さよなら、九重親方

小旅行でいった先で全然眠れず、今絶好調にねむいマイク松ですこんにちは。寝不足にはほんとに弱いのですが、今日寝るのは逆にたのしみです。

さて、号外も出たらしいのですが、九重親方がなくなられました。本当に残念です。ご冥福をお祈りしたいです。

このサイトを始めたときはもう千代の富士ではなく九重親方だったわけですが、スーパー横綱がスーパー親方にもなったという感じですね。もちろん先代の九重親方=北の富士さんの功績も大きいわけですが、今幕内・十両を見渡しても九重部屋の力士はとても多い。そこまでの部屋にできたのは大きいし、相撲界の充実にもつながっています。

チヨタイカイのあとめちゃくちゃ強い力士は出てきてないわけですが(チヨタイカイも強いオーゼキではなかったですが)、部屋の力士が切磋琢磨する環境はやっぱり大事ですよね。

今回の訃報で、千代の富士・九重親方の功績が改めて明らかになっています。八角親方玉ノ井親方貴乃花親方、そして白鵬ハルマなどなどが故人を偲んでいます。北の富士さんの悲しみようは尋常じゃないですね。弟子の方が先に旅立たれるとか。お察しします。

弟子はともかく、千代の富士は正々堂々と土俵を務め、厳しい相撲で国民的英雄になりました。その遺産を受け継ぐ大相撲は今こそ、千代の富士の相撲に見習うところがあるのではないかと思います。土俵の充実こそが何よりも手向けです。九重の名跡は佐ノ山親方が継承することになるんでしょうか。とにかく親方の意思を受け継いでください。

九重親方、おつかれさまでした。天国ではたくさんの力士といい相撲とってくださいね。

カテゴリー: 大相撲 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。