NFL2015 week9 GB@CAR

胃検診を受けたマイク松ですこんにちは。バリウムがおいしくなっていたのが驚きでした。

NFLは体調がよくなくてあんまりみてなかったのですが、week9のGB@CARはみておきました。

week9, GB@CAR。実況は早瀬さん、解説は高野さん。

前回DEN戦で連勝が止まってしまったGB、連勝を続けているCARの対戦、とてもいい一戦ですよね。

序盤からCARが勢いを見せます。順調なドライブ。最後は適当に投げ捨ててFGにしたのですが、まあいつでもとれるやろ的なニュートンの余裕をみました。

対するGB、いきなりロジャースホットラインが開通し逆転します。これはいいかもと思いましたが、その後はどうもレシーバーがあいてなかったり、惜しいところでパスが通らなかったりといまいちな展開。

その間にニュートンがダンクシュートのようなTDランで逆転した後、GBはレイシーのファンブルロストで一気にCARに流れがいってしまいます。返しのオフェンスは点が取れませんでしたが、次はブラウンにTDパスが通って前半はCARリードで終了。

後半、いきなりコッブにTDパスを通して、反撃ののろしをあげますが、その後はパントが続きます。CARはFGやらTDやらでちょっとずつリードを広げます。だいぶ勝敗が決まってきたかなと思ったときでした。

4Qの7分台に入ってやっとロジャースからスタークスにTDパスが通り、2ptも決まって反撃開始。次のオフェンスでもロジャースホットラインを発動させます。これで8点差、1ポゼッション差に。

しかも次のCARオフェンスでパスをランドールがINT!同点に追いつく絶好の機会が到来します。エンドゾーン前まで迫りますが、最後のパスはロジャースがヒットされ、デイヴィスにINTされて万事休す。なんとかCARが勝ちました。

CARは前の週に続いてオーバータイムかと思いましたね。

CARは15/30,297yds,3TD,1INT+9att,57yds,1TD。ランパスともにさすがの活躍でしたね。でも後半はあまり守りに入らないようにしたいですね。ランはスチュワートが20att,66yds。後半もうちょっとボールコントロールしたい。レシーブはコチェリーが3rec,82yds、ファンチェスが3rec,71yds,1TD。オルセンやブラウンが活躍してるのは知ってましたが、今日はこの2人ががんばってましたねー。ディフェンスは常にロジャースにプレッシャーをかけてたし、ディフェンスはさすがの出来。勝てたのもディフェンスのおかげでしょう。5sck,1INT,2FFですからね。

GBはロジャースが25/48,369yds,4TD,1INT+4att,22yds。ロジャースが孤軍奮闘してるんですよね。でもどうもレシーバー陣と少しずつずれがある感じ。修正してほしいです。ランはスタークスが10att,39yds。レイシーは10ydsな上にファンブルロストもあった。ランでロジャースをサポートしないと。レシーブはコッブが4rec,99yds,1TDなどなど。がんばってるんですがまだいけたという感じですね。ディフェンスはCBが先発がいないこともあって結構やられていましたが、後半は巻き返した感じでした。もっとディフェンスで流れを呼び込まないと。

コメントしてください