NFL2018 NFCワイルドカードプレーオフ SEA@DAL

昨日の記事でタイトルが「グレムリン 新種誕生」に似てるといったら、あとで富井が、それなら「バーフバリ 伝説誕生」の方が似てると言われたマイク松ですこんにちは。バーフバリは見てない方が悪いというくらいおもしろいらしいですね。今度みてみます。

さて、NFLはNFCワイルドカードプレーオフ、SEA@DALです。

・NFCワイルドカードプレーオフ、SEA@DAL。実況は中村さん、解説は大杜さん
・序盤からすごいディフェンス合戦
・DALはWRがどしどしけがしていくし、SEAはCBがどしどし痛んでいました
・お互いにFGをとりあったあと、SEAがまたFGをとってリードします
・それまでディフェンス合戦でしたが、2Q終わりにようやくエリオットのランが出て、最後はギャロップがTDキャッチ、DAL逆転
・SEAは残り24秒でFG圏内まで持ち込みますが、FGははずれ、ジャニコウスキーがハムストリングをいためた感じ、前半は6-10でDALリード
・後半も相変わらずディフェンス合戦
・業を煮やしたSEAは4thダウンを使って前進、切り札のウィルソンのQBドローで逆転のTDをとりました、2ptも成功
・DALはクーパーの活躍で前進、プレスコットのQBランでTDかと思いましたがその前でダウン、最後はエリオットがねじこんで逆転しました
・そしてオースティンがまたいいキックオフリターンを披露、さっきは反則でノープレイでしたが今度はいいプレー
・しかしはじいたところをライトがINTで流れを切りました、相変わらずいいディフェンス
・そのあとお互いディフェンス合戦に戻りますが、DALオフェンスがパスインターフェアを連発してDAL前進
・止められそうになったときにプレスコットのスクランブルで1stダウンとりました、これは大きい、最後はプレスコットのスニークでTDとりました
・SEAもロケットへのロングパスを通して前進、バキシックとやらにTDパスを通しました、しっかり粘ってきます、ジャニコウスキーがいないので2ptにして成功
・しかしオンサイドキックはパンターが蹴らなければならず失敗でした、これで試合終了、SEA 22-24 DAL

・DALはプレスコットが22/33,226yds,1TD,1INT、あのディフェンスに対して十分頑張りました
・ランはエリオットが26att,137yds,1TDと勝利に貢献、レシーブはクーパーが7rec,106yds、もはやトリプレッツになってます

・SEAはウィルソンが18/27,233yds,1TD、よくがんばりました
・ランはさっぱり出ず全員で73yds、レシーブはロケットが4rec,120yds、ランがばっちり止められてました
・それでもディフェンスのがんばりで互角の戦いにしていましたが、なにげにジャニコウスキーの離脱が痛かったです

コメントしてください