オリック悲願の観客動員200万人へ、人をとって200万にしてみよう

沖縄美ら海水族館、水槽でホホジロザメのオス展示。これはみてみたいマイク松ですこんにちは。でも一番は飼育が成功すること。がんばってほしいです。

さて、新年一発目のオリックの話題です。この間カフェでスポーツ新聞をみてみたら、ハンシンはフジナミが投球練習開始が一面だったのですが、オリックの記事は田口二軍監督が寮に登場というものでした。選手何してるんですか。

そんな中、営業面では鼻息荒く業績目標を高々と掲げています。

オリ球団社長悲願の観客200万人へ猛ゲキ

なんぼ優秀なオリック企画部といえども200万人は結構大変やろと思ったら、どうも昨年の観客動員は176万人も物好きがいたらしいですね。すごい。この数字ならオリックが優勝したら200万人いけるというのは可能ですね、理論的には。

とはいえ優勝のキーマンとしてT、アダチ、シュンタ、ヒカルをあげているようでは優勝も夢のまた夢。天竺までお経を取りに行くメンバーに、ポリバケツ、にんじん、お豆腐、他人行儀をあげているようなものです。4つめはもう物体じゃなく現象です。

そんな感じでオリックをディスるばかりじゃありませんよFalse Startは。実は目標を高い確率で達成できるマジックがあるのです。それは「200万人」を「200万」にすることです。

そうなんです、オリックは他球団の興味のないに先駆けて、ペット対象のファンクラブを設立しているのです。仮に昨年の観客動員をキープするなら、あとは犬を25万匹連れてくるだけで目標達成です。または鳩を25万羽、動かないドームの屋根に住まわせれば目標達成です。イージー!

そうなったら「200万」か、「200万」くらいにすればうまくごまかせるでしょう。

どうしてもファンクラブに入っているペット限定であれば、毎回ホームゲームに4000匹くらいペットにきてもらう必要があります。もういっそのこと外野の一部は犬小屋席みたいにして、ペットをつれてきてもらったらそこに入れてもらうのはどうでしょうか。それをビジター応援席の近くにおいておけば、きっと敵チームのトランペットに反応して、4000匹くらいの犬が遠吠えを始めるはずです。明確にはわかりませんが、きっと落ち着かない気持ちになるでしょう。

応援も戦力なら遠吠えも戦力!

カテゴリー: 野球 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。