カーリング女子日本代表決定戦 第4戦 LS北見 .vs 中部電力

明日金沢にいくのですが、何も準備してないマイク松ですこんにちは。もういいわなんもせんで。

そんな僕とは違い準備万端の両チームのカーリング女子日本代表決定戦、第4戦です。

カーリング女子日本代表決定戦、第4戦。実況は塚本さん、解説は石崎さん。

第1エンド、静かな始まりかと思ったらハウスの中をめぐる攻防に。いきなりきたか。北見がストーンをおいていくが、中電のラストストーンがスルーしてしまい、北見が3点とりました。いい始まりやな北見には。

第2エンド、こっちはクリーンな展開。北見が1点とらせる展開と石崎さん。なかなかストーンをためられない中電ですが、今度はしっかり1点はとりました。

第3エンド、ごちゃごちゃしていたがサード以降でクリーンな展開に。ブランクエンドになりました。

第4エンド、ガードをめぐる攻防。しかし鈴木はガードの後ろをしっかりテイクしていきました。北見は2点パターンを作りにいきます。清水がヒットロールでばっちりのところに置きましたが、吉田姉がガードをかわしてテイクアウトしました。スイーピングも見事。中電は北見に1点とらせるべくガードしますが、藤澤のラストストーンをばっちりボタンに寄せました。2点ゲット。スイープとコールが連動してます。

第5エンド、ガードを作ってはじいてというところから、中電はどうストーンを残すかというところになるが、北見のテイクアウトがバックガードのために残ってしまい、中電は2点チャンス。しかしドローが短かったです。でも北見のドローも届かず、なんとか2点とりました。

第6エンド、中電はなんとか北見を1点におさえたいところですが、北見にミスが出ない、出てもすぐリカバーします。中電はちょっとずつ足りなかったりオーバーしたり。でも北見のラストストーンもショートして、北見は1点にとどまりました。

第7エンド、なんだかシートが重くなってるような気がする。どうもショートするショットが多い。なかなか中電もテイクがうまくいかない。北見はガードでドローを強いるが、それが効いてガードにひっかけてしまい、北見が2点スティールしました。最後はテイクでもよかったかもなー。

第8エンド、中電はコーナーガードで攻めにいきます。そして北見はテイクテイク。しっかり相手に1点とらせる展開にしてきます。中電も1点とらざるを得ませんでした。

第9エンド、北見は吉田妹がパーフェクトなウィックショットを決めます。中電はガードを作りますがすぐテイクされます。ハウスの外側ぎりぎりに2つおいて、北見はドローじゃなくてテイクにしますが、自分のストーンも出てしまって中電1点スティールしました。

第10エンド、吉田妹のウィックショットが2つパーフェクトに決まりました。すごいな。北見は確実に1つずつストーンをテイクしていきます。最後のテイクで自分のストーンも出てしまい、これで試合終了。中電 5-8 北見。

LS北見が悲願のオリンピックをようやく掴みました。なんだか喜びというよりもほんとに安堵という感じのインタビューでした。勝たないといけないプレッシャーもあったと思いますが、調子の波もだんだんすくなくなってきてました。なにしろ世界2位のチームですから。オリンピックでもいい戦いしてくれるんじゃないかと思います。

中電はなかなか全員が本調子にならない中よく粘っていました。戦略的にとても優れていましたし、ショットの精度とパワーが上がってくればもっといい戦いができる。日本一になった自信と今回の戦いを糧にして、もっと成長してほしいと思います。

どっちが勝ってもうれしかったですが、どっちが負けても悲しいもんですね。両チームともおつかれさまでした。

コメントしてください