フジカワがアメリカから四国IL高知に移籍

DJみそしるとMCごはん「ジャスタジスイ」聴いたマイク松ですこんにちは。うれしい。タイトルチューンは結構壮大でシンガロング系。さすがおみそはん、あなどれないです。

さて、今日は独立リーグのことについて。日本の独立リーグはBCリーグ四国アイランドリーグがあるわけですが、最近BCリーグの熱さでちょっと四国がおいてかれていました。

BCリーグの石川では先日ロッテでも活躍したフリオ・フランコが選手兼任カントクとして入団野球は90%がメンタルと言い切るフランコかっこいい。加えて富山では、みんな書いていいよでおなじみ、タフィー・ローズがコーチ兼任選手として入団。ビッグネームをどんどん入団させる戦略で人気を集めています。主だったもとプロをあげてみると、

  • 福島ホープス:岩村カントク、真田コーチ
  • 武蔵ヒートベアーズ:コバヒロカントク代行、石井コーチ、角の息子
  • 群馬ダイヤモンドペガサス:川尻カントク、平野コーチ、ロメロ、ソト、ラミレスの息子
  • 新潟アルビレックスBC:赤堀カントク、桑田の息子
  • 信濃グランセローズ:岡本カントク、高橋信二
  • 富山GRNサンダーバーズ:吉岡カントク、野原コーチ、ローズ、大家
  • 石川ミリオンスターズ:フランコ、渡辺正人、タダノ、西村憲、吉田えり
  • 福井ミラクルエレファンツ:吉竹カントク、荘コーチ

これは戦略が当たっているといわざるを得ないですね。注目も集まるし。デイリーポータルZにも取り上げられています。いいな。

それに比べて四国ILはプロを目指してがんばる若手を集めているので、なかなかプロ経験者というとカントクくらいなのですが、その路線変更へのビッグニュースが飛び込んできました。フジカワが高知ファイティングドッグスに入団することになったそうです。ハンシンが先発をやらせるという情報が飛び交う中、ハンシンにはお断りをして、故郷の高知にいくことにしたそうです。

故障明けとはいえ、大リーガーだったフジカワがいきなり四国ILにきてくれる。これはビッグニュースですね。高知も大喜びでトップにあげています。

これで四国ILも流れが変わるかもしれませんね。愛媛はプロ経験者よりも、有名な選手にきてもらう方が早いでしょう。岩村が戻ってくるまで粘ってほしい。そして優勝を勝ち取ってほしいです。四国ILも盛り上がってほしい。なかなか見に行けてないですが。

コメントしてください