ぴょんちゃんオリンピック:カーリング女子3位決定戦 日本 vs. イギリス

カーリング日本ミックスダブルス選手権は藤澤・山口ペアが優勝したようですね。コンビネーションさえうまくいけば、このペアが勝つだろうと思っていたのですが、うまく山口は藤澤についていったようです。大事な考え方だなと思うマイク松ですこんにちは。

さて、もう世界選手権が始まります。ぴょんちゃんオリンピックの記事はこれで最後です。

ぴょんちゃんオリンピック:カーリング女子3位決定戦、日本 vs. イギリス。実況は菅谷さん、解説は石崎さん。

イギリスはグレイ、アダムス、スローン、ミュアヘッド。スウェーデンと準決勝で当たって敗れ、スモールファイナルにまわりました。日本は吉田妹、鈴木、吉田姉、藤澤。これがオリンピック最後の試合です。

第1エンド、イギリスは序盤はアイスリーティングにあてるよう。クリーンな展開になりますが、イギリスは1点とりました。

第2エンド、イギリスのストーンが散らばって、日本は1点とらされる展開。でもしっかり1点とったのはいいことです。

第3エンドはクリーンな展開。イギリスは最後にピールで終わってブランクかと思ったら、ラストストーンが残って1点とってしまいました。

第4エンドはガードの後ろをめぐる戦い。ガードの後ろでフリーズ合戦になり、日本はばっちり入れたら2点でしたが、ちょっと曲がりすぎて1点止まり。なかなかロースコアです。

第5エンド、お互いにヒットアンドロールがうまくいっていい形を作り合うが、そのあとはうまく残せなかったり。吉田姉のプロモーションテイクがうまく決まってる。今日はいい感じです。そのあとは日本の2つのガードをかわして後ろをめぐる戦い。これは難しいです。ラストストーンイギリスは2点を狙いますが、これも1点止まり。なんかすべてのエンドで両方が1点ずつとりあってます。

第6エンドはガードもありましたがクリーンな展開。第6エンドが鬼門の日本には助かりますね。今度はブランクエンドにしました。

第7エンド、ハウスの中にフリーズのストーンがつながっていくが、アダムスのテイクショットで散らばっていった。パワフル。最後はハウスのはじっこの外にあったストーンにイギリスがフリーズするというストーンをなんとかテイクして、ブランクエンドにしました。

第8エンド、ハウスのはじっこに両チームのストーンがちらばる。どっちがナンバーワンなのか、両チームもわからない感じ。日本はラストストーンでダブルロールを狙うも、日本は1点止まり。

第9エンド、日本がセンターライン上に3つ並べる。粘り強くガードをおいてくるが、スローンがダブルテイクアウトに成功。今日のスローンいいですね。ブランクにさせないためにガードの後ろに回り込んで攻めに行く。ミュアヘッドのテイクショットでハウスのストーンが全部なくなってしまった。もう1つガードの後ろにドローできました。最後はプロモーションテイクでブランクエンドを狙いますが、はずれて日本が1点スティールしました!うわー。

第10エンド、イギリスがガードの後ろの日本のストーンをテイクしていく展開。イギリスのテイクショットで、日本は自分たちのストーンがバックガードになって残ったけど、イギリスのストーンを藤澤がスイープして出した。石崎さんも「出ると出ないとでは大きな違い」とサーフィンのチューブみたいなことをいってる。日本はタイムアウトをとって検討。日本はガードをおくがイギリスは回り込んでナンバーワンをつくって、日本はそのストーンにフリーズする。反対側にもガードをおいていったが、2点をとりにいったイギリスのラストストーンが、日本のストーンをナンバーワンにしてしまいました。試合終了、日本 5-3 イギリス。

ついに日本がメダルをとりました。ほんとに1点ずつ取り合うような渋い展開でした。ぎりぎりまで粘っていった末に、ほんとにメダルが転がり込んできたという感じでしたね。確かにめでたいですが、ミュアヘッドの気持ちになるとあんまり素直に喜べないような。2点狙えるところでしたし、藤澤も負けたと思ったらしいので狙ったのはよかったのですが、あれが藤澤の罠だったんだろうか。

LS北見おめでとう。ミュアヘッドどんまいやで。またいい試合みせてください!

コメントしてください