フィギュアスケート世界選手権2017(1):女子シングルSP

今、オリックが大変好調なので早く消化したい富井です。でも試合のない日が多いんですよね。
さて、フィギュアスケートは四大陸も欧州もすっ飛ばして世界選手権からです。実況は赤平さん、解説は中庭さん。

女子はなんと37人。
(失神)
グループ2のコストナーとグループ5からのレビューにします。

イタリアのカロリーナ・コストナー。30歳。あのコストナーも30歳になるんですね。そしてコーチがミーシンに。「God of thunder」他。風の音だけで滑るコストナー。幅のある3T+3T。フェラーリのような滑りとたたえられたスケーティングは健在。3Fは着氷が乱れましたが、その後のレイバックスピンの美しいこと。2Aもややバランスを崩しましたが、成功。ステップもドラムの音だけで。キャメルスピンは入るときにバランスを崩してしまいました。こんなミスもあるんですね。コンビネーションスピンは大丈夫でした。66.33。

さて、グループ5から。

中国の李子君。李子君もミーシンコーチなんだ!「Le Diable Matou」スピードのある入りの3T+3T。3Fもきれい。レイバックスピンはビールマンポジションも美しい。バタフライからのキャメルスピンもスピードがあります。2Aも見事。コンビネーションスピンも柔らかいですね。ステップも曲に合わせて軽快。この上品な滑りは魅力的ですね。最後のポーズまで傷のない素晴らしい出来。56.30。3-3のセカンドジャンプが回転不足だたようです。

ハンガリーのイベント・トート。セベスチェンの教え子。去年より美人になりましたね。「Earth song」他。3T+3Tはセカンドジャンプに高さがある。3Lzはやや着氷が。キャメルスピンの回転も速い。レイバックスピンはさらに回転が素晴らしい。2Aは両手を上げて。ステップも元気いっぱい。躍動感がマイケル・ジャクソンの曲にあってます。コンビネーションも多彩なポジション。素晴らしい。去年もすごいと思いましたが、今年も上手くなってますね。61.00

樋口新葉。「ラ・カリファ」2Aは予備動作が無くていいですね。キャメルスピンの入り方もとてもいいです。コンビネーションスピンも回転速度が速い。ステップも複雑で音楽に良くあっていると思いますが、もうちょっとスピードが欲しいなと思います。3Lz+3Tは後半での成功。3Fも高さがあります。レイバックスピンも流れがあって良いですね。65.87

三原舞依。「ロンド・カプリチオーソ」スピードがありますね。3Lz+3Tは幅のある美しいジャンプ。シットスピンの回転も素晴らしい。コンビネーションスピンの回転も速い。スケーティングがいいですね。2AもOK。レイバックスピンはビールマンのポジションもきれいですね。最後のジャンプが2Fでしかも転倒してしまいました。ああ、そこまでは上位に入れそうな出来だったのに。うーん、緊張してしまいましたかね。でも、それ以外は素晴らしかったですよ。59.59

ドイツのニコール・ショット。映画「シカゴ」より。華やかな選手ですね。3Loは成功。3T+3Tは転倒してしまいました。キャメルスピンの入り方がかっこいい。音楽にあったスケーティングがステキ。スパイラルをはさんで2A。コンビネーションスピンはちょっとゆっくりになってしまいました。ステップはまあまあかな。レイバックスピンは背中のカーブがきれい。54.83

カナダのケイトリン・オズモンド。今、私の中のイチオシの選手。「Sous le ciel de Paris」。素晴らしいスケーティング。高さのある3F+3T。3Lzもすぐにとんで素晴らしい。キャメルスピンもポジションが難しい。緩急自在なスケーティング。2Aも幅があって大きくて美しい。レイバックスピンもきれいですね。ステップもターンが速い。上手ですね・・・。コンビネーションスピンも回転が速い。うっとり。また最後の笑顔にうっとり。華やか!美しい!眼福!実況席もうっとりですね。これはしょうがない(野球の小宮山さん風に)。しょうがないです。75.98

韓国のチェ・ダビン。「ララランド」早いなあ。3Lz+3TはOK。回転の速いコンビネーションスピン。キャメルスピンもいいスピードですね。3Fも成功。ステップもなかなか・・・ああ、順番が悪いよ。2Aも良いジャンプ。レイバックスピンも素晴らしい。ノーミスですね。良かったと思いますが、まだオズモンドの興奮が残ってしまっていていいできなのにもう一つピンとこなかった。オズモンドが悪い。62.66。

アメリカのカレン・チェン。「On golden pond」相変わらず見事なおでこじゃ。最初のポーズが鳥っぽくて好き。3Lz+3Tは幅があって良いですね。コンビネーションスピンはすごいスピード。キャメルスピンもすごい回転スピードです。ステップも片足で良く滑っていますね。スピードの乗った3Loはランディングがきれいです。スパイラルも美しい。皆ミシェル・クワンになりたいのだな。2Aも大きいですね。レイバックスピンもすばらしい。最後も最初のポーズに戻ってきれいですね。ノーミスだ。69.98

ラトビアのアンジェリーナ・クチバルスカ。「If you go away」他。旧ソ連らしい芸術的な身体の動き。3Lzは軸が斜めでしたが成功。3T+3Tも成功。コンビネーションスピンは個性的なポジション。シットスピンも面白い形ですね。北米スケーターの後だけにすごく個性的に感じます。2AもOK。ステップも迫力があります。選曲もエキゾチックでいいですね。レイバックスピンはちょっとトラベリングしてしまいました。55.92

スロバキアのニコール・ラジコワ。映画「ある愛の詩」3Lz+2Tは最初のジャンプでバランスを崩しましたがなんとかセカンドを付けました。3Loは成功。キャメルスピンはいいですね。レイバックスピンも回転が速い。2AもOK。ステップは上下動が大きくてがんばっています。もう少しスピードがあればとも思いますが。コンビネーションスピンもがんばりました。軸足がもう少しまっすぐなればなあ。57.08

カザフスタンのエリザベート・トゥルシンバエワ。「アイ・ガット・リズム」背が伸びましたかね?いい滑りをしてますね。3Lz+3TはOK。コンビネーションスピンは多彩なポジション。慎重な3Loは成功。ステップはオーサーのとこの人だなあと思う難しさ。2AもOK。キャメルスピンもいいですね。レイバックスピンもきれいなビールマンポジション。トゥルシンバエワのお母さん、若い。65.48

ロシアのエフゲニア・メドヴェージェワ。「リバー・フロウズ」キャメルスピンのポジションの美しさよ。ステップは超余裕ですね。難しいことしてるんだけどな。片手をあげた3F+3Tは完璧。3Loも2Aもスピードが落ちませんね。コンビネーションスピンも身体が柔らかいのでポジションがきれい。レイバックスピンも回転が速い。今回も機械のようにやりきりました。79.01

カナダのガブリエラ・デールマン。「Herodiade」すごいスピードからの3T+3Tは大きなジャンプですね。レイバックスピンも美しい。フライングキャメルスピンも回転が素晴らしい。3Lzも高いですね。2Aも成功。ステップは途中ちょっとバランスを崩しかけたようにも思いましたが、特に何もなく終わりました。コンビネーションスピンも回転が速い。ノーミスですね。72.19

アメリカのアシュリー・ワグナー。「スィート・ドリーム」すぐに手拍子が起こります。3F+3Tは成功。レイバックスピンも音楽にあってます。フライングシットスピンもリズムに合っててステキ。3LoもOK。2Aも成功です。コンビネーションスピンも音楽に良くあってます。ステップも表現したい意思を感じてます。自立した強い女性をフィギュアスケートで表現出来るのはワグナーだけじゃないですかね。もう姉さんは別次元だよ。69.04

ロシアのマリア・ソツコワ。「Butterflies are free」3Lz+3Tは優雅。キャメルスピンは長い手足が映えますね。ステップも見事です。3Fは跳ぶ前の滑りがすごいですね。2AもOK。コンビネーションスピンも足長いなーって思います。レイバックスピンはすごい背筋ですね。あっという間に終わってしまいました。69.76

本郷理華。宮原の代わりで出場です。がんばって欲しい。「O Fortuna」3Fはやや着氷が乱れました。レイバックスピンはビールマンでもう少しスピードが欲しい。キャメルスピンもややスピードが。3T+3Tは成功。2Aは素晴らしいジャンプ。ステップは情熱的で本郷の魅力が詰まっています。コンビネーションスピンはスピードがあって良いです。おお、最後まで情熱的でした。62.55。ちょっと色々ミスじゃないんですけど、今までの人と比べると加点してもらえるところが少なかったでしょうか。でも、良かった。

ロシアのアンナ・ポゴリラヤ。映画「Sent of a woman」3Lz+3Tは大きいですね。コンビネーションスピンはすごいポジション。キャメルスピンのポジションがきれいですね。3Loは音楽と合っててステキ。2Aもいいですね。ステップの入りが色っぽい。そして素晴らしいステップ。ホントにタンゴを踊っているよう。レイバックスピンも流れがあって良いですね。素晴らしかった!71.52

○SPが終わっての順位(グミ的に)
1.メドヴェージェワゴールデンハリボー
2.オズモンド果汁グミ
3.デールマンコーラアップグミ
4.ポゴリラヤフェットチーネグミ
5.カレン・チェンピュレグミ
6.ソツコワタフグミ
7.ワグナー男梅
8.コストナーGOCHIグミ

1位はいつものメドヴェージェワ。もう指定席だし、いつも通りだし、すごい。
2位はオズモンド。まさかこんな上位にくるとは。フリーも揃えて欲しいです。
3位はなんとなんとのデールマン。3T+3Tでこんなに点が出るとは。やはり大きなジャンプは加点が凄いですね。フリーでこの順位を守るのは難しいと思いますががんばって欲しい。4位はポゴリラヤ。私はもっと出るかと思ったんですけどね。ジャンプの加点が少し足りなかったかな。5位のカレン・チェンは勢いがありました。フリーも楽しみ。6位のソツコワはカレン・チェンと0.2ほどの差。惜しかったですね。

そして、7位はワグナー、8位はコストナーとベテランが並びました。この3-3が普通、しかも後半に跳んでくる若手たち相手に互角に戦っているのがすごすぎます。フリーもがんばって欲しいです。

2 Comments

  1. ぎー より:

    コストナー嬢がZEPのボンゾのドラムで滑ってくれるなんて、
    生きていて良かった…と思うオールドファン。

  2. 富井副部長 より:

    ぎーさん、コメントありがとうございます。

    コストナー素晴らしかったですね。
    ミーシンコーチになってまた新たな魅力が花開いているようです。
    コストナーの気が済むまでいつまでも選手生活を続けて欲しいです。

コメントしてください