誰かが決めた小さな世界にとらわれてほしくないらしい

レアード2年契約。日本に残ってくれてうれしいマイク松ですこんにちは。こんな外国人いてくれればねーとどこのチームでも思いますよね。

さて、秋冬定期のかぜをひいた僕ですが、ぐったりしながら日本女子オープンみたりしていました。畑岡すばらしいゴルフしてました。若い世代がすごく育ってる。若い世代育ってればねーとどこのチームでも思いますよね。

どこのチームもというかまあ種いものことなんですが、ハラタクが戦力外になったりしています。ハラタクあんなにがんばってくれたのに。弱くてごめんなさいと関係ない僕でも思います。おつかれさまでした。ありがとう。

史上初の完全最下位まで達成したオリック。もうここまできたらファンの人は何を楽しみにすればいいのかと思っていたら、優勝したクリヤマカントクがいいことをおっしゃっていました。

ときどきよくわからないことを口にして、モリワキさんが懐かしくなるときがあるクリヤマカントクですが、軍神オータニが規定投球回数に届かなかったことについて、「誰かが決めた小さな世界にとらわれてほしくない」とおっしゃっています。「(オータニには)もっと大切なものがあるはず。みんなが喜べるために、感動とか涙とか勇気とか元気とか」とのことです。

そうか、優勝とかは誰かが決めた小さな世界なんですよね。オータニが感動とか涙とか勇気とか元気とかのためにがんばるなら、オリックは発芽とか穀類とか光合成とか幻とか霊とかのためにがんばればいいんですよね。もう誰かの決めた小さな世界から突き抜けて野球をせよとのお言葉と受け止めましたぞッ!!(ギャラリーフェイクの地蔵的に)(時々出てきます)

そう考えると今年の夏の陣のテーマはゲットオーバー(突き抜けろ)でした。ここにつながってたかー。あの霊的な雰囲気のトップも早く誰かが決めた小さな世界=現世から突き抜けろというメッセージだったかー。最終戦もぼこぼこにされたあとフクラカントクは、「変わった姿を見せていかないといけない」といっていました。現世を突き抜けた結果、オリックは何に変わっていくのか。この話の流れだと妖怪ですが、来シーズンは妖怪球団か種いも球団の二択になりそうです。もしくはひも。

カテゴリー: 野球 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。