甲子園のオリ×楽天の観客数は約2万7千人!

晴天のデーゲームということで、西×戸村という地味なカードにもかかわらず甲子園には26569人もの観衆が詰めかけました。我々もテレビで斎藤王子×大嶺を見るべきではないかと思いつつ、高校野球以外で甲子園に行くことがないので(うさぎのように臆病だから)めったにない機会とばかり行ってまいりました。甲子園では必ず焼き鳥を食べる富井です、こんばんは。

内野はわりと空いていたのですが、アルプス・外野はぎっしり。これが本当にオリ×楽天戦なのかと目を疑いました。一応3塁側に座ったのですが(別にオリックスファンじゃないです)人はたくさんいてもいつも通りのまったりした感じでした。周りに座っていた人が「三分の一は阪神ファン」と言ってましたがそういう感じです。あちこちで中日の三瀬の話をしていました。

ゲームは乱打戦になると思っていたのですが、最初に楽天が山崎先生の犠打で1点を取ってからほとんどヒットにもならない投手戦。西×戸村がこんな展開になるとは思いもよりませんでしたが、スタメンも両チーム共に「もっと打つ選手がいるはずでは・・・いや、いてほしい」みたいな並びで、代打も出てくることなく何だか淡白な試合でした。3塁側では早くも3回が終わったぐらいで「これ以上見ても時間の無駄」みたいな声も出るほど。

結局試合が動いたのは戸村が降板した後の8回から。7回から美馬に変わったのですが、8回の頭からちょうど1番から回る打順で、坂口のヒットをきっかけに5番北川まで全員がヒットでつなぎます。G-光尊に打順が回ってきた時は期待しないようにカニトップの看板を見ながらタラバガニのことを考えていたら打ったので嬉しかったです(ファンじゃないけど)。この連打で4-1と逆転。勝ち越したことで平野・岸田を投入しオリックスがこの3連戦で初めて勝ちました。

今年のオリックスは完全にT-岡田のチームの顔になってますね。4番のTががんばっています。応援もみんながT!T!ホームランT!言うのでショッカー軍団のようでした。駿太がでないのはまあ仕方ないかなとも思いますが、大引がベンチっていうのが残念。それから2軍に結構ベテランたちがいるのも個人的には寂しいです。がんばって上がって欲しいな。A-岡田だから難しいとは思いますが・・・。

来週の神戸で行われる楽天戦も見に行くつもりです!今度はKOSAKA#32のユニ着ていこうかな・・・。

コメントしてください