AAFというフットボールリーグが開幕したそう

マホームズのバスケはだめ。まあ確かにアンクルをブレイクされては困りますが、2秒で電話したというGMがおもしろいマイク松ですこんにちは。しょうがないですよね。

さて、NFLはスーパーボウルまで終わりましたが、このあと新しいフットボールリーグが開幕したそう。それはAAF。

“キックオフ”なしのAAFがいよいよ開幕

AAFはAlliance of American Footballで、8チームが所属しているそうです。

  • サンアントニオ・コマンダーズ
  • サンディエゴ・フリート
  • オーランド・アポロス
  • アトランタ・レジェンズ
  • ソルトレイク・スタリオンズ
  • アリゾナ・ホットショッツ
  • メンフィス・エクスプレス
  • バーミンガム・アイアン

当たり前ですがNFLチームがあんまりいないところにチームがあってうれしいですよね。サンディエゴはAAFチームはあるのか。NBAでよくみるチームが多いです。

さらにおもしろいことに、AAFは時短もあって、おもしろい独自ルールを設けているようです。記事から引用すると、

  • キックオフはなくて、いきなりスタート
  • AFFではタッチダウン後に必ず2ポイントコンバージョンを行う(キックの選択ができない)。また、オーバータイムでのフィールドゴールもない。
  • プレークロックは35秒(NFLのゲームクロックは40秒)に設定。リプレー検証は2回のチャレンジシステムで採用される。
  • オンサイドキックをなしとする代わり、”オンサイド・コンバージョン”の選択肢が加わる。残り時間5分以下で17点差以上のリードを許している場合、チームはタッチダウン後に28ヤードラインからフォース・アンド・12のコンバートに挑戦することが可能となる。
  • オーバータイムではそれぞれのチームに敵陣地10ヤードラインからのポゼッションが1回ずつ与えられる。タッチダウンのみが認められ、両チームのポゼッションが終了した場合はタイゲームで終了する。
  • スカイジャッジ・オフィシャルという審判員が導入され、ゲーム中のいかなる時でもプレーヤーの安全を配慮した違反行為などに対するペナルティの付与が可能。残り時間5分間からはパスインターフェアも監視する。

なるほどー。TDのあと必ず2ptはおもしろいですね。決まるかどうかほんとにわからなくなってます。

「オンサイド・コンバージョン」はすごいルールですよね。確かにオンサイドキックってなかなか決まらないし、これはどーんと追いつけそう。OTはぱっと片付きそうな上にすぐ終了する。エキサイティングです。

NFLはなかなかじかに見られそうにないですが、AAFはまだなんとかなるんでしょうか。だとしたらみてみたいです。

2 Comments

  1. YM5 より:

    マイク・マーツ率いるサンディエゴ・フリートの試合を少し見ましたが、選手がリズミック・パスオフェンスに慣れていないのか窮屈そう。(結局FG2本だけでした)

    リズミック・パスオフェンスは特殊で難しいシステムとはいえ、最大の見所がマイク・マーツのチャレンジというのはちょっと淋しいですね。
    足が入ってるか際どければ即チャレンジ!

    東で気になっていたオーランド・アポロズはスパリアーのファン・アンド・ガン(フィリースペシャルならぬオーランドスペシャル!)が炸裂していきなり40点となかなかのスタートでしたね。

    僕はアリゾナ・ホットショッツを応援する事にして、今日リアルタイムで見ていましたが、ジョン・ウォルフォードの4TDパスは見事でした。

    NFLではプレシーズンでカットされる選手の集まりでも、レベルが抜けている選手は前半ダメでもやはり修正力が違うし、収穫は多かったです。

    日本でもネットで見る事が出来るから、時間が合えば今後もアリゾナを中心に見たいですね。

  2. マイク松 より:

    YM5さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    ほんとだ!マイク・マーツってHCやってるんですね!うれしい!ありがとうございます!

コメントしてください