元貴闘力が語るギャンブル、あの兄さんには聞かないでね

球辞苑みたマイク松ですこんにちは。超おもしろかったです。今回もっとも技術的な回だったかも。

さて、クリスマスも近いですが、日経にそんなうかれモードを吹き飛ばす記事が出てました。みられない方もいらっしゃるかもしれませんが。

元貴闘力が語るギャンブル

そういえば通称カジノ法が成立しましたが、依存症患者を山ほど生み出してしまう危険性もありますよね。そんな危険性に警鐘を鳴らすもと貴闘力のインタビュー記事でした。

あらゆるギャンブルに手を出した完全なる依存症だったもと貴闘力ならではのインタビューでした。カジノのよくないのは通常のギャンブルとは違って時間エンドレスなところなのではとのことでした。

自分がギャンブル依存症とは思ってなかったけど、チェックリストでチェックしてみたら満点で依存症だったそう。すてき。カジノはもう借金している人はできないようにすべきとの持論を展開していました。カジノでみんなが幸せになることはできないし、依存症が増えないようにするのもなかなかできないのでは、とのことでした。

自分の過去を掘り返されるのはいやかもしれませんが、ぶっちゃけ今追い風ですよね。もと貴闘力にはどんどんギャンブルのおそろしさをアピールしてほしいものです。どんな依存症の人でも、ギャンブルに5億円突っ込んだ人はそんなにいないでしょう。がんばってほしいものです。

ちなみにギャンブルで身を滅ぼした力士というのは他にもいますし、いわゆる永世大関にもいるわけですが、そっちの兄さんはほっておいてもらえると助かります。大ばば様も「身をもって大相撲の滅亡を救って下さったのじゃ…あの兄さんは角界を守ったのじゃ…」とおっしゃってましたよ。むしろなぜ日本人の横綱が生まれないのかとか、新しい大関はなぜ生まれないのかとか、キセさんってどうなのかとか、プロビデンスとは何なのかとか、自縄自縛地蔵ってほんとにあるのかとかは聞いていただいて大丈夫です。おもしろい話聞けますよー。

カテゴリー: 大相撲 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。