川崎は残念ながらマイナーに降格

カトーCに責任ない。またうやむやエナジーを高めているなと思うマイク松ですこんにちは。そりゃそういうよね。

さて、レイエスの負傷でコールアップされ、あっという間にトロントの人気者になってしまった川崎。みんな川崎が大好き。この愛され力、傾世元禳でももっているんじゃないかと思わせます。

しかしレイエスも負傷がいえて復帰。川崎がどうなるかが取りざたされていましたが、やっぱりマイナーに降格になったそうです。

あんなにがんばってて、あんなに愛されてるのになぜ!?などと思う人もいるかもしれませんが、そこは田口の本で学習済みなのでだいじょうぶ。あわてません。メジャーリーガーの契約にはマイナーに落とせない条項が盛り込まれていることが多いからです。

特に田口の本に詳しいオプションの仕組みは複雑ですが、考えようによっては順調にメジャーで経験を積んでいるのはすばらしいことともいえますよね。ともかく川崎は落とす人が他にいないから落とされてるわけなので。

川崎はそれを知ってか知らずか、いさぎよく「死ぬわけじゃない」「またほかのグラウンドで野球を楽しむ」「もっと実力を上げたい」などと語っていました。インタビューにはちゃんと通訳がついてきて、メッセージを伝えたおかげで、トロントの新聞には川崎の長い長い記事が載っていました。すごい。

それに同僚も別れを惜しんでいた様子。「誰もが彼に恋に落ちていた」ですよ。すごい。「彼はファンの間で不思議なヒーロー(cult hero)であるように、クラブハウスの中でも不思議なヒーローだった」ですよ。ありがたいことです。そして普通は特に何もいわずに、翌日みんなが気づくというパターンなのに、ちゃんとカントクがチームに説明したそうです。異例や。

今みたら「川崎がいなくてさみしくなる13の理由」っていう記事がもう出てた。(1)気高さ、(2)元気になる笑顔、(3)ダンス、(4)ポジティブエネルギー、(5)川崎のファン、(6)おもしろい発言、(7)英語をしゃべろうとする、(8)試合後の記者会見、(9)ファンとの交流、(10)勝負強いバッティング、(11)丁寧なおじぎ、(12)独特のセレブレーション、(13)次のホームラン、という感じでしょうか。ここまでいわれる外国人が日本にいるでしょうか。

新たな負傷者が出なければ、コールアップは9月の40人枠拡張までなさそうですが、しっかり経験を積んでもらいたいですね。3Aの試合にめっちゃ人が増えたりしたらおもしろいのに。

だいじょうぶ、川崎はもってる漢ですから!がんばって!

2 Comments

  1. 浜猫 より:

    「川崎がいなくてさみしくなる13の理由」っていい記事ですね。

    「嘘だといってよ、ブルージェイズ!」てな書き出しが
    複雑な契約やらなんやらあるのはわかってるけどさ~感が出てて。
    そりゃファンにファイナルメッセージをと言われて
    「I’m hungry」とか言っちゃうムネリンを
    嫌いになれるひとなんかいませんわね(大笑い)

    でも陽気で変な英語を話す面白外国人というだけでなく
    野球に対する真摯でポジティブな姿勢こそが
    ファンや同僚に恋させてるんだということがよくわかります。
    野球の(というかスポーツの)素晴らしい面を体現してくれるムネリンのニュースは
    暗黒な話題に事欠かない日本の野球ファンもほっとさせてくれますね。

    それでレイエスさんて選手はふてくされたりせんでしょうか。
    だいじょぶですか。 そうですか。

  2. マイク松 より:

    浜猫さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    結局川崎はチームに必要な人材になっていきましたね。ポジティブな行動はチームを変えるんですね。

コメントしてください