イトイに思いを伝えるための料理と時間ほか

ミスドが値下げ。わーいわーい。マイク松ですこんにちは。がんばれミスド。コンビニに負けるなー!食べに行こう。

さて、最近寒くなったねーという程度の軽さで、イトイがFAしたねーというニュースが転がってきました。最近のさんすぽ等のニュース攻勢を熱心にみている人は、すっかり自暴自棄になってしまっていると思いますが、強く生きてくださいね。

大丈夫です、イトイのロッカーが片付け済みというニュースを報じてますが、たぶん業者が片付けてるんですよ。

ところで、スポーツ新聞がハンシンのFA交渉を紹介するとき、条件のことはほとんど報じないんですよね。たぶん交渉の時にこれくらい出すよというニュースを伝えるくらいです。じゃあ逆に何を紹介するんだという感じなんですが。

ハンシンのFA交渉は、いわば豊臣秀吉のような感じで、「こやつ気が利くな」と思ってもらえる細かな工夫をするのです。というかそれがメディアが報じる内容なのです。草履が暖かい、実は懐であたためておいたのです、だからハンシンに入団してください!的な感じです。本当はおかねと条件で入団するはずなのですが、それでは記事にならないと思っているのでしょうか。

たとえばイトイと交渉するにあたって、何を食べさせるかが話題になります。たとえば10月末にはすき焼きを食べながら交渉というのがありましたが、1週間後には高級中華を食べながら交渉というのがありました。まあ毎回何を食べながらというのはニュースになります。

またなぜか、いつ電話するかというのもすごい考えます。11日から交渉解禁ということで、11日の午前0時に早速電話する(相手の迷惑は考えません)というのもありましたが、その2日後には、公示が出たら電話して約束をとるのはOKとして、10日の15時に電話したらいいというのもあります。9時間遡ることで、「ぬかりなく進む」と思っているらしいです。

あとまだ交渉はしてないのに、三顧の礼をやる考えを披露しています。やる前から。三顧の礼は足を運んで相手がいなくてもあきらめずに足を運ぶやつですよ。

とにかく相手を振り向かせるというアプローチをまったく崩さないのです。簡単にハンシンいきますわーみたいになったらつまらない的な。まあ新聞が売れないからというのが大きいのだと思いますが、この調子だとお茶を飲んだだけで移籍確定とか、笑顔を見せただけでOKサインとか、妄想満載の中2男子みたいに考えていきそうです。そういうのも含めて見守っていきましょう。

1つだけいいたいのは、「イトイが移籍すれば若手が育つ」などと簡単にいってほしくないということです。今まで誰も育ってないんですよ。だから種いも球団なんですよ。養分をあげすぎても育たないし、養分をセーブしたらもっと育たないんですよ。

カテゴリー: 野球 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。