フィギュアスケート四大陸選手権2015(8):男子シングルFS

何にでもレモンをかけるブームが来ている富井です。野菜炒めにレモン、旨いです。さて、フリーの解説は中庭健介さん、実況は小林さん。

マレーシアのジュリアン・ジェージーイー。「ピーター・ガン」ほか。3Aはダイナミックですね。3F+2Tはセカンドが乱れてしまいました。3Lz+1Tは最初のジャンプの着氷が乱れましたが何とかセカンドをつけました。シットスピンの後かっこいいポーズ。2Loはスピードがありませんでしたね。3Lzもステッピングアウト。3Fは何とかこらえました。3Sはオッケー。フライングキャメルスピンは軸の足が曲がっているのが残念。所々いろんな選手の面影がちらちらする振り付け。フェルナンデスとか、羽生とか…他の選手のをよく見てるんだろうな。2A+2T+Loと着氷が逆の足になっただけに。ステップは疲れてしまったようです。最後のコンビネーションスピンはがんばりました。157.35

韓国のビョン・セジョン。「ゴッドファーザー」。3Lz+2Tはオッケー。1Fになってしまいましたが、ちょっと慎重すぎましたかね。次も回転せずLoのみになってしまいました。3Sは成功。コンビネーションスピンは美しいスピン。ステップも慎重。この人、股関節が柔らかいですよね。フライングシットスピンも高さがあってきれい。3Lzは何とか成功。2A+3Tはちょっと両足か。3T+2T+1Loもオッケー。しかし最後のアクセルが抜けてしまいました。最後のコンビネーションスピンもオッケー。ちょっと残念な出来でしたが、まずまずだったのでは。154.20

中国のユーハン・グァン。映画「イル・ポスティーノ」より。4Tは何とか成功。続いての4Tは転倒でセカンドがつけられませんでした。2Lzになってしまったのは転倒の影響でしょうか。フライングキャメルスピンはオッケー。ステップは音楽にあったステップですが、もうちょっとスピードが欲しい。3Lo+2Tは良いジャンプでしたね。足換えのシットスピンのポジションも良い。3Loもいいですね。1A+2T+2Loになってしまいましたが、3Sはいい流れ。2Aもオッケー。コンビネーションスピンはキャメルスピンが短いのではという指摘。コレオステップでは皆殺しイーグル。最後はセリフで終わる面白いプログラム。この選手も楽しみですね。162.51

カザフスタンのアブザル・ラキムガリエフ。ヨン様的オシャレマフラー。「ワンス・アポン・アタイム・アメリカ」。3S、3Fは成功!3Aは転倒してしまいました。ドンマイ!フライングキャメルスピンは手を背中に当てるところがキュート。ステップシークエンスは音楽にあってる。ドラマチックな表情。その奥のつまらなそうなモロゾフが気になる。3Aは転倒はなかったもののセカンドがつけられませんでした。3S+1Lo+2Sはもったいない。3Lo+2Tはオッケー。3T+2Aも良かった。最後の2Aもオッケー。音楽が変わってコレオシークエンス。がんばっている感じが出ている。コンビネーションスピンは最後の回転がゆっくりすぎるけど大丈夫か。最後のシットスピンも最後の2回転ぐらいが止まりそうでしたがレベルはどうかな。カザフスタンの旗を振っている熱心なファンも嬉しそうだから良かったね。168.10

香港のハリー・ハウイェン・リー。初めてのフリー進出。メンデルスゾーン「ヴァイオリン協奏曲」。3T+3Tは高さがありましたね。3Lzはステッピングアウト。2A+1Lo+2Sもオッケー。ステップシークエンスはちょっと足下が寂しいかな。3Fは転倒。シットスピンはいいポジション。1Loは難しい入りだったんですが、もったいない。フライングキャメルスピンはちょっとエッジチェンジが上手くいかなかった模様。3Lzもステッピングアウト。3Sはオッケー。アクセルも飛び上がっただけになってしまいました。コンビネーションスピンはしっかりレベルの取れるスピン。最後はコレオシークエンス。ちょっと疲れたみたいですががんばりました。コーチがめっちゃくちゃうれしそう。134.10

台湾のチンイー・ツァオ。「ロミオとジュリエット」。2Aはオッケー。3S+3Tは大きなジャンプ。3Lz+2Tもいいですね。キャメルスピンの回転も速い。ステップもよく身体が動いています。3Lzも高さがありますね。3Loもオッケー。コンビネーションスピンはもうちょっと回転が速いと良いな。3Fはバランスを崩しかけましたがこらえました。2Lz+2T+2Loも2Aも成功させました。コレオステップも元気いっぱい。フライングシットスピンも良い出来。最後のポーズで動けないぐらい出し切りました。お客さんも盛り上がります。178.46
カナダのナム・ニューエン。映画「道」より。すごいスピードから4Sはちょっと回転が足りないですね。3A+3Tは成功。3Sも良いですね。やっぱりスケートが滑りますね。フライングシットスピンも回転が速い。ステップも緩急の付け方が今までの選手とは全くレベルが違います。さすがカナダチャンピオン。でも、いつもより表情が硬い。3Aも成功。3F+2T+2Lo、3F+2T、3Loと立て続けに成功。コンビネーションスピンも回転がきれい。3Lzも成功させてコレオシークエンスはやっとニューエンらしい表現に。コンビネーションスピンも見事。209.33

韓国のキム・ジンソ。映画「レジェンズ・オブ・ザ・フォール」。3Aは成功しましたが、最後にちょっとフリーレッグがタッチしましたね。3Lzはオッケー。3T+3Tは高さがありますね。フライングキャメルスピンはおへそがちらり。ステップはエネルギッシュですね。3A+2Tは高さがあって良いジャンプ。3Lo、3Fと成功。3S+2T+2Loもオッケー。2Aが決まってお客さんも沸きます。シットスピンも良いですね。コレオシークエンスも音楽をよく表現しています。コンビネーションスピンも良かったです。199.64

香港のロナルド・ラム。「オペラ座の怪人」。4Tは転倒。3Aはきれいなジャンプ。3Fも流れがあります。フライングシットスピンの回転も良いですね。コンビネーションスピンもポジションが多彩。3Lz+3T、3Loと成功させます。3Lz+3T+2Tも成功させて後半で大きな点が入ります。ステップはもう少しスピードが欲しい。3S+2Tはオッケー。2Aも成功で最初の4Tがもったいなかったですね。なかなかいいでき。24歳の誕生日だったらしいですが、良い誕生日にできました。202.81

アルゼンチンのデニス・マルガリク。「リールーズのテーマ」。2A+3Tはきれいなジャンプですね。3Lz+2T+2Loも流れが良いジャンプ。3F+2Tも加点がつくジャンプ。フライングシットスピンはまあまあ、3Lzも右手を挙げる難しいジャンプ。次は2Sになってしまいましたが3Fも片手をあげるジャンプ。ジャンプが得意ですね。逆に言うとそれ以外がちょっと密度がうすいのが少し残念。3Lo、2Aと跳んだジャンプは全て流れがあるジャンプでしたね。最後の2つのスピンは回転もポジションも申し分なかったです。やりますね。191.25

オーストラリアのブレンダン・ケリー。映画「アメリ」他。4Sは見事に決まりました。3Lz+2Tは体勢を崩したのにコンビネーションにしました。1Aになってしまいましたが、流れは途切れていません。ステップも曲にあってますね。フライングキャメルスピンもポジションがきれい。3Aは手をついてしまいましたがこらえました。2Lz+2T、3Loとちょっとランディングの乱れが続きます。2Aも両足、3Sもランディングがもう一つですが、なんとかまとめました。最初の4Sは素晴らしかっただけにもう少しジャンプをそろえたかったですね。181.25

韓国のイ・ジュンヒョン。「オペラ座の怪人」。3Aはランディングがもう一つ。続けての3Aはセカンドがつけられませんでした。3F+2Tはオッケー。ステップは難しいですね。シットスピンのポジションも良い。3Fは流れのあるきれいなジャンプ。しかし3Lzは転倒してしまいました。3S+2T+2Loはオッケー。イーグルからの3Loも流れがあります。フライングキャメルスピンはレイバックポジションがきれい。最後は1Aになってしまいました。コレオシークエンスは音楽に良くあってますね。180.06

アメリカのジェイソン・ブラウン。「トリスタンとイゾルデ」。ツイズルうまいな。3A+2Tはちょっとランディングが乱れました。キャメルスピンの回転が速い。3Lzは流れが素晴らしい。コンビネーションスピンも回転速度が増していく様なところがすごい。3Loは予備動作なしで。ステップは緩急が素晴らしい。3Aも高さがありますね。3F+3Tの流れもすごい。3Lz+1Lo+3Sは最初のジャンプで着氷が良くなかったのにちゃんと跳んでくるのがさすが。2つの2Aも軽々とこなして最後のスピンまでよどみありませんでしたね。243.21

アメリカのアダム・リッポン。リスト「ピアノ協奏曲第1番」。4Lzは転倒しました、残念。3Aはステップアウト。3Lzは空中で両手を上げますが難なく決まりますね。ステップは優雅ですね。フライングキャメルスピンはオッケー。止まった後不思議な微笑み。3Aはランディングが乱れてセカンドがつかず、3Lzも2回目だったのですが、セカンドをつけることができませんでした。3F+3T、3Lo+2T+2Loは共に良いジャンプ。3Sはオッケー。最後のコンビネーションスピンは素晴らしいですね。ああ、でも、いろいろもったいない。212.30

ウズベキスタンのミーシャ・ジー。「シェルブールの雨傘」。3Aはきれいなジャンプ。続いての3Aはセカンドがつきませんでしたね。3Lzはオッケー。ステップは甘美なメロディーに良くあってますね。キャメルスピンも回転と曲が良くあってます。3Lz+3Tもオッケー。3F+1Lo+3Sはちょっとランディングが乱れました。3Loはオッケー。2A+2Aもいいですね。コレオシークエンスがまた素晴らしい。一番良いメロでステップを入れてきますね。最後のコンビネーションスピンからの振りが!ドラマチックですね。降りしきる雨が見えましたよ。226.20

カナダのジェレミー・テン。「ハレルヤ」。3Tは4Tの予定を途中で降りてきたようです。3Aは高さがあったのですが転倒。3Lz+3Tはオッケー。3Loも流れがあります。キャメルスピンはポジションがきれいですね。3Lzはオッケーでしたが、3Fは転倒。シットスピンはやっぱり上手い。2Aはひやっとしましたが大丈夫。3S+2Tは流れのあるジャンプ。ステップは優雅でさすがジェレミー・テン。コンビネーションスピンのポジションが面白いですね。うーん、カナダ選手権ほどの出来ではありませんでしたが、世界選手権でまた完璧な演技を見せて欲しいですね。もしくは引退撤回で。207.75

カナダのリアム・フィルス。映画「ムーラン・ルージュ」より。3Aは軸が斜めになってしまって転倒。3Loはオッケー。2回目の3Aも転倒。ステップ上手なんだけどちょっと淡々としすぎている感じ。シットスピンの回転速いですね。3Lz+3T、3Lz、3Fとオッケー。
2A+1Lo+3Sは最後で手をついてしまい、2Aの予定が1Aに。うーん、可もなく不可もない感じ。199.81

中国のイー・ワン。「パリのアメリカ人」。3Aは高かったんですが両足着氷。3F+3Tはオッケー。3Loもいいですね。足換えのシットスピンの回転も速い。コレオシークエンスは軽快。フライングキャメルスピンはまあまあ。曲の変化をよく表現しています。3Fはきれいですね。2A+2T+2Loも高さがあります。2Aも幅のあるジャンプ。3S、3S+2Tとどちらも良いジャンプでした。ステップは少し物足りないけどきれいな滑りですね。最後のコンビネーションスピンは身体の柔らかさも生きる美しいスピン。やりましたね。214.76

中国のハン・ヤン。「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」。3A+3Tはものすごく大きなジャンプ。4Tは着氷が乱れましたが成功。単独の3Aも素晴らしすぎます。フライングキャメルも美しい。ステップも軽快で力を入れずに滑っている感じ。お客さんの歓声もすごい。3Lzもため息が出るわー。3Loも見事。3Lz+2T+1Loになったのはフェンスが近すぎましたかね。3F+2Tも素晴らしい。3Sは着氷が乱れましたね。シットスピンの回転もいい。コレオシークエンスも見ていて爽快。コンビネーションスピンのポジションもユニーク。いいできでしたね。ジャンプがねー、すごいですよねー。259.47

無良崇人。「オペラ座の怪人」。4Tは成功。続く4T+2Tは最初が両足っぽかったですね。3Aは高さがありますね。フライングシットスピンのポジションも良いですね。ステップは密度が濃いですね。3Loもオッケー。3Aの予定が1A+2Tになってしまったのは残念ですが、3Fはオッケー。ミスを引きずりません。キャメルスピンも良いですね。3S+1Lo+2Sもオッケー。最後の3Lzはちょっとランディングが乱れました。うーん、3Aが抜けてしまいましたが、良くまとめました。235.75

アメリカのジョシュア・ファリス。映画「シンドラーのリスト」より。3Aは美しいジャンプですね。4Tはバランスを崩しましたがこらえました。3F+3Tも流れはありませんでしたが成功。足換えのシットスピンもいいですね。有名なメロディーと始まるステップはプログラムを華やかにしますね。イーグルからの3Loも素晴らしい。3A+2T+2Loも最初のジャンプが高い。3Lz+2Tもいいですね。コンビネーションスピンも独特。3Lz、3Sとジャンプミスないですね。コレオシークエンスも曲にあってます。最後のスピンもステキですね。すごく上手になりましたよね。やっぱりあのコーチはジャンプを跳ばせる天才ですね。260.01

カザフスタンのデニス・テン。すごい声援です。ヨーヨーマ「Ambush from Ten Sides for Pipa」他。4Tは簡単に入りますね。4T+3Tも美しい。キャメルスピンのポジションもすごい。3A+2Tはバランスを崩しましたが、次のコレオシークエンスで忘れてしまいます。3Aも高さがあったのですがバランスを崩してしまいました。3F+1Lo+3Sも華麗。3Lzの後すぐにツイズル。3Loも見事。2Aもオッケー。ステップも激しい。武道家の動きみたい。フライングシットスピンも美しい。コンビネーションスピンも素晴らしい。最後まで隙がありませんでしたね。速報値でテクニカルが100点でてました。289.46。王者の風格ですね。

宇野彰磨。映画「ドン・ファン」より。4Tは手をついてしまいましたね。3Aは流れのある素晴らしいジャンプ。3A+2Tもいいですね。足換えのシットスピンもオッケー。ステップも上手ですね。デニス・テンの後でも見劣りしませんね。2A+1Lo+3Tは転倒。でも3S、3Loと完璧です。2Aはややランディングが乱れましたが。キャメルスピンもいいですね。3F+3Tもオッケー。コレオシークエンスで難しいイーグル。コンビネーションスピンの回転も素晴らしく速い。すごい、宇野彰磨!256.45

村上大介。ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」。4Sは見事ですね。4S+2Tも成功。足換えのシットスピンも回転が速い。3A+2Tも素晴らしい。コンビネーションスピンもポジションが多彩。3Aも高さがあって良いジャンプ。3Lzもオッケー。3Loも流れがありますね。ステップも丁寧ですね。3Fが成功して悲鳴が聞こえます。3Sも成功。ノーミスですね。フライングキャメルスピンのところでもう感極まっているような感じ。余裕でしたね。256.47

○最終結果
1 デニス・テンの俺のジャンボパフェ(花火付き)
2 ファリスの特製プリンパフェ
3 ハン・ヤンのチョコレートパフェ(チョコレートケーキ付き)
4 ナッツとベリーのムラカミパルフェ
5 白桃と宇野彰磨のクリームパフェ
6 マスクメロンパフェのジェイソン・ブラウン風
7 無良家のトロピカルフルーツパフェ

いやー、素晴らしかったですね、デニス・テン。怪我さえなければこのぐらいできるんですよね。ファリスもどんどん上手になってますね。すごいわー。アメリカのエースになりそうですね。

個人的にフリーで一番驚いたのはハン・ヤンのジャンプ。見事な3Aでした。そして村上のノーミスも素晴らしかった。宇野もめちゃくちゃ悔しそうでしたが、初出場で5位とかすごすぎですよね。来年の本格的なシニアデビューが楽しみです。そして6位のジェイソン・ブラウンはSPで4回転に挑んで失敗したにもかかわらずこの順位。すごいね。無良は7位になってしまいましたが、悪くありませんでしたよ。地力はついてます。

2 Comments

  1. みーちゃん より:

    おはようございます。
    ようやく見終わりました。1か月以上見っぱなしなのでもうヘトヘトです。
    中庭さんもラキム君を密かに楽しんでいるのではと思ってしまいました。相変わらずのラキム君で結果は・・・ですが、これもフィギュアスケート。みんな同じじゃつまらないです。新しい顔も出ていてこれからも楽しみですね。
    ただ米・加の選手はちょっとお疲れだったのが残念です。

  2. 富井副部長 より:

    みーちゃんさん、コメントありがとうございます。

    >相変わらずのラキム君で結果は・・・ですが、これもフィギュアスケート。みんな同じじゃつまらないです。

    そうなんですよね!トリノ以降個性的な選手がめっきり減って上手な選手が増えましたが、ラキムは点数と関係なく見たい選手の筆頭です。あとフィリピンのマイケル・クリスチャン・マルティネスも世界選手権では見たいなあ。

    >新しい顔も出ていてこれからも楽しみですね

    男子はやる度に順位が変わるので面白いですよね。もうすぐ世界選手権ですね。またがんばりましょう(見るのもへとへとになりますからね)!

コメントしてください