タニシゲカントクが休養

オリンピックの柔道は軽量級はおもしろかったのに、だんだんまったく技が出ない試合が多くなってきました。組み手争いしている間に指導が重なって反則負け。そういうスポーツじゃないんだと思うマイク松ですこんにちは。

さて、こんなオリンピックのときでもプロ野球は絶賛開催中ですが、オリンピックに注目が集まっている間に、ひっそりとさみしいニュースが伝わってきました。タニシゲカントクが休養だそうです。

まあ確かに中日の戦いもぱっとしなかったとは思いますが、シーズン途中の休養ってほんとに意味あるんですかね。休養といえばオリック、休養といえばモリワキさんですが、今のオリックみてても、あの休養がターニングポイントだった、今のオリックの強さも休養のおかげやわーとは20000%いえない状態ですものね。タニシゲカントクがしっかりしてれば勝てるのかという状態だし。

そしてこれからはモリシゲがカントク代行になるそうです。このままモリシゲがカントクになるのか、それとも別の人がカントクになるのか。候補はいくらでもいるんですし、オリックを他山の石、いや他畑のいもにして考えてほしいです。

いきなりプレイングマネジャーから3年もよくがんばりました。タニシゲカントクおつかれさまでした。

カテゴリー: 野球 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。