しばられ地蔵尊にお参りしてきました

インフル全都道府県で警報レベルに。大変だと思うマイク松ですこんにちは。絶対にかかりたくないのですが、正直人混みにいかないくらいの対策しかなさそうです。

さて、今回はフォルス・スタート商会研修旅行で東京にいって、お寺めぐりばっかりしてきました。スポーツ関係ないって?実はとても大事な行事があったのです。

し ば ら れ 地 蔵 尊

東京・葛飾区にある業平山 南蔵院。ここにしばられ地蔵尊はいらっしゃいます。写真で見るとおり、お地蔵さんがめちゃくちゃしばられています。大岡越前の名裁きのエピソードとして知られています。ちょっとシャーロック・ホームズの罠的な感じもしますけどね。

ともかくしばられ地蔵尊はそういう経緯から、祈願するときはなぜか縄で縛り、成就したらほどいてさしあげるという感じになったそうです。僕が地蔵ならもうちょっと素直にお願いしてほしいと思います。

さて、なぜしばられ地蔵尊にお参りするかというと、当サイトでは長らくしばられ地蔵尊をネタにさせていただいていたからです。ミッキー兄さんの優勝のプレッシャーから自縄自縛になるとかいいながら。その御礼もかねてお参りしてきました。

南蔵院は意外に小さなお寺で、余計にしばられ地蔵尊のインパクトがでかかったです。せっかくなので縛らせていただこうと思いました。縄は豊富に用意されており、1本100円です。

富井は「家族が健康に」と至極まっとうなお願い事。僕は諸々のお願い事プラス、次世代の横綱が早く誕生しますように、とお祈りさせていただきました。

お参りした感想ですが、やはり何か象徴的なお参りをするのはおもしろいですよね。みんなが縛ることになった経緯とか。ということでやはり、ミッキー兄さんのお寺を建立するということがとてもいいことなのではと考えた次第です。お地蔵さんは地蔵菩薩なんですから縛るのに気が引けますが、ミッキー兄さん(の像)ならだいじょうぶ。なにしろ最初から縛られています。優勝へのプレッシャーに。

そんな姿に願いをかけ、プレッシャーに打ち勝つ力を授けたまえと願うことです。最近電車の中で受験生を励ます広告とかあってほんとに人ごとだなと思いますが、そんなのよりも受験生は摂理山 永世寺の縛られ光喜尊に願いを込めた方がいいでしょう。プレッシャーは全部ミッキー兄さん(の像)が背負ってくれます。背負っても背負っても強く、そして優勝できない。それがミッキー兄さんのプロビデンスなのです。祈りましょう。

ちなみにprovidenceは試験に出る英単語にも出ていたのでみんな覚えましょう。出てるの見たことないですけど。

コメントしてください