世界フィギュアスケート選手権2012(4):男子シングルFS

久しぶりにおいしい蕎麦食べたマイク松ですこんにちは。ほんとにおいしかった。新年度を乗り切るために、ルチンがっつり補給。

今日は世界選手権の男子シングルFS。どういう結果になるんでしょうか。荒れる春場所的な、結構混戦になってきて、すごい読みづらい。楽しみです。

世界フィギュアスケート選手権、男子シングルFS。実況は小林さん、解説は杉田さん。五十嵐さんは杉田さんのピンチヒッターだったんですかね。

ウズベキスタンのミーシャ・ジー。髪がもじゃもじゃしてます。3Aはツーフットで回転は足りてなかったか。3F+3Tはセカンドはぎりぎりでしたね。3Lzはまずまずも、次の3Lzで転倒。きついですね。結構以前よりレベルアップしている印象ですが。3Fはまずまず、3Loはいいジャンプでした。3S+2T+2Lo、2Aと跳べるジャンプはあるみたいで、ルッツフリップをなんとかできたらよくなるのかも。SlStは突然動きが激しくなりました。ステップだけすごい気合い入ってる。その一部をつなぎの方にももってきてくれよ。186.41。まずまずいい点出てますね。いろんな意味で可能性を感じます。

モナコのキム・ルシーヌ。やぶの精みたいな衣装。「ジャングル・ブック」。そういえばこれやるんでした。欧州選手権でみた。3F+2Tをまず成功。3Loも流れよく決めました。SP終えていい意味で肩の力が抜けてます。3Lzもいけてスピン。場内もリラックスムード。のってるのか体を多めにかいてます。がりがり。ジャングルの前衛的な小芝居が随所に入っておもしろいです。今までのは長いSlStだったのかな。3Sからキャメルスピン。以前より充実している感じですね。顔芸もすごい。3Lz+2Tから後半、3F+2Tと成功させてます。ジャンプのミスないですね。2Aから小ステップ、そしてカーブリフトのようなスパイラル?に場内大歓声。最後はスピンでフィニッシュ。これはいい演技!ミスもないし。友好国フランスでいい演技できましたね。181.37。シーズンベスト更新。

オーストリアのヴィクトール・ファイファー。3Lzは片手あげ。FSではきっちり決めました。3Loもおっけー。3Fはダブルに。3Lz+2T、2Aと1つ1つ確実にジャンプをきめてます。CiStは手足の長さをいかして。でもスピードが出せないから長く感じます。がんばれ。3S+3Tを成功。3T+2T+2T、2Aと決めてジャンプおわり。1つダブルになっただけでしたね。上等!スピンはシンプル、SlStも難しくなりませんでした。最後は不思議なレイバックスピンでフィニッシュ。ミスは最小限でいい演技できましたね。182.54。またメイドさんみたいなコーチがきてる。おつかれさまでしたご主人さまー。

ドイツのペーター・リーベルス。「レジスタンス」ほか。3Fは大きなジャンプもロングエッジ。ほんとはクワドルプルやろうかと思っていたらしい。3Aは詰まりましたが高さはありました。3Lzは空中でリカバー。ちょっとCiStでテンポを落としてしまいましたね。スローパートですがそこはもたせないと。3Aはがんばりました。あぶないところでしたが。3S+3Tはセカンドでステップアウト。3Loはおっけー。2A、3Tでジャンプ終わり。最後のSlStはがんばってました。ジャンプ以外のところでもっとメリハリを出せればもっとよくなりそう。今シーズンは出遅れたけど、最後にいい演技になりました。184.13。

フィリピンのクリストファー・カルーザ。昨シーズンは全米選手権に出ていたらしい。グリーグ「ピアノ協奏曲イ短調」。3Fはおっけー、3Lz+3Tはセカンドで回転不足。3Fとまずまずのでだし。CiStは手の動きもよくついてますね。躍動感あります。終わりに2Aからスピン。キャッチフットポジションはなかなか。アメリカ19位らしいですがもっといけそうですね。間にスパイラルをいれてきます。いいポジション。3Lo+2T+2Lo、3Sとジャンプはまずまずいい出来。ウォーレンからの3Lz+2Tはセカンドで手あげ。やりますね。SlStはまだ体力はしっかりあります。最後につまづいておもしろい形に。難しい入りからの2Aは手をつきました。スピンでフィニッシュ。会心の出来にものすごい喜びを爆発させてます。おもしろい。これはいい出来だったですものね。この調子でいいコーチに恵まれれば、フィリピンを躍進させる力になれそう。184.10。いいキャラしてるわ。

スペインのハビエル・ラヤ。「ニュー・シネマ・パラダイス」。なかなかいい滑りから2A。大きいですね。3F+2Tはあせったか回りきれずに降りました。3Fはステップアウト。シットスピンは柔軟性をアピール。3Lzは転倒。3T+2Tはぱぱっと。キャッチフットスピンもいいですし、そういう持ち味なんですね。CiStもなかなかディープエッジを使えてます。こういう選手アメリカにいそうですが、スペインの第2勢力としてがんばってほしいところ。2A+2T+2Tは決めましたがジャンプをがんばらないとですね。3Tはステップアウト。3SからSlSt。なかなかの表現力。これからの選手ですがフェルナンデスに負けないようにがんばってほしいです。167.48。

第2グループ。

小塚崇彦。ここで出てくるんですねー。「風の谷のナウシカ」より。4Tにいきますがダブルに。ちょっとタイミングあわなかった。4T+2Tは詰まりましたがなんとか成功。3Aは手をつきました。スピンはちょっと回転速度がつかなかった。さすがCiStはいいエッジワーク。3A+2T+2Loをなんとか決めました。いいぞ。ウォーレンからの3Fはダブルに。3Loは流れがある。3Sもクリーンでした。3Lz+3Tは降りましたが回転どうだったか。SlStは大きな表現。さすが表現面ではしっかり詰めてきてるんですね。今まででも伝わるものがありました。よしよし。問題を解決して来シーズンはいいものにしてほしいです。うわ!テトのぬいぐるみのせてくれてる!218.63。久美子コーチのいい笑顔でました。ありがたい。

ベルギーのケビン・バンデルペレン。何も気にせずいい演技してくれ。「仮面の男」。4T決めてきました!高いなー!トゥタッチあったらしいですが。3Aはいいですね。3Lzも流れありました。いい出だしだ。スピンはゆっくり。SlStは片足でがんばってます。いつもより多めに表現。3Fもビッグなジャンプ。3S+3T+3Tをばっちり成功!場内わいてます!3F+2A+SEQきました。笑顔でCiSt。その終わりに3Lo+2T、2Aをがっちり成功!最後のスピンまでばっちり演じました!最高ですー!きつそうでしたががんばりました。さすがケビン・バンデルペレン!僕は信じませんよ!来年もやってくれるんだろ?214.04。おつかれさま。

チェコのトマシュ・ベルネル。「シング・シング・シング」。最初は3T。4回転はやめました。3Lzも成功。いいぞ。3Aも決まりました。この調子でCiSt。余裕を持った円熟のステップ。密度だけじゃないぜというところをみせつけます。スピンもばっちり。「バラ色の人生」に変わってつなぎの部分も味わい深い。3Aはステップアウト。3Loもまずまずです。ウォーレンから3F+2Tは余裕をもって。3Fは成功も3Sは3連続にならず。SlStはこれまたよく音をとってます。ただだいぶ疲れてます。なんとか最後までがんばりました。よしよし。210.66。

中国のナン・ソン。「ハンガリアン・ラプソディ」。予選は1位。4T+3Tを見事に決めてきました!いいジャンプ。しかし4Tは転倒。うーん2つそろえたかった。3Aからスピン。このへんもしっかりしてるんですよね。SlStも躍動感がある。メリハリもあるし。少しつなぎの部分があっさりしててペースダウンしてしまいました。3A+2Tはでかい。3Fはアウトエッジになりました。3Lzがダブルに。3SからCiSt。ちょっと疲れてしまいました。2A+2T+2Tからスピンでフィニッシュ。ソンにしては結構ぽろぽろ取りこぼしてしまいましたね。216.33。あれ?コーチが何かに操られているように口をぱくぱくしてました。

ロシアのセルゲイ・ボロノフ。ケビンみたいな衣装だ。痛み止めを打って出場。「道化師」。4T決めてきましたよ!根性です。3Aもいけてます。出だしいいぞ。3A+2Loは間にターンが入ってしまいました。スピンはゆっくりになってしまいました。CiStはだいぶ動作がyっくりになってる。しんどいんかな。3Fはロングエッジとられた。2A+3T+2Tはまずまず。3Lo+2Tもいけてるんですが、だいぶ演技のテンポが悪いです。3Lo、3SからSlSt。エレメンツは決めてるんですが、特に表現するものが伝わらないのはなんとかしてほしいです。どこかでみたステップ。最近の傾向ですかね。210.04。

ロシアのアルトゥール・ガチンスキー。ロシア続きます。「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」。4Tは転倒、回転も足りてなさそう。4Tのコンビネーションはまた転倒。ぐわー。3A+2T+2Loはばっちりでしたが2転倒はきついな。がんばれ。3Aは高い。キャッチフットスピンからCiSt。いい表現できてます。やっぱ世界選手権に向けてしっかり磨いてきてます。しかしここからというところで3Lzがダブルに。3S、3Loはいけてました。2A+2A+SEQもばっちり。最後の方にはまとめてきました。SlStからスピンでフィニッシュも、205.06。ボロノフより下ってどういうことですか。もうー!

ケビンはもう最後にふさわしいいい演技ができたから思い残すことはないわいといってました。今後はプロになりたいけど簡単じゃない、コーチの仕事は月曜から始めるわといってました。とにかくベルギーの次世代を作らないとね。競技は続けてほしいけど、ベルギーの明日を考えるとそういうわけにもいかんですかね。うーん。

第3グループ。

アメリカのアダム・リッポン。バッハ「G線上のアリア」「トッカータとフーガ」。4Sは転倒、回転も足りてなさそう。3A+2Tはステップアウトしたしコンビネーションにならなかったですね。3Loからスピン、そしてCiStはさすがの表現力。おだやかな音楽にすごくフィットした滑りです。荘厳な音楽の中3Aでステップアウト。かわいそう。3F+3Tはばっちり決まりました。3Lz+1Lo+3Sは回転が足りてないみたい。あれ難しいですよね。SlStはCiStとは違ってアクティブ。2Aから最後はドーナツスピンでフィニッシュ。うーんジャンプ失敗がだいぶ多かったですねー。あぎゃー。216.63。

カナダのケビン・レイノルズ。クワドルプルを3回やるらしいですよ。「クロノ・トリガー」。4Sはばっちり決まりました!キレ抜群!続いて4Tに挑みますがダブルになりました。3Aはツーフットで回転が足りてないか。3Loはクワドルプルかといわれていましたが普通にトリプル。CiStはすごく動きがありますね。結構ここにあわせて演技磨いてきたんですね。スピンもしっかり。4T+2Tをここで入れてきました!やった!後半にクワドルプル!2A+3Tも成功、スパイラルから3Lzと、3S+3T+2Loと成功!セカンドの3Tは回転足りてないか。それでも最後まで演じきりました。あいかわらずそろえられないやつですが、それでも後半にクワドルプル決めたのはえらいです。熱いヤツだった。217.20。

カザフスタンのデニス・テン。「アディオス・ノニーノ」。4Tは高くてばっちりのジャンプ!3Aは高さがありましたがステップアウト。がんばれ!3A+2Tはリベンジでしっかり。3Loも成功。CiStをみてもすごい調子よさそう。久しぶりですこんなにいいデニス・テンは。このままいってくれ。キャメルスピンでしっかりレベルをとってます。3Lz+1Lo+3Sをここで入れてきました!回転は足りてないらしいけど。3Lo+2Tは決めましたが次が2F。がんばれー!大きな2Aを跳んで、SlStも大きな表現。これはいける。いけるぞ。最後もA字スピンでフィニッシュ。これはがんばりましたね!やったやった。久しぶりですこんないい演技したの。しっかり仕上げてきましたね。229.70!キャロルおじいちゃんが「まじかよおい!みろよあの点!」って驚いてました。ランビエールにクワドルプルを教えてもらったらしい。表現も学んだのかな。ともかくこれでひとけた順位いけたんちゃう!ラキムが、ラキムが世界選手権に!

アメリカのジェレミー・アボット。杉田さんによると有香ちゃんは、ジェレミーはすごい才能もってるけど、デリケートな部分もあって難しいところもあるといってるらしい。おもしろい。

ジェレミー「あかん!この氷あかんわ!跳ばれへん!」
有香ちゃん「だいじょうぶやジェレミー!あんたはでける!でけるから!」
ジェレミー「そないいうたってあかんもんはあかんわコーチ!」
有香ちゃん「氷はどこにでもあるやろ?整氷係のおっちゃんによういうとくからがんばり!」

「エクソジェネシス交響曲」。叙情あふれる表現はいつもの通り。4Tはなんとか成功しました!やった。3A+2Tはアクセルのランディングで乱れましたが、まあ上出来です!スピードある。3Fも難しい入りでしたがいけてます。CiStも気合い入ってますね。すごく会場を引きつけるいいステップ。3Aは軸が傾いて手をつきました。どんまい!3Lz+3Tは成功。よしよし。3Loはシングルに。ぎゃー。3Lzは回転が足りてないみたい。もうちょいがんばれ!高速スピンからSlSt。しっかり音楽と融合してます。3Sはなんとか。スピンでフィニッシュ。いつもよりはよかったですが、ミスもありましたね。でもベストは尽くせたかも。有香ちゃんがピノキオみたいな人形もってる。226.19。

羽生結弦。いい演技してほしいです!「ロミオとジュリエット」。すごい気迫。4T決めてきました!よっしゃ!イーグルからの3Aもクリーンですね。3Fもばっちりです。これはいけるぞ。安定したスピンから音楽表現。うまく静けさをつかって物語を作ってます。いいぞ。3Lz+2Tはしっかりふんばって手あげの2Tもつけてます。メンタル強い。CiStのエッジワークもスピーディでなめらか。と思ったらなんかで転倒。なんでだ。しかし3A+3Tを何もなかったかのように成功。3Lz+2T+2Tも跳んだ。疲れてきてると杉田さん。がんばれ!3Loもいけてる。コンビネーションスピンも質が高いですね。吼えるようにSlStに向かっていきます。伝わる気迫。3Sもなんとか持ちこたえ、最後のコンビネーションスピンも気迫で演じきりました!ベリッシモです!ガッツポーズができないほど疲弊していましたが、精神力で演じきりました。すばらしかった。冬美ちゃんのようにお礼をいってました。うわー!251.06!コーチすごい涙ぐんでます。

イタリアのサミュエル・コンテスティ。またこいつ順番悪いな。クワドルプルを入れていないのでがんばらないと。「バラ色の人生」。3Aは大きく決めてきました!3Fもしっかり。3Lzと出だしはいいですね。スピンはゆっくり。CiStもいい演技してるんですけど。3A+2T+2Tを大きく決めて場内も沸きます。3Loも成功、お父さんステップを入れながら2A。この音楽でリズムを重視しながらジャンプを決めるのって大変。3S+3Tはセカンドでステップアウト。惜しい。3S+2A+SEQからスピンでフィニッシュ!いい演技でした!ミスは1つだけだしコンテスティのベストは尽くしましたね。224.89。パーソナルベスト更新。

最終グループ。

フランスのフローラン・アモーディオ。オリジナル曲らしいです。4Tは詰まりましたがなんとか降りました。よしよし。3A+2Tはセカンドは手上げ。気合い入ってますね。スピンもしっかり軸を安定させてます。CiStはすばらしいダンス発動。得意なダンスを入れて場内を盛り上げてます。自由自在です。スピードにのった滑りからの3Aは流れがあります。いいぞ。3Lz+2T+2Tはサードで手上げ。今日は調子いいですね。このままがんばれ。3S+3Tをここで決めました!3Lzはダブルに。タイミングがあわなかった。3Fはアウトエッジでしたね。2Aでしっかり場内をアジってSlSt!すごい盛り上がりの中いいダンス。最後は十字を切ってフィニッシュ!おおーやりました!地元で最高の演技できましたね!243.03。パーソナルベストを更新してきました。やった。

フランスのブライアン・ジュベールお父さん。さらに盛り上がる場内。がんばれ。「マトリックス」。4Tをばっちり成功!よっしゃ。次のサルコウは3Sにしてきました。確実にいこう。3A+3Tをきれいに跳んだ。お父さんのジャンプ戻ってきてますね。スローパートはお父さんらしくおおざっぱに。3Aは詰まりましたがうまくリカバー。このへんはベテランですね。スピンはしっかり軸がとれてます。CiSt片足でも全然スピードが落ちない。3S+2Tは成功。3Loは回転がやや足りないらしい。ほんと?3Lzをしっかり跳んで盛り上がるSlSt。一気に滑りました。3F+2A+SEQを跳んでガッツポーズ。フィニッシュでまたガッツポーズ。氷にキッス。やりましたねお父さん!今年の調子を考えればよくここまできましたよ。よっしゃ。十分がんばった。244.58。2位にきました!すごい!

スペインのハビエル・フェルナンデス。SP5位なんですね。「椿姫」。4Tを高く決めてきました!4Sはステップアウト。でもまわってました。しかし3Aは転倒!ぎゃー。アクセルで転倒するの珍しいですね。CiStはよくがんばってますしそのままスピンに。回転が速いです。そしてスローパートでも十分に音楽表現ができているのがすばらしい。3A+3Tはセカンドが回転足りないぽい。3Lzはダブルに。うーん。3S+2Tも飛び急いでる。2F+2T+2Lo、2Loとミスが続いてしまいました。あーこれが世界トップの戦いですかね。これをほんといい経験にしてもらいたいです。終盤はがっかりしてしまいました。うわーお通夜キスクラ。225.87。

高橋大輔。高橋はやってくれるでしょう。「ブルース・フォー・クルック」。4Tは詰まりましたが大丈夫そう。3Aはパーフェクトですね。3Sも流れがいいです。いいポジションのキャッチフットスピンからCiSt。相変わらず難しいステップを音楽にしっかり調和して、豊かな表現で滑ってきますね。すごい。3A+3Tをなんとか決めました!よし。3F+2Tは余裕あります。3Loも成功。がんばれ!3Lz+2T+2Loも決まった!3Fは回転ぎりぎり。SlStはチェンジオブペースも躍動感もすばらしすぎ。最後のスピンもしっかり決めました!いやーすばらしい!この舞台でこの演技!やりました!259.66。カメレンゴさんもリンクサイドで盛り上げてました。

チェコのミカル・ブレジナ。「アンタッチャブル」。3Aはでかい!余裕ありますねー。そして4Tは転倒してしまいました。いたいー!4Sも手をついてしまいました。これはきついなー。がんばれ!CiStはすごいリズムを意識して1つ1つがんばってます。3A+3Tをでっかく決めましたが、セカンドは回転不足。3F+2Tも詰まったし、3Loもオーバーターン。持ち直せ。3Lzはいいジャンプ。3S+2Tはセカンドはよくない。それでも気力を振り絞っていいSlSt。最後までがんばりました。うーん欲がでましたかねー。気負いすぎたか。239.55。もったいない。もったいない。

最終滑走はカナダのパトリックちゃん。普通にやればかわせると思うのですが、いい演技期待したいです。「アランフェス協奏曲」。速い。4Tは完璧に決めてきました。あの速度で。4T+3Tも完璧。杉田さんが「うわー!」っていいました。できばえに。3Aも成功。CiStもしゅるしゅるというきれいな音だけが響いていきます。スゴイ出来だ。3Lz+1Lo+2Sはループが半回転。3Loは成功ですね。ウォーレンからの3Fもきれい。しっかりリカバーしてますね。コンビネーションスピンも速い。3Lzからイーグルでアクセルにいくところで転倒してしまいました。ダブルなのにもったいないな。しかしSlStと最後のスピンでしっかりフィニッシュ。完璧な演技ではなかったですが、まあ逃げ切るには十分でしょう。266.11。あータイムバイオレーションもとられてますが、それでも余裕でした。

○最終順位:
1. パトリックSAKURAちゃん
2. チェリー高橋
3. ハニューの桜
4. さくら、お父さんだよ
5. フラワーアモーディオ
6. ブレジナ桜が風に舞う

優勝はパトリックちゃん。1つエレメンツがなくても勝てる力がありますよね。今回の演技は完璧ではなかったですが、オリンピックの金メダルをとるために大事な経験だったのかもしれません。アクセルで転んでしまったのは音楽に遅れてしまったらしいです。インタビューでは完璧なフレンチと英語で、ペーゼラのインタビューに答えてました。

2位は高橋。FSの演技もすごくよかったし、2位にふさわしい、トップにもふさわしい演技でした。そして3位は羽生。ものすごい気迫と気合いで3位に滑り込みました。被災地の人たちのために滑るのではなく、被災地の方に元気をもらって滑ることだといってました。何よりだと思います。3年連続で表彰台、今回2人が表彰台に上がったのは初めてだそうです。

4位はジュベールお父さん。すごく充実感と手応えのある大会になりましたね。正直調子が上がらずお父さんどうしたのかなと思っていましたが、ここで大復活。うっとうしい自信も戻ってきたようでよかったです。お父さんはそうでないとな。5位はアモーディオ。ここまでこられたのは意義深いと思います。意気軒昂の様子、頼もしいです。

6位はブレジナ。フェルナンデスとともにオマエたちにはジャパンのヨコヅナ・グランドチャンピオン、フタバヤマの「いまだ木鶏たりえず」の言葉を贈りたいです。まだまだ強くなれますからね。

ちなみに7位にはデニス・テンが入っています。ひとけた。これでラキムががんばれば世界選手権に出られるのです。ラキムスマイルがショック・ザ・ワールドな日も近い!

そしてバンデルペレンは15位。FSは10位でした。思えばこんなに夢見させてくれる選手もいなかった。銀盤の柳沢慎吾のように、すがすがしく競技を終えようとしています。またプロとして、コーチとしてがんばるみたいですが、いつでも戻ってきていいからね。とりあえず、いい夢見させてもらったよ。あばよ!

2 Comments

  1. area より:

    こんにちは。旧(?)False Startの時にもコメントさせてもらってました。

    今回の男子は面白かったですよね。
    アクセル1個抜けたチャンに、それでもタカハシ勝てないのかなぁ・・・という点はちょっと残念ですけど、そのタカハシも全部の流れが素晴らしかったし、それとは別のベクトルでパッション振りまいてジャッジのオヤジ(オヤジじゃない人もいるけど)にも愛され上手な羽生くんも素晴らしかったです。
    (彼の、本番に強いところが大好きです)

    ところで、モロッコのキム・ルシーヌ。私も欧州選手権で見て注目してましたが、地上波ではもちろん放送ナシなので今回の演技は見れませんでした。
    元々フランスの選手らしい小芝居精神が生きていて、今後も是非注目したいです。
    そういえば、フランスの井川(プレオベール)は今回、フランスのTVの解説者だったらしいですが、現役引退してるんでしょうか?
    もうちょっと見たいのですが・・・。

  2. マイク松 より:

    areaさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
    いつでもコメントいただければ。お返事が遅いですが(すみません)。

    ルシーヌは不思議な魅力のある選手ですよね。いいコーチにつけばおもしろい存在になりそうです。
    プレオベールそうなんですか?いやゲスト解説者とかそういうやつで。まだまだやってほしいです。

コメントしてください