予告された敗戦の報告 week16 CIN@ビリーブランド

もう2018年も終わりですね。今年もいろいろありましたが、個人的な一番の驚きはブラウンズの試合を全試合見た(見る予定)なことです。今年の初めには思いもよらなかったなあ・・・もしかしたら来年は中日ドラゴンズの試合を全試合見るとか、カバーニを見にパリ・サンジェルマンの試合を見に行くとか、あるいは自分でカバディやっているかもしれません。

さて、好調のブラウンズは現在2連勝中。今度の相手は同地区のシンシナティ・ベンガルズですが、ベンガルズは6勝8敗と地区最下位。去年はブラウンズが最下位だったんですがね・・・全敗で。それがここまでやれるとは(といっても1分と1敗の差だけ)思いませんでした。

1Qはお互いパントを繰り返しますがブラウンズが先にTDをきめ0-7。メイフィールドのパスがさえます。その後もディフェンスがFGレンジに近づくとパスコースを上手く防いでなんと4Qまでベンガルズに得点を許しません。3Q終わりで0-24と完勝でした。もうこれ、ベンガルズ勝つ方法ないんじゃないか・・・なんて思っていたらベンガルズが凄まじい追い上げを見せ、18点とられてしまいます。ありゃりゃ・・・点を取られるのはいいけどあまりにとられるペースが速すぎるよ。しかし、最後はニーダウンを3度も繰り返して時間を使い切り、18-24で勝利しました。

なんと、3連勝。最終戦も勝って4連勝にしたいですね。相手はプレーオフのかかるレイブンズなので多分勝てないですけど、それでも勝ちたい!気持ちはYES!

ここまでの成績、7勝7敗1引き分け。

コメントしてください