Lo+2Tに続いて3Lz+2T+2Loはサードジャンプで転倒。おしいなー。3Sは前向きに降りてしまいました。3F+1Tで、コンビネーションスピンから、最後はおもしろいだだのこね方でフィニッシュ。193.38。キスクラの3人ともが残念そうな顔。

ジミー・マー。「アディオス・ノニーノ」。3Lzから入りました。まずまずいいジャンプ。4Tに挑みましたが転倒。ナイスチャレンジ。FSは挑んできてます。3Aはダブルに。ステップは相変わらず何かやりそうでやらない感じがかっこいい。キャメルスピンもしっかり1つのポジションで回ってます。3Lzは連続ジャンプかと思ったらただのステップアウト。3F+2Tは間にターンが入りました。2Aのあたりからももう疲れてますね。3Fは転倒。3T+1Lo+3Sはサードで転倒。まだまだうまくなる素地はもってますね。シットスピンからコレオシークエンス、もうちょっと、がんばれ。コンビネーションスピンでフィニッシュ。ちょっと曲も難しかったかも。ちょっとずつやで。164.73。いいやつ。

第3グループ。

ダグラス・ラザーノ。ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」。3Aいいジャンプで始まりました。4Tに挑みますが転倒。どんまい。3Lzも流れがあるいいジャンプ。さすがここまでくるといい選手出てきます。シットスピンからキャメルスピン。ポジションもまずまず。ステップはもうちょっとがんばりたい。曲終わりが合わずおもしろかったです。3A+2Tはいいですね。ジャンプはうまくいってます。この調子。3T+3Tをここで決めてきました。いいぞ。イーグルから3Sにつなげる流れもいいです。3Lo、2A+2T+2Loとジャンプ決めてきました。コレオシークエンスからコンビネーションスピンまで、なんとか自分の力出せましたね。しっかり確実にまとめました。233.42。

ショーン・ラビット。今回は過去最高を狙います。なかなか楽しそうに滑ります。「シング・シング・シング」ほか。3Lzはきれいな着氷。3Aは転倒。ここが鬼門と杉田さん。3Fは流れがありました。ステップは表情もついてるし、躍動感のあるステップをようやくみられたという感じ。シットスピンが終わって小芝居タイム。このへんの表現力もある。ジャンプさえ決まれば結構アメリカで人気出そうなんですが。3S+3Tから後半。いいジャンプ。3F+2Tと着実に決めてます。イーグルからの3Sも流れがある。2A+2T+2Loは最後にステップアウトも決めましたね。キャメルスピンは止まりそう。2A跳んでガッツポーズ。コレオシークエンスもいきいき演技。コンビネーションスピンまで笑顔で滑りきりました。やりましたね。きたきた!過去最高いったでしょう。211.24。うれしそう。

グラント・ホクスタイン。「ドン・キホーテ」。4Tに挑みますがステップアウト。3A+2Tは決まりました。ステップを入れながらも3Lzは成功。キャメルスピンはなんだか不思議というかぐだぐだなポジション。ステップは長い間がんばってます。3Aはなんとか成功。3Lz+1Lo+3Sも決めてきました。3Loと成功はしているんですが、あまり盛り上がってこないですね。基本的に音楽にまったく調和してないのがいけないのかな。3Fからコレオシークエンス、コンビネーションスピンでフィニッシュ。結構いい演技でしたが、なかなか盛り上がらず。230.28。

ネイサン・チェン。「ピアノ協奏曲第1番」。結構クワドルプルにチャレンジしてくるんですよね。4Tにトライしますが転倒。かかとを痛めてるらしい。3Aはダブルに。シットスピンからステップはなかなかの技術みせてきます。メリハリもあるし音楽の解釈も感じますね。3Lz+2Lo+2Loをテンポよく。つなぎ部分のステップにも拍手が起きます。いいですね。3F+3Tを決めてきました。ジャンプは持ち直してる。3Lo、3Lzといい感じ。3Fに続いて3Sとぽんぽん決めます。イーグルからのコレオシークエンスもなかなか見せ場作ってます。確かに期待の15歳というのはわかりますね。というかようやくわかった。コンビネーションスピンは最後は高速スピンでした。230.99。

リチャード・ドーンブッシュ。いい演技期待したいです。コールドプレイ「美しき生命」ほか。4Tはタイミングが遅れたか転倒。どんまい。3Aは手をつきました。3Lzは手上げでしたが手をつきました。ステップはさすがに物語を含んだエッジワーク。かっこいいです。キャメルスピンはポジショングッド。3A+1Tは手をついてしまいました。そういうスポーツじゃないから。3Lz+2T+2Loは手あげで決めてきました。シットスピンをてきぱきやって、3F+2Tはセカンドで手をうしろに組むという不思議ジャンプ。ジャンプがどうも上手く決まりません。3Sも詰まった。コレオシークエンスからコンビネーションスピンでフィニッシュ。どうもFSの勝負弱さが出てしまいましたね。222.08。

最終グループ。さすが濃い面々が集まりましたね。

マックス・アーロン。やる気満々。「グラディエーター」。4T+3Tをいきなり決めてきました!気合い入ってます。4Sはちょっと手をついたか。でもいけてます。3Fもほぼ助走なしでいってます。そこからステップ。これも世界観に入ってるし、ジャンプが決まってるからのってます。コンビネーションスピンで音楽が変わります。つなぎ部分もしっかりやってますね。3A+2Tもリズムがいい。速い滑りからの3Aは手をつきました。勢いがありすぎたか。3Aをもう1回跳ぼうとして途中で降りてきてしまいました。不思議。3Lz+1Lo+3Sをがっちり成功。3Loもすぐ跳んでます。コレオシークエンスもパワーのみをアピール。パワーパワーパワー。それでこそアーロン。コンビネーションスピンでフィニッシュ。倒れ込む濃さも出してました。259.19。パーフェクトとはいきませんでしたね。

アダム・リッポン。リスト「ピアノ協奏曲第1番」。4Lzは回転微妙でしたがしっかり降りました!やってきますねリッポン。3A+2Tもしっかり決めた。いつもここでミスするんですが。3Lzは両手あげのリッポンルッツ。ステップもとてもアーティスティックなエッジワーク。持ち味出せてますよ。キャメルスピンも軸ばっちり。イーグルの軌跡もとてもきれいです。3Aもきっちり成功!やらかさないですねー。3Lz+3Tはファーストでもちろん手上げ。今日はいけそうですね。もうちょいやでがんばれ。3F+1Lo+3S、3Loもミスする気がしない。すばらしいですね。コンビネーションスピンもさすがポジションがいいです。コレオシークエンスもしっかりジャッジにアピールして2A。最後のコンビネーションスピンも回転速かったです。高速スピンでフィニッシュ!やったやった!すごいわ。パーフェクトリッポンきましたよ!いつかミスると思ってたのに。最大限の力を出せましたね。272.48!リッポン泣いてますね。

ロス・マイナー。また順番が悪いな。いつもの順番の悪さ。強く生きようぜ。アンドレア・ボチェッリ「ロマンツァ」。4Sはツーフットですが回ってたでしょう。そうしてあげて。3A+2Tもよかった。時々謎の振り付けがあるけど。3Lz+3Tはうまくリカバー。ステップはヴォーカル部分。音楽をしっかり聴いてます。誰も気づかないマイナーの力。シットスピンも堅実に。3Aはしっかりコントロールしてもちこたえた。3Loはダブルに。3Lz+1Lo+3Sもきっちり決めました。3Fもいけた。もうちょいや。2Aからコンビネーションスピン。堅実。マイナーの人生が伝わってくるような叙情ある演技。コレオシークエンスにも感情がこもってます。コンビネーションスピンでフィニッシュ。いい演技でした。心にしみました。249.28。最初の4Sはアンダーローテだったみたい。

ジェイソン・ブラウン。でた不思議衣装。「トリスタンとイゾルデ」。不思議な入り。3A+2Tから。いけてますね。ブラウンは4回転もってないだけに堅実に決めるのが一番。キャメルスピンは回転が速いです。細かく加点されます。3Lzは手あげですが高い。コンビネーションスピンまでの展開もいいです。相変わらず音をしっかりとってきますね。3Loの前後の振り付けもしっかり。ビッグジャンプがない分音はずれません。スピードもキープ。3Aはちょっとタッチありました。3F+3Tも成功。3Lz+1Lo+3Sもきっちり。コレオシークエンスでは激しい演技もみせてきます。2Aを2回跳んで、最後のコンビネーションスピンは終わる前から拍手起きてました。いい演技できましたね。これはきっちり逃げ切ったか。おもしろヘヤーのコーチも喜んでいます。274.98。おーぎりぎりかわしました。2.5点。

ジェレミー・アボット。「弦楽のためのアダージョ」。4Tに挑みますが転倒。もうちょっとスピードがほしかった。3F+3Tはきっちり成功。これはいいジャンプ。アップライトスピンは軸ばっちり。3Aは加点ばっちりのすばらしいジャンプ。すぐ3Loも決めます。コンビネーションスピンから何もしてないようなところにも物語を感じるつなぎ。3F+1Lo+3Sはサードで転倒。リズムはよかったんですが。3A+2Tは成功。今日はアクセルがきっちり決まりますね。ステップはさすがのエッジワーク。物語が万人を目覚めさせる。2Aはそのままいきます。2Lzになりました。コレオシークエンスも大きな振り付けをフェイドアウトさせるような叙情。観客が息を詰めて見つめる中、コンビネーションスピンでフィニッシュ。本当のアーティストの滑りをみましたね。やっぱこんな曲でここまで表現できるのはこの技術がないと無理ですね。258.29。3位に入りたかった。でもいいでしょう。伝わりました。

ジョシュア・ファリス。SPの勢いをここでももっていきたい。「シンドラーのリスト」。3Aは余裕ありましたねー。いける。つなぎの部分も音楽との調和をしっかり考えてます。4Tはオーバーターン。まずまず。3F+2Tはなんとか。シットスピンは回転速い。ステップはメインテーマで。エッジワークも技術感じますが、全体として1つの表現になってますね。ここまでできるようになったか。イーグルから3Loの流れもいい。3A+2T+2Loも決めてきてます。3Lz+2Tはなんとかがんばりました。あ、2T跳んでもうた。コンビネーションスピンもディフィカルトポジションがんばってます。3Lzも3Sもいけた。この静かな曲でただひたすらにジャンプを跳んでます。コレオシークエンスで最後の盛り上がりを作る。キャメルスピンでフィニッシュ。おおーやったー!ファリスの滑り、できましたね。何があったのか知りませんが、ほんとに大きく成長した。すばらしかったです。でも2Tを3回跳んでしまったんですよねー。うーん。267.98!おー3位に入りました!やった!

○最終結果:(回転寿司のねた風に)
1. ジェイソン・ブラウン三昧
2. 京風リッポン押し寿司
3. びっくりファリス巻き
4. あぶりマックス・アーロン
5. アボット軍艦
6. マイナー細巻き

優勝はブラウン。SPの貯金が効いて、なんとか逃げ切りました。4回転がなくてもこれがブラウンの滑り。これからがんばることもできるし。

2位はリッポン。ほんとにすばらしかった。ついにリッポンの完全な演技ができました。堂々の2位でしょう。欲張らず次を狙おう。FSであの演技ができれば世界でも戦えるわ。長年待ち望んだ演技がみられてよかったです。3位はファリス。あの2Tの部分がたとえば3F+3Tだったら優勝してたかもしれない。そんなところまで成長してましたね。ついにきたわ。もうパトリックちゃんのコピーとかいわせません。これからもっとのびていこう。

4位はアーロン。相変わらずおもしろくしてくれます。自分の滑りを貫くという意味ではアーロンが一番。そういう大会なら毎回優勝です。アボットは自分の滑りはできました。それでいいんです。心に残る演技だった。マイナーは順番が悪いです。いつも。だがそこがいい。

コメントしてください