さよなら、音羽山親方

出張で東京にきているのですが、東京のぶっくおふの品揃えのよさにびびるマイク松ですこんにちは。本もCDもいっぱいある。しかもいいのが。おもわずジェームス・ブラウンのベスト買ってしまいました。

そんな感じで少しほくほくしていたところに、悲しいニュースが飛び込んできました。音羽山親方が亡くなったそうです。

元大関貴ノ浪 音羽山親方が死去

ほんとにがっくりきました。早い。早すぎるわ。あまりに急な訃報に混乱しています。有能な人材をなくして大相撲にとっても大きな損失です。解説も軽妙かつ適格だったし、指導力もありそうだったし。これからというときに。浅香山親方もだいぶ沈痛なコメントを残してますね。

常々相撲のレビューでも、貴ノ浪の相撲を見習って取り入れろといってきました。でかいからこそあまり目立たない足腰の強さと、長身を利用した豪快な取り口、そしてかわずがけなどの繊細な技も持ち合わせる。時代が厳しくて優勝回数は増えませんでしたが、あの時代に大関をしっかり務められたのは、力あってのことでしょう。外国人力士は常に貴ノ浪の相撲から学ぶところはあるはずです。取り入れましょう。

思えば2006年に体調を崩してからも気をつけてはいたのかもしれませんね。ご冥福をお祈りします。あの世で先人たちと相撲界を見守ってください。現役力士たちは親方の功績を少しでも土俵の充実を図ることでたたえましょう。

コメントしてください