事件から たのしいメッセージの やりとりが

ミッキー兄さんへ

大相撲の力士、親方、関係者のタイホが相次ぎましたす。たくさんのトバークが行われ、大相撲関係者を混乱させ、力士、親方を苦しめていました。私は理事長という立場で心を痛めてきました。

こんなことがなぜ続くのか。ミッキー兄さんのほかに、いったいだれが永世大関なのか。
今回は、理事長が私でよかったと思っています。
大学相撲のスーパーエースとして鳴り物入りで角界入りし、同じ鍋のちゃんこを食い(部屋だから)、横綱に向かって、悔しいときも悲しいときもハチナナのときも本気で涙を流してきました。ファンに愛され、(稽古場では)強くある稽古場横綱を目指し、6場所連続ハチナナ、永世大関昇進も成し遂げました。

大相撲を育てたり育てなかったり、守ったり守らなかったり、停滞させたりしてきた偉大なオーゼキどもがたくさんいられます。未来へ夢をつなぐ若手もいれば、あんまりつなぎそうにない先輩もいられます。ミッキー兄さんもその一人です。

偉大な永世大関であることを誇りとして、これから焼き肉屋がんばってください。
永世焼き肉屋にはまだ間に合います。

理事長

ミッキー兄さんへもまずはこんなメッセージが送られてほしかったなと思うマイク松ですこんにちは。そしたら理事長へっていうメッセージが送れたのに。あと自分で書いて気づきましたが、永世焼き肉屋さんへの戦いはすでに始まってるんですよね。食べに行かないと。肉を。

突然なんだかよくわからない事件が降ってわいています。とりあえず何かをもみ消すために、よくわからない人たちに1億円払ったらどうなるんでしょうか。ちなみにミッキー兄さんは問答無用で解雇されちゃいましたが。

ともかくタイミングといいネタの質といい、ダメージ度がかなり高そうですよね。

大相撲も新しい時代に突入しましたが、ハチナナの丘で人柱になった永世大関がいることを忘れず、まだ危機は去っていないことを忘れず、土俵の充実に努めてほしいですね。

不思議なメッセージのやりとりでそのことを思い出しました。今時お手紙の交換て。こんな不穏なやぎさんゆうびんみたいなのはじめてみました。読まずに食べればよかったのに。

きよたけさんゆうびん

きよたけさんからおてがみついた
たつのりさんたらよまずにたべた
しかたがないのではんろんした
まだまにあいます

たつのりさんからおてがみついた
きよたけさんたらよまずにたべた
しかたがないのではんろんした
わたしはかんちしておりません

でもいろいろ妄想がふくらみますよね。実はキヨタケは聖ハラと魔ハラの魔ハラで、2人は同一人物とか、このメッセージを書いてるのが全部色紙の妖精とか。今日はこれを肴に富井と語り合おうと思います。10分ほど。

カテゴリー: お知らせと雑文 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。