フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル2015(1):ペアSP

甲子園ボウルを映像でみたマイク松ですこんにちは。もちろんレビューなどしないのですが、なかなかいい戦いでした。反則が勝敗に大きく影響する。反則の怖さは知っているつもりですが、やっぱり響きますね。

やっとグランプリシリーズもファイナルにたどり着きました。全部放送あるみたいなので助かります。

フィギュアスケートグランプリシリーズファイナル2015、ペアSP。実況は三上さん、解説は小山さん。

7組登場。なんでやと思ったらフランス大会での救済措置だそうです。いいことですね。

中国のチェン・ペン&ハオ・ジャン。おっ久しぶり。どうも代理出場みたいですね。ビートルズ「ノルウェイの森」。Dsから入ります。おもしろい作り。3LoThはしっかり投げてますね。3Tはチェンが転倒。これは決めたかった。グループ4リフトは上げ方もパワフルだしバリエーションも見事。ステップはすぐ間を置かずに。ミラーの動きもできてるし、難しい音楽をよく踊りこなしています。誰が作ったんだろう。終盤に3Tw。でかくて高い。難しいポジションのペアスピンでフィニッシュ。ソロジャンプのミスだけでしたね。65.60。趙宏博兄さん相変わらずかっこいい。

カナダのジュリアン・セイガン&シャルリ・ビロドー。シルク・ドゥ・ソレイユ「クリオス」より。スピードに乗った滑りから3Tw。いい流れできてますね。3Sはタイミングもばっちり。3LzThも余裕を持ったジャンプ。シニアデビューとは思えないですね。ペアスピンもまずまず。エッジワークがなめらかで、特別なことしてないのにスピード出ます。グループ4リフトはしっかりレベルとってる。Dsは回転速度もある。ステップもリズムよくしっかり盛り上げてフィニッシュ。71.16。ロウゾンが手がけてるんですね。さすがのおしゃれプログラムでした。

中国の于小雨&金揚。ファイナルに出てきましたね。「ユルンガ」。3Tはまずまず成功。ダンス的なつなぎの部分もある。スピードをあげて3Tw。軽さがありますねー。3LoThは高さも幅もあるしとても余裕あります。ペアスピンは2人のポジションもそろってるしきれい。グループ4リフトは降ろし方がダイナミック。Dsも安定してるし回転もきれい。ステップは構成がおもしろかったです。どんどん完成度が上がってるみたいですね。68.63。趙宏博兄さんの日焼けはどこでやってるんですか。

アメリカのアレクサ・シメカ&クリストファー・クリエリム。NHK杯でも2位に入りました。メタリカ「ナッシング・エルス・マタース」。DsはY字ポジションから入ります。きれい。3Twも高さがすごい出てました。パワフルです。最近3Tw高くなってますよね。3Sはシメカがダブルに。グループ4リフトは実施がとてもスムーズ。流れるようなバリエーション。3FThは難しい入りから軽々と投げました。すばらしい出来。ステップもタイミングがあってました。ユニゾンの力がどんどん上がってきてる。全米チャンプの自覚ですかね。68.14。

ロシアのクセニア・ストルボワ&ヒョードル・クリモフ。「アイ・プット・ア・スペル・オン・ユー」。ダンスっぽい雰囲気で入ります。そしてあっという間にトップスピード。速い。3Twも流れがあります。3FThも予備動作がないようなスムーズさ。3Tはストルボワがちょっとステップアウトもうまくごまかしてます。Dsはクリモフのホールドが見事。ステップはお互いの動きが徐々に収束するような難しい作りです。エッジワークもスムーズ。グループ4リフトも一連の動きにまったく重さを感じないですね。ペアスピンでフィニッシュ。さすがの実力!この男女の関係の表現はアイスダンスみたいでした。74.84。

ロシアの川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ。川口すごいきれいになってるしスミルノフもかっこいい。「アイ・ファイナリー・ファウンド・サムワン」。Dsはなめらかだし回ってる間に表現がありますね。ソロジャンプ3Tは決まりました。よっしゃ。3Twはなんとか。ダンス的なつなぎの演技から3LoThはでかいジャンプでした。スミルノフパワー。グループ4リフトは難しい降り方も難なく。ステップも情感をよく出せてるし、曲に寄り添うようなペアスピンでフィニッシュ。おー!今までにはあんまりみたことない、いい雰囲気のプログラムでしたね!楽しむがテーマとのことですが、こういうところにも表れてるかも。考えてみればこういうのなかった。73.64。タマラコーチも元気。みかんあげたい。

カナダのメーガン・デュハメル&エリック・ラドフォード。チャンプきました。赤い衣装。エルトン・ジョン「僕の歌は君の歌」。入り方がなんたる軽さ。一気に清浄な雰囲気を作ります。3Twはとても高いしキャッチが見事。3Lzはしっかり踏んばって成功。Dsに入るまで微妙でしたがなんとか。ペアスピンは回転が速い。これがすごいんですよね。ステップはCuLiも入れながらもユニゾンが細かい。3LzThは転倒してしまいました。ちょっと入りがうまくいかなかったですね。グループ4リフトでフィニッシュ。珍しくスロージャンプで転倒してしまいましたね。72.74。まあまだまだいけますからね。

○SP終わっての順位:(1980年ヒット曲ランキング的に)

1. ストルボワ・クリモフ・オールナイト
2. 大川口・スミルノフ
3. 贈るデュハメル・ラドフォード
4. セイガン・ビロドーとふたり
5. 于・金でいと
6. シメカ・クリエリムは秋色
7. 青いチェン・ハオ

1位はストルボワ・クリモフ。念願のファイナルチャンプが見えてきてますね。FSでは逃げ切る演技ができるでしょうか。でも差はわずか。2位の川口・スミルノフも十分射程圏内。FSが楽しみ。デュハメル・ラドフォードはジャンプミスが響きましたが、差は2点。FSの破壊力があるだけに楽しみです。4位のセイガン・ビロドーがいい演技してました。もちろん表彰台も狙えますが、純粋に演技がみてみたいです。

コメントしてください