ヤクルト×オリック@京セラドーム大阪

今シーズン、オリック戦を初めて観戦しました富井です。
4月に一度チケットを買ったのですが、当日ファンクラブの会員証を更新したのでチケットが引き出せず、結局お金だけ払って観戦せず、近くの沖縄料理だけ食べて帰るという優雅な時間を過ごしました。パスワード大事。パスワードないと、球団の人は本当に打つ手がないみたいです。パスワードなくても、会員証で住所や名前も確認出来るし、やってくれるんじゃないの・・・という期待はしてはいけません!サーバーのデーターを確認したりしてくれないのです!!

さて、今日のヤクルト戦。1、2番に大引、坂口というかつてのオリックの中心選手。この2人にあっという間に1失点してしまう金子。あれ、これは紅白戦かな?という夢のような試合でどちらが勝ってもいいやという気持ちになりました。3番の山田もオリックにいてもおかしくない選手だし。

1回は表裏と両チーム1失点ずつしたのですが、それからはヒットは打たれるが得点にはならずという投手戦。ブキャナンは打てそうで打てず、調子のあまり良くなさそうな金子はだんだん調子を上げていく感じでした。

試合が動いたのはなんと、7回に2番手出てきた近藤。この近藤も元オリ戦士。結構良いピッチャーだったんです。ヤクルトに行ってもいいらしいじゃないですか。その近藤がなんと6失点。京セラドームのマウンドで嫌な記憶が蘇ったのでしょうか。勝てたのは嬉しいですが、何だか複雑。できれば近藤以外のピッチャーを打ち崩したかった。

そういえば、つば九郎が来てたのですが、相変わらず自由ですね。B’sガールズを捕獲したり、お店の宣伝でおねーさんが食べた唐揚げを食べさせろと人間だったらセクハラ問題になりそうな行動で沸かせてました。

カテゴリー: 野球 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。