ティーボウさんの就職先がまだ決まってない

アスパラガス食べて元気になったマイク松ですこんにちは。

さて、このサイトでもよく取り上げているティーボウさん。ドラフト終了後にNYJから放出されてしまったのですが、その後まだ就職先が決まってないようです

記事ではNEやSEAやOAKが興味を持っているといわれていますが、まあ実質どこも取る気は無い状況。これだけの人気があって引退はないと思うし、アリーナかCFLで時節を待つしかなさそうですね。

ティーボウは能力がないわけではないですし、リーダーシップにもすぐれている。DEN時代にはチームを救い、プレーオフで1勝した実力があるわけです。しかし実力だけでは就職できない、もっといえば人気がありすぎて就職できないということもあるんだなと思う次第です。

ドラフト後で先発候補が埋まっている以上、入るとしたらバックアップなわけで、そしたらちょっとチームの調子が悪くなると、人気のあるティーボウを出せというプレッシャーがきつくなるでしょう。チームはそれをいやがっているのかもしれません。

そう考えると、オレたちのセクシー・レクシーさんや、全米嫌われアスリートランキングで堂々4位のカトラーさんが就職できているところもわかるような気がします。

セクシーさんはまさにサイドライン力といいますか。ヘルシーなのにサイドラインという役割を堂々と演じ、後輩を育てています。そしてなぜかピンチになる先発QB。そこでヘルシーなのにサイドラインにいるセクシーさんの出番がきてしまうわけです。問題はそこからチームをもり立てるような活躍はしないんですが。それも含めてサイドライン力ですね!

カトラーさんはなにしろ全米4位の嫌われ力をもっているわけですが、それでもCHIの先発QBの座を譲っていません。それはなにしろ「強いカトラー」の力をもっているからです。いいときのカトラーさんは手がつけられないクォーターバッキングを見せつけます。しかしあいにく「弱いカトラー」の力ももっていて、そのときには7sck,4INTの夢をみたりするのでなんとも。ともかく全米から嫌われていても、安定して無くても、圧倒的な強さをもっていれば、雇用は確保できるということになるのです。

ティーボウさんも参考にしてみてください。まだまだシーズンも始まってない。何かあれば出番はきますよ。

コメントしてください