フィギュアスケート欧州選手権2015(5):アイスダンスSD

確定申告したマイク松ですこんにちは。なんでこんなに納税しなくてはいけないのかと思うとやりきれない気持ちになったので、富井と中華食べに行ったらすかっとしました。単純だ。

さて、欧州選手権はなぜか今頃アイスダンスとペアが放送されているので、見ておこうと思います。出遅れててもみておいてよかった。

フィギュアスケート欧州選手権、アイスダンスSD。実況は小林さん、解説は滝野さん。

イタリアのミサト・コマツバラ&アンドレア・ファブリ。マルコ・ファブリじゃないファブリですね。弟らしい。コマツバラはもちろん日本人。なかなかいい出だし。ツイズルはまずまずあってます。MiStはよくあってるし、距離が均等だと滝野さん。パターンダンスからパーシャルステップはまずまずよかったのですが、RoLiの前に豪快に転倒してしまいました。いちおうRoLiはカウントされていたのですが痛かった。だいぶ落ち込んでいますが、きっちりやればいい演技だった。次がんばってほしいです。42.83。コーチはフーザルポリ姉さん。

滝野さんの解説、すごいわかりやすいですね!助かります!

ロシアのエレーナ・イリニフ&ルスラン・ジガンシン。ジガンシンはイリニフと組んでから元気になってると滝野さん。ちゃんとイリニフがよさを引き出してるんですね。MiStは軌跡自体がとてもおもしろい。ともすれば退屈なエレメンツがとてもエキサイティングです。ツイズルもダイナミックです。パターンダンスからパーシャルステップはオールイエス。当然とばかりに規定感はまったくないですね。つなぎの部分はちょっとおもしろい振り付け。SlLiはイリニフの躍動感がすばらしい。絶妙なバランスでした。スーパーな演技。69.94。ジガンシンの影の薄さが際立っている。

デンマークのローレンス・フルニエ=ボードリー&ニコライ・ソレンセン。パートナーをたくさん変えている2人のカップル。急成長しているらしい。ツイズルはよくあってます。そしてMiStはただのエレメンツじゃない物語を感じますね。パターンダンスからパーシャルステップはほんとにストーリー性をよく醸し出している。リズムも正確だしかっこいい。そしてオールイエス。盛り上げていくつなぎ部分からRoLiはポジションチェンジがスーパーかっこよかったです。おおーいい演技でした!コーチがデュブレイユ・ロウゾンなんですよね。あの2人がそろえばここまでのカップルは育ちます。61.69。

スペインのサラ・ウルタド&アドリア・ディアス。本場のスパニッシュ演技。SlLiはバリエーションを少なくしてすばらしい表現。手の動きが本場の動きと滝野さん。パターンダンスからパーシャルステップはYYY,YNY。このあたりもレベルが高い。ウルタドはスカートの使い方もうまい。ぱたぱたしなくてもすごいなびいてるし。そして手のたたき方がスーパー。MiStは物語性をすごく感じる。ツイズルもよくあってるし、最後までがっちりもりあげて雰囲気を作ってました。すばらしいー!!これだけのスパニッシュ・ダンスが踊れるのは本場ならでは。上から下まで、手の動きから目線、表情まで、スーパーな雰囲気に満ちあふれてました。滝野さんも氷の上とは思えないとのこと。そしてスケーティングの技術を支えるのがこれまたデュブレイユ・ロウゾン。まかせて安心ですね。62.59。

ロシアのクセニア・モンコ&キリル・ハリャービン。ツイズルはファーストでモンコがバランス崩しましたね。パターンダンスからパーシャルステップはスピードはキープされてました。YNN,YNY。DiStはスピードがあってあっという間に端から端まで。RoLiはがんばりましたが、少しタイムオーバーしてしまいました。ちょっと順番が悪かったですね。58.34。

スロバキアのフェデリカ・テスタ&ルカース・チェーレイ。テスタはイタリア出身。実力をあげてきているらしい。テスタの衣装がとてもきれいです。ツイズルはとてもキレがありました。CuLiはすごい失敗したかと思うもっていき方で場内も驚きの声。パターンダンスからパーシャルステップは音楽にしっかりあわせててタイミングもばっちり。メリハリがあってオールイエス。MiStはエッジが深いし滑りがパワフル。ぐんぐんのびています。いい滑り!こんなのが出てくるとは。62.91。テスタの衣装はカッペリーニちゃんが前に着てたやつを借りてきたんじゃないかとのこと。道理でかわいいと思ったわ。

ロシアのアレクサンドラ・ステファノア&イヴァン・ブキン。ブキンは世界チャンピオンの息子さん。SlLiはヴァリエーションがすばらしく、ステパノアの脚がきれいきれいと実況陣。ツイズルはシットポジションを入れて。とてもよくなってきてますね。つなぎの部分も迫力を増してます。向上してますね。パターンダンスからパーシャルステップはNYY,NYY。いけてますね。DiStはエッジが深くて音楽をしっかり表現。最後までよく動けてました。シーズンをしっかり使って上達してきてるんですね。64.95。

イタリアのアンナ・カッペリーニちゃん&ルカ・ラノッテ。きました世界チャンプ。もう世界チャンプなんですよ。久しぶりL。あんまり調子出てないらしい。しかし最初のテンションの高さはすばらしい。あっという間に引きつけてきます。ツイズルはしっかり合わせてます。完璧との滝野さんの評価。パターンダンスからパーシャルステップはすごくスピードがある。縦横無尽にすべってる感じ。オールイエス。ホールドのぶれがまったくないらしいよL。MiStはカッペリーニちゃんのみせどころをよくわかってるし、影のように寄り添うLの存在感がすばらしい。つなぎ部分のダンスもしっかりアピールしてるし、常に表情で演技するカッペリーニちゃん。RoLiもすばらしかったです。いい演技できましたね。これまで苦戦してるとは思えない。69.63。Lグッジョブであるぞ。でも惜しくも2位。

イタリアのシャルリーヌ・ギナール&マルコ・ファブリ。マルコの方も出てきてるんですね。おっスピードがあるし情熱的な出だし。テンションが高いです。ツイズルはしっかりあってます。MiStはぐんぐん滑ってくるしあっという間に向こうにいってます。キレがあるし迫力があるから引き込まれると滝野さん。パターンダンスからパーシャルステップはすごく躍動感があって規定感がないですね。しかしYYY,NNN。パーシャルがスタート位置とずれてたみたい。RoLiは最近はやりの垂直に立って回るやつ。いい演技できました。62.10。ファブリも弟に負けてられないですね。

フランスのガブリエラ・パパダキス&ギヨーム・シゼロン。若いのにフランスチャンプ、GPSでも2戦2勝らしい。最初からものすごい芸術的な手の動き。滑りのキレもあるのにすごい情熱的。パターンダンスからパーシャルステップは滑りがとてもなめらかでスピード満載。大きな軌道を描くので通ってるところが全然違うと滝野さん。SlLiは片足なのにものすごい安定感。シゼロンやりますね。ツイズルはすごい距離が近いしよくあってます。MiStあわせるところ、違うところ、すべてに意味があるしエッジの滑りが段違い。すごいやつらが現れたという感じですね。10月の時点でものすごい完成度だったらしいです。ほんとに19/20なんですかね。特にシゼロンがすごい。あんなに細いのになんであんなパワーあるんや。71.06。うわー1位とった。

イギリスのペニー・クームズ&ニコラス・バックランド。クームズはスパニッシュでも短いスカートのポリシーだとのこと。MiStから入りますね。気合い入ってるし技術も伴ったステップ。いつもイギリスは斬新です。パターンダンスからパーシャルステップはちょっとバランス崩してしまいました。痛いミスが出た。ツイズルから一生懸命スピードを出そうとしていても出し切れない。リフトも不完全になってしまいました。うーんいつもの演技ができませんでしたね。60.96。あと順番も悪かった。

ドイツのネッリ・ジガンシナ&アレキサンダー・ガジおじさん。なんかランニングの肌着で出てきたおっさんいますよ。だーれだ?(A.ガジおじさーん!)とりあえずそういうところで観客の度肝は抜きました。まずは小芝居から始まり、すごく場末感が出てきたぞ。2人の路線は誰も止められないさ。パターンダンスからパーシャルステップはまったく違う映画を見ているような新しい物語。これがいいんですよね。YYY, TYN。音楽が変わってまた新しいワンシーンのよう。MiStはあまりあってないところもありましたが、RoLiはクライマックスがありました。いい演技!振り付けはランビエールがやってくれたらしいですよ。61.98。今シーズン限りでの引退を考えているらしい。まじか。まだまだやれるぜ。

○SD終わっての順位:
1. パパダキス・シゼロン御膳
2. イリニフ・ジガンシン定食
3. カッペリーニちゃんのラブリーランチ(Lつき)
4. ステパノワ・ブキン弁当
5. テスタ・チェーレイセット
6. ウルタド・ディアスのスパニッシュセット

やっぱりアイスダンスは欧州選手権ですね!早くこれみたかったわ。アイスダンスファンは今回ばっかりはこれ必見ですね。乗り遅れてしまう。見ておいてよかった。

パパダキス・シゼロンがトップ。いきなりすごいやつらが現れた。今まで何してたんや。昨年15位やったらしいのに。ペシャラ・ブルザの後継者が一気にトップを狙おうとしています。2位はイリニフ・ジガンシン。安定感ある演技。ジガンシンがほめられていたのがうれしい。まだまだやれるよ。イリニフを高いところまで連れて行こう。カッペリーニちゃん with Lは3位。いい位置につけていると思います。FDでさらに上を狙おう。4位はステパノワ・ブキン。ロシアのときよりずっとよくなってますね。5位はテスタ・チェーレイ。このカップルもすごい。個人的にはこのカップルは将来期待しています。表現力がある。ウルタド・ディアスは得意のスパニッシュ・ダンスでジャンプアップ。そうでなくても結構よくなってますよね。

それにしてもデュブレイユ・ロウゾンの力はすごいですね。今モントリオールがアイスダンスの発信基地になっているそうです。そりゃあのレジェンドならできるでしょうけど。FDこそ彼らの力が発揮されるところ。たのしみです。

滝野さんの解説はとてもいいですね。結果をちゃんといってくれるし、もちろんジャッジだから解説も正確。なにより悪いところは悪いといいますけど、基本的にほめベースなのがいいです。お忙しいでしょうけど、ずっと担当して下さると助かります。

コメントしてください