大相撲3月場所2017:千秋楽

川崎カブス解雇。契約の問題というかボーナス支払い回避ですね。僕はシカゴと再契約すると思うマイク松ですこんにちは。

さて、今絶賛話題になっている春場所の千秋楽、ようやくみます。遅れてごめんなさい。というかもう結果は知ってますよね。

千秋楽。実況は三瓶さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が舞の海さん。

大栄翔×琴勇輝。大栄翔は敢闘賞の検討にもあがったそう。今日も琴勇輝の突き押しをしのいだと思ったら逆襲して突きだし。まっすぐな相撲が好感持てます。

輝×錦木。今日は輝の相撲がとれました。どーんと当たって突き放しました。

佐田の海×隠岐の海。隠岐の海なんでこんなところでとってるん?左四つから隠岐の海が上手をとっていきます。佐田の海が巻き替えてもろ差しになりますが、ここで隠岐の海が小手投げで下しました。てきぱき。

貴景勝×千代翔馬。貴景勝は勝てば敢闘賞。突き押し合いからはたきあいになります。千代翔馬がまわりこむところをうまくついていって押し出し!これで敢闘賞になりました。やりましたね!千代翔馬に勝ったのも大きい。

逸ノ城×宇良。これは宇良どうとりますかね。突きはなしていく逸ノ城。そして土俵際でかいなをとって小手投げ!土俵際もつれますが、行司差し違えで宇良が逆転勝ちしました。すばらしい身のこなし!あれはすくい投げになるんですね。舞の海さんも土俵際の足の送り方が曲芸とのこと。確かに!千秋楽で勝ち越していい場所にできましたね!

妙義龍×碧山。碧山はたき込みで勝ち。妙義龍は番付がやばいところになってます。残れるんかなー。

千代の国×徳勝龍。千代の国が突き放したあとでいいはたき。徳勝龍は千代の国に合い口が悪いらしい。いろいろあるな。

大翔丸×北勝富士。大翔丸がのど輪とおっつけで攻めますが、北勝富士がまわりこんでまわりこんで突き落としました。よく足動いてましたね。

遠藤×栃ノ心。遠藤立ち合いからもろ差し。足を丁寧に送って寄り切りました。栃ノ心のかちあげで鼻血が出てますが、ひるみませんでしたね。これで千秋楽勝ち越し。

石浦×宝富士。ちょっと立ち後れてしまった石浦、押し出されました。千秋楽負け越し。なんか今日は不完全燃焼でしたね。これが最後の相撲はかわいそう。

十両は豊響が優勝。なんやかんやでいいことです。

蒼国来×旭秀鵬。右四つになりました。旭秀鵬が上手を引きつけて寄り切り。今日は体をいかした取り口。来場所につなげたいですね。

魁聖×勢。右四つから魁聖が左上手をばっちり。引きつけて出て行きますが、勢が土俵際で右から突き落としました。右が痛そうですがもう場所は終わりですからね。なんとかもちました。

豪風×松鳳山。豪風当たってすぐ引きを狙ってましたが、松鳳山完全に読んでました。千秋楽でもこんなシャバイ相撲。

貴ノ岩×正代。もろ差しを狙うマサヨ。貴ノ岩も上手を引きました。両上手で引きつけて寄り切り。マサヨも自分の形になりそうだったんですが。もろ差し以外の型を探っていきたいですね。

御嶽海×栃煌山。栃煌山はいなしからはず攻めしますが、ちゃんと向き直った御嶽海が押し込んでからの引き落とし。御嶽海も9番いきましたね。

琴奨菊×嘉風。今日は左差しからがぶってがぶって寄り切り。いつもの相撲がとれました。つくづく昨日の相撲が苦しいですが、他に勝っておけばよかったんですけどね。自分の相撲がとれればいいんだ。

玉鷲×高安。当たって玉鷲が小手投げにいきますが、高安がかいなをそのままつきつけていきました。物言いは確認で高安の寄り切り。今日は小手投げになってしまいましたが、今場所も自分の相撲をよくとれてましたよ。高安も12番勝ちました。

照ノ富士×稀勢の里。会場は完全にキセさんの味方ですが、あのテーピングはかなりひどそう。力を貸してあげてほしいです。一度手つき不十分でやり直し。キセさんは少し動いてますね。今度は左に動いておっつけで攻める。照ノ富士が右前まわしから出て行きますが、そこでキセさんの突き落としが決まりました!すごい。ほんとに気迫で上回ってる。左があんなに使えない中で。優勝決定戦に持ち込みました。

日馬富士×鶴竜。上手を引いたハルマ。鶴竜も右下手から巻き替えにいきます。起こしに行きたい。徐々に圧力かけてきましたがハルマもいい体勢のまま。両上手で出て行きますが、その先に行司さんもいて寄り切れず、結局鶴竜が寄り切り。

稀勢の里×照ノ富士。優勝決定戦です。ここまで持ち込んだキセさんも力は残っているのか。なにしろけが人。照ノ富士は体は完調です。張り差しでいくキセさんに対して照ノ富士がもろ差しになったところで、体を開いての小手投げ!これが決まりました!すげー!!これしかない決め技で勝ちましたね。

もちろん事前に結果はわかっていたわけですが、みてみると予想以上にキセさんは普通に勝ってるなという感じですね。照ノ富士は僕がこういいたいだけなのかもしれませんが、菊への変化が相撲を崩してしまいましたね。こういうところにプロビデンスのとばりは降りてくるのです。暗黒面への転落によって、相撲を普通にとれなくなっていました。自分でもよくわからないように負けへと転がっていった感じ。自分の相撲をとるということは結局そういうことなんですよね。

後日談と総括は後日!

コメントしてください