リグレー・フィールドにカブス戦みにいってきました

今いるホテルは冷蔵庫がないのですが、冷房ががんがんかかってるからいけるやろと思っていたら、やっぱりだめっぽいマイク松ですこんにちは。海外で食あたりはしゃれにならないので気をつけます。

さて、フォルス・スタート商会の本社を探すのも大事ですが、今回楽しみにしていたのがメジャーリーグをみにいくことでした。念願かないました。シカゴには2つ球団がありますが、今回はカブス戦をみにいきました。

本拠地リグレー・フィールドはシカゴの電車で中心部から10分くらい、そして駅のすぐそばという超便利なところにあります。手軽にMLBみにいくならシカゴはいいところのようですね。すでに車内はカブスのユニやTシャツを着た人たちでいっぱいです。でもハンシンファンのような圧力はあまり感じないです。駅から球場まではすごい近いですが、その間にもダフ屋とかグッズを売ってる人たちがいました。

もともと球場でチケットを買おうと思っていたのですが、急に思いついてネットで買うことにしました。ほとんど売り切れ間近というところだったので。カブスのみならずMLBは共通のアプリがあります。使い勝手はあまりよくないですが、それでバーコードを示して読んでもらう感じでチェックインです。

さすが歴史のある球場。中は日本の球場のようなきれいな感じではありません。でも居心地はいいみたいな。鉄骨むき出しの魚市場みたいな感じです。僕は日本でいえば内野席の一塁側の一番端っこの一番上のところの席でした。見晴らしはよかったです。すっごいいい席だと2,3万円近くします。でも驚いたのはどこでもよく見えるんですよね。甲子園のような見晴らしのよさを感じました。

景色はもう爽快そのもの。天気もいいし、青空に映える球場です。みんながこの球場が好きな理由がわかりました。シカゴはだいたい風が吹いているのですが、それもいい感じでした。スコアボードが何でもできるビジョンなのに、古い緑の感じの表示にしているのもおしゃれです。

ものは試しとイタリアンサンドイッチを買ってみました。シカゴ名物で薄切り肉の炒め物をパンにはさんでいるのですが、ものすごいでかかったです。でかいなーといったら「知ってるわ!」といわれました。そりゃそうですね。食べるのも一苦労。2人で1つにするか、フライドポテト的なものを頼んだ方がいいでしょう。ケチャップとかはかけ放題です。

今日の相手はナショナルズ。僕も富井もわりとナショナルズ好きなのですが、ハーパーがみられてよかったです。シャーザーさんは見えませんでした。あとこっちでは当たり前なのかもしれませんが、相手チームのグッズは買えませんでした。グッズはカブスのものはすごい充実しています。Tシャツ3枚買いました。

印象的だったのが、イニングの間のCMがみんな品があることでした。全部カブスにひっかけて、「歴史のあるカブス、オレたちも歴史があるよ」とか「カブスファンの情熱に負けないくらい俺たちも」みたいな感じです。なにげない感じですが、野球と全然関係ないCMみて気分がちょっと萎えることってありませんか?みんなが何かしら野球やカブスにひっかけてあるので、雰囲気が維持されるんですよね。これは発見でした。

試合は序盤は両チームともピッチャーがよくなかったのですが、カブスは点がとれないのにワシントンは点がとれるという感じで、カブスファンも盛り上がれない感じでした。ちょうど僕の前の団体がたぶんおじいちゃんの90歳をお祝いするみたいな団体で、おじいちゃんがビジョンに写るとすごい盛り上がってました。たぶん小さい広告みたいに、お金を出すと?写してもらえるんですね。

僕は用事があったので途中までみて帰ったのですが、僕が帰ったとたんにカブスが活性化して、逆転勝ちだったようです。Wの旗とかみたかったです。ということでリグレー・フィールドはめっちゃおすすめです。シーズン中にシカゴにいったら行かない手はないですね。

コメントしてください