フィギュアスケートグランプリシリーズ2010 スケートアメリカ(1):男子シングルSP

岩村が楽天に。ほんとならすごくうれしいマイク松ですこんにちは。働く場所があるのはいいこと。そういえば三塁あいてたんですね。また仙台いかないと。

休日出勤でへとへとなのですが、火曜日から静岡にいかなければならないので、今のうちにスケートアメリカみておきます。今日は男子シングルSP。時差の関係で今日から放送なんですね。

フィギュアスケートグランプリシリーズ、スケートアメリカ:男子シングルSP。実況はカクザワ、解説はサノさん。久しぶりだなカクザワ。

村上大介。すごい表情で始めています。なんだこれは。バッハ「トッカータとフーガ」。3Lz+3Tはいいジャンプですね。3Aも成功、いい笑顔。3Fも決まってジャンプは成功。スピンはトラベリングがすごいですが回転は速い。何より気合いを感じますね。ステップの途中でズボンのひもがはずれてしまいましたが、ステップは普通に続けていました。片足で半分やってましたね。演技終わってガッツポーズ。いい出来でしたねー。67.01。パーソナルベストでうれしそう。

アメリカのアルミン・マーバヌーザデー。カクザワは最初アーミン・マバヌザーデとかいってましたが、そっと言い直しています。「マリオ・テイクス・ア・ウォーク」。3Aは手をつきましたね。なかなか手の表情が豊かな選手。3F+3Tは決まりましたね。セカンドが高かった。ドーナツスピンもポジションがいいです。表現力あります。ステップからの3Lzは流れがありました。スピンのクオリティも高い。そういえばこれ昔スルツカヤが演じてたやつですね。なつかしいー。ステップもすごいうまいじゃないですか!昔からこんなにうまかったっけ。富井も驚いてました。密度も濃いCiStで場内も盛り上がります。最後もとてもよかったです。だいぶ練習したんでしょうか。こいつ全然期待できるじゃないですか!早くいってくれよ。67.61。

オーストリアのビクトール・ファイファー。歯が痛そうなポーズから。映画「マスク」より。最初は2Aから無難に。3Lz+3Tはルッツへの流れがよかった。3Fはダブルになりました。まだジャンプは仕上がってないか。でも滑りの良さでカバーしていきましょう。おもしろいポジションのスピン。おおっ衣装が変身した!ユニークな工夫ですね。場内も盛り上がります。ステップはもうちょっと躍動感がほしい。場内を引きつける魅力が出せればいいんですが。と思ったらスピンのポジションがまたおもしろい。カメみたいでした。ジャンプが仕上がればもっとあがっていけそうなんですが。55.01。

アメリカのスティーブン・キャリエール。久しぶりやのう。映画「シカゴ」より。オマエものんびりしている場合ではないなと思ったらおもしろい顔から始まりました。3Aからものすごい豪快な転倒。すごい。転倒でGOE加点がつくとしたらあの転倒ですね。3Lz+2Tは3-3にならず。3Loは流れのあるいいジャンプでした。スピンからちょっとした表現力があるのはさすが。ステップはすごい明るくおもしろい動きをつけています。みていて楽しい。最後はスピンの連続。ポジションチェンジも足かえも見事でした。ジャンプがもっと仕上がっていればというところでした。59.14。

カナダのショーン・ソーヤー。アメリカのスノボチャンプはショーン・ホワイトですよ。(自戒)。映画「Mr.& Mrs.スミス」より「アサシンズ・タンゴ」。3Aはツーフットで転倒してしまいました。やっぱり3Aはまだのようですね。3F+2Tは流れがありました。激しいレイバックのイナバウアーは見事。3Lzはダブルになりました。あとは遠慮なく表現につっこみましょう。柔軟性をいかしたスピンポジション。SlStではバランスを崩したところもあったか。でもさすがの技術をみせてくれました。最後は180度開脚スピンでフィニッシュ。さすがです。またキスクラに男前で仮面ライダーみたいなコーチがいる。56.94。

中国の宋楠。世界ジュニア2位の実力をもってます。映画「レクイエム・フォー・ア・ドリーム」より。3Fはステップアウト。高さはありましたが少し助走でスピードが落ちてしまいました。コンビネーションにならず。3Aはばっちりですね。3Lzもステップから流れがありました。シットスピンはもっと深くできそう。SlStは大きな動き。身長と手足の長さをよくいかしてます。スピンから最後のポーズまでしっかり集中力をもって演じていました。力ありますね。もっとよくなりそうです。62.21。

うわー!リンクサイドに濃いメンバーが並んでる!濃い!

カザフスタンのデニス・テン。NHK杯からどの程度上げてきてますかね。「ブエノスアイレスの春」。3Aは高いジャンプでしたが転倒。3Lzもオーバーターンがありましたがコンビネーションはつけてます。3Fは手をつきました。まだジャンプの調整は途中といったところでしょうか。あとを楽しみましょう。軸のしっかりしたスピンから踊りまくるステップ。ランビエールの振り付けをしっかりこなしてますね。SlStは勢いとタンゴのリズムを融合させていました。最後はドーナツスピンでフィニッシュ。うーんまだまだですね。キャロルおじいちゃんは怖い顔です。64.50。

きたー!アドリアン・クチピー・シュルタイス。心なしか悪のオーラが戻ってきているような気がしますが気のせいでしょうか。「スキューバ」。何かを丸めて作っています。なんだろう。3Lz+3Tはジャンプの間に時間がかかりました。3Aは手をつきました。スピンは中途半端か。それよりこんな音楽だったっけ?わりとクチピーらしさが戻った演技になっているような。にょろにょろした動きもあった。3Fは流れがありましたね。スピンは手堅い。ジャンプして足かえ。CiStは独創的な動きもいれて最後は何かを追っていくような視線でフィニッシュ。だいぶNHK杯とは違った改良を施しています。というか保護観察官がいない!へびをまたもらっていますが、点が出たらとことこ帰って行きました。63.71。謎だ。何が起こったんだ。

アメリカのアダム・リッポン。チャイコフスキー「ロミオとジュリエット」。3Aはステップアウト。少し踏み切りがあいませんでしたね。でもつなぎの部分はうまい。3F+3Tはしっかり決めてきました。ドーナツスピンは軸が微動だにしません。両手あげの3Lzはばっちりでした。場内ももりあがる。SlStはカナダよりももっと細かく、表現が洗練されている印象。最後のスピンは回転が速かったです。3Aはミスがありましたが、全体の表現はクオリティが上がっていた感じでした。73.94。

ベルギーのケビン・バンデルペレン。いつものようにあたたかく見守りましょう。今日の体力はどうかな?「ロミオとジュリエット」より「アート・オブ・ウォー」。3Aをキレよく跳んできました。よし!3Lz+3Tも流れよかったですよ!3Fはダブルになりました。まずまずですな。ステップをはさんでのスピン。ゆっくりすぎて新しい表現のようです。ステップは特に工夫とかはないです。ある種の潔さがそこにはあります。ゆっくりしたスピンから、最後は不思議な中途半端なポーズでフィニッシュ。上出来です!62.22。前回はSP悪かったから、今回はむしろよくなってた。ナイスですよ。

高橋大輔。いや安心してみられますね。今日はどうかなという気持ちはないです。「ある恋の物語」ほか。3Lz+3Tはとてもクリーン。ジャンプの間の演技でももりもり表現。3Aはなんとかかんとか。うまく表現でごまかしてます。あのへんのバランスもいい。ポーズのたびに歓声があがります。早いスケーティングからの3Fはステップアウト。スピンからSlSt。踊りまくりのキレありまくりです。マツケンサンバのステップも入れつつ、エッジワークで場内を盛り上げる力があります。スピンでフィニッシュ。やはりジャンプのミスがあったか苦笑いですが、優勝のためにはこれくらいのSPでいいでしょう。ついそう考えてしまうんですが。78.12。あ!あれでもNHK杯こえてるんだ。

織田信成将軍パパ。吉田兄弟「ストーム」。3Aは流れがありました。さすがの足首。3F+3Tはセカンドの方が高かった。スピンもきびきびこなします。スムーズな滑りから3Lzはクリーンすぎますね。よどみないスピンからSlSt。レベルをとる努力をしっかりしている感じですね。最後のスピンは忍者のよう。回転が速いです。最後まで完璧な滑りでした!やりますね将軍パパ!79.28!うおー!すばらしいです!

○SP終わっての順位:
1. 織田将軍大統領
2. 高橋副大統領
3. リッポン国務長官
4. マーバヌーザデー財務長官
5. 村上国防長官

SPトップは将軍パパ。今日の滑りはなにしろパーフェクトでした。暴れん坊将軍といったところ(織田家じゃないけど)。音楽の解釈も進んでますし、将軍のいいところがばっちり出せました。FSでもミスをしなければ勝てますよ。当たり前かもしれませんが、高橋に勝つにはそれしかないですからねー。そういえばスケートカナダもSP1位でした。

2位は高橋。今日はジャンプのミスがありましたがとりあえずいい演技。むしろFSで逆転だと気合いが入っているでしょう。将軍には強く生きてほしいです。3位はリッポン。さすがの表現力でするっと3位。表彰台もするっと実現してほしいです。

4位にマーバヌーザデーが入りました!これが今回一番の驚き。以前はそんなにぱっとしなかった印象ですが、1年たって細かい表現力と滑りのうまさを手に入れていました。だれだ指導したの。すごいよ。アメリカは次代がしっかり育ってますね。5位は村上大介。同じ時代に高橋大輔と村上佳菜子がいるというザ・因果な男。False Startはそんな村上大介を応援しています。

4 Comments

  1. medi より:

    マイクさん、こんばんは。
    保護観察官がいないのが気になって、どうしたのか調べてみました。
    かなり体調が悪いらしく、病院に運ばれたそうです。
    6分間練習の時にはいたので、ギリギリまで我慢していて倒れてしまったのかなー、と…。
    さっきまでいたはずのコーチがいないから、クチピーもキスクラでうろうろしてたんでしょうね。
    FSには来れましたが、クチピーの演技後また病院に戻ったそうです。
    NHK杯のときはいつもどおりニッコニコだったのに心配だ…はやく元気になりますように。

  2. ゆみさまま より:

    おはようございます~。
    大ちゃんのジャンプ。確か最初のコンビネーションが、フリップートゥループで、ステップからのジャンプがルッツだと思います。
    演技後のインタビューで「スピードがつきすぎて、それでも抑えたけど抑えきれなかった」と言ってました。
    解説のミノール・サノ氏も「上がりすぎて、回りすぎた」と。
    ジャンプが失敗しても(転んではいないので、失敗とは微妙に違うのかな)ステップだけであそこまで盛り上げられるのは、「高橋大輔」だからですよね。
    何回見ても飽きないです。

  3. のんのん より:

    ・・・ちっ、カクザワが帰ってきやがった。

    それはともかくこんにちはー。
    保護観察官の早期全快を心よりお祈りします。あんなデリケートそうなクチピー君初めてみました。
    アルミン君、ほんと、こんな上手でしたっけ?あと、音楽がトリノのスルツカヤを思い出して・・・(泣)
    そういえばキャリエール君って前から小芝居が割とうまかったですよね。楽しいプログラムだー。
    リッポン君も相変わらず安定してるし。
    中国でムロズ君も良かったし、今年の全米男子は凄くなりそうですね。

    今シーズン、ケビン君が安定してるのが嬉しいです。頑張ってー。

  4. マイク松 より:

    みなさん、こんにちは。コメントありがとうございます。遅くなってごめんなさい。

    >mediさん

    保護観察官のこと、教えてくれてありがとうございます。やはり保護が大変なんだろうか。
    彼がいてこそクチピーもやんちゃできるんですから、元気になってほしいです。がんばれ保護観察官。

    >ゆみさままさん

    今年もさすがのステップですよね高橋。楽しませてくれます。おなじみですがすごいことやってるんですよねー。

    >のんのんさん

    スルツカヤ思い出しますよねー。レキシを背負って強くなったのでしょうか。

    ケビンが調子いいのはちょっとおもしろくて頼もしいです。まだまだやれるぜ。

コメントしてください