予告された敗戦の報告 week11 ビリーブランド@HOU

12月なのに暑すぎると思ったのもつかの間、本格的な冬が到来しましたね。富井です。NFLもプレーオフに向けてますます白熱していますが、ブラウンズはプレーオフには無関係なのでこのいい流れを変えないように頑張って欲しいものです。

今日の相手は強いテキサンズ。8勝3敗と現在地区首位。まあ、相手を見た時点で勝てないな・・・とは思いました。しかし、実際に試合を見るとその力の差は思った以上でした。

なんせ、オフェンスもディフェンスもラインが強い。そしてワトソンの足の速さと決断の早さ。あの決断力はメイフィールドも大いに見習って欲しいところ。また、ディフェンスも簡単にラインを破ってくるし、メイフィールドのロングパスを予想していいところを守られ3回もインターセプトを奪われます。前半は0-16と完封されましたが、後半は(まあ、テキサンズが守備を緩めたのもあるけど)ロングパス一辺倒でなく、ショートパスも使うようになり、タッチダウンも2本決まりました。

とはいえ、ブラウンスも悪かったわけではありません。ただ向こうが強かった。しょんぼりして方針を変えたりせず、今の攻撃、守備を磨いていって欲しいです。

ここまでの成績、4勝7敗1引き分け。

コメントしてください