婚約、観光大使、ミスインターナショナル

BS1でよく再放送される料理研究家のコウケンテツさんの番組。結構好きでよくみているマイク松ですこんにちは。もうカンボジアやマレーシアの回めっちゃ見てる。ここで酒好きのジェニファーがお酒飲むんやなとか、ドリアンの街に来たのにドリアンがなくて塩漬けのタンポヤを見つけるんやなとか予知してしまいます。

さて、今日は大相撲のニュースを3つまとめておきたいと思います。結構おもしろい。

1. 豊響が婚約発表

関心を持たれるからなのか知りませんが、なぜか力士の結婚って記事にされますよね。そんなにみんな関心ある?ってところなのですが。もちろん相撲好きには関心ありますよ。今回は豊響が婚約発表ということです。おめでとうございます。

どうもお嫁さんは大阪場所でアイスクリームの売り子さんをしていた人らしく、場所中に目にとまったらしいです。相撲に集中しているのか若干不安ですが、まあちゃんと結婚までこぎつけたからいいでしょう。お嫁さんもこれから相撲に興味をもって支えてくれるととても助かります。

豊響もお嫁さんの力でもっと上を狙ってがんばってほしいです。グレートホーンのパワーが最近下降気味ですからね。ぶちかましなくして上昇なし。

ところでよく力士がお嫁さんを射止めるときに取り口が取り上げられますよね。今回も「あとは突き押しの一手」などといわれたり、「しっかりと寄り切った」みたいに。このへんは格闘技なんだなと思いますが、得意技が引き落としとかはたき込みとかだったり、変化ばっかりやっていると、お嫁さんができたときに「彼女のハートを肩すかし」とか「連絡先を知ったらあとは引きはたきの連発」とか「汚い変化で彼女の気持ちに注文相撲」とか書かれるので注意しましょうね。なんだ彼女に注文相撲って。

2. 伊勢ケ浜親方が観光大使に

新潟県弥彦村にある「弥彦神社」には土俵があるそうなのですが、これをいかして相撲で町おこしを企画、伊勢ケ浜親方を観光大使に任命したそうです。めでたい。

親方はもちろん青森出身ですが、今回のイベントには照ノ富士を同行させ、来年は部屋の合宿もやると、観光大使として結構コミットしていくみたいですね。町おこし成功するといいのですが。

プロスポーツが地域密着するのはもうセオリーになってますが、もともと地域とのつながりを大事にしてきた大相撲だからこそ、もっと部屋レベルで地域密着を掲げていきたいですよね。ゆかりの土地みんなにミッキー兄さん神社を作るとかね。あえてね。

3. ミス・インターナショナルが友綱部屋を訪問

なんだかよくわかりませんが、ミス・インターナショナル世界大会の入賞者5人が友綱部屋を訪問し、朝稽古を見学したそうです。なぜだ。どうしたらそうなるんだ。

ミス・インターナショナルは旭天鵬の若々しい肉体に注目し、「やっぱりエクササイズって大事やねんな」と興味を持っていたそうです。関心がないのは日本人だけで、実際相撲の稽古ってかなりトレーニング的・エクササイズ的な視点から考えても有効ですよね。海外からいろんなスポーツ選手が見学にくるのもわかります。どうせあとでちゃんこ食べてるんだと思いますが、エクササイズと食事をセットで考えているところも先進的です。こういうのをもっと世界に打ち出していくのが大事だと思うんですが。

ところで友綱部屋の力士どもはそれはそれは大喜び。旭天鵬は「きれいだなあ。みんないつもより稽古をやっていたな」とのことでした。普段からやってくださいね。でもそういうリズムみたいなのがうまく作れるといいのかもしれません。各部屋も引退した永世大関などを部屋に呼んでみたらどうですかね。

コメントしてください