第67回ライスボウル ファイターズ.vs.シーガルズ

毎年箱根駅伝を最初からみようと思っては果たせずにいたのですが、今年はしっかり起きてみたら3区だったマイク松ですこんにちは。しっかり起きたんじゃなくしっかり寝たんですね。

今日はライスボウルです。ファイターズはシーガルズを倒せるのでしょうか。倒して。この日のためにがんばってきたんやから。

第67回ライスボウル、ファイターズ.vs.シーガルズ。実況は船岡さん、解説は高野さん。

どうもファイターズは今朝の火災で新幹線が止まった影響で、来てないスタッフや控えの選手がいるらしい。災難。

OBオフェンス。結構いいリターンで40ydsから。最初はパス失敗、次のランを池田がロスタックル!よっしゃナイス池田!しかし次のパスを池井に通されます。ブリッツが届かなかった。ランパス織り交ぜてレッドゾーンに入りました。ワイルドキャットを読み切ってロスタックルにしましたが、最後は萩山にパスが通ってTD!やっぱりパスラッシュが届かなかったですねー。おのれ。

KGオフェンス。最初のパスで梅本に通しました。そして次にフリーフリッカーから木戸へロングパスが通ります!レッドゾーンに進入+レイトヒットで1st&goal!最後は鷺野が飛び込んでTD!よっしゃー!!しっかり同点!

OBオフェンス。いきなりのロングパスをKG田中がINT!助かります!こうやっていかないと。

KGオフェンス。斎藤のQBランで1stダウンとるも、ローブロックで罰退。これが効いてパント。無理しなくていい。…と思ったらパンターがパス!通るも1yd足りませんでした。おしいなー。

OBオフェンス。ロングパスを狙いますが届かずパント。パスプロがもってレシーバーがあきますが、それでもよく守ってます。

KGオフェンス。スクリーンにいきますがLB豊田1人に止められる。鷺野へのパスで1stダウン。ショートパスで前進します。パスインターフェアで1stダウンとります。助かる。しかしそのあとはパスが通らず。レシーバーあいてたのに。

OBオフェンス。ホールディングで罰退。鳥内がいいパスカット。しかし古谷がランで1stダウンとりました。ノーマークでした。少しずつプレッシャーがかかってる感じはする。パスがうまくいかずパント。

ファイターズのスタッフは到着していないので、東京に住んでいるOBを集めて即席チームを作っているらしい。がんばってくれ。

KGオフェンス。まず梅本にパスが通って1stダウン。しかしエクスチェンジミスがあってパント。パントはよく転がりました。

OBオフェンス。ランで前進。いろいろロールアウトやショートパスなど攻め方を変えてきました。レッドゾーンから最後は原がランで飛び込んでTD!うーん。

KGオフェンス。いろいろリズムを変えて攻めますがパント。

OBオフェンス。小野のロスタックルで追いつめます。しかし萩山にパスを通して1stダウン。しかしディフェンスのプレッシャーがかかり、パスを田中がINT!よっしゃー!悪い雰囲気を断ち切りました!

KGオフェンス。うまくいかないのでクイックパント。押し戻しました。

OBオフェンス。原のランで一気にレッドゾーンまで攻め込まれました。あれー。古谷のランで1st&goal。ホールディングで下がって、3rd&goalでQBドローをしっかりとめて、なんとかFGに抑えました。このまま前半終了、KG 7-17 OB。

後半、KGオフェンス。まずは大園にパスを通します。オフサイドのところで梅本にロングパスを通して前進。しかしそのあと止められてパント。…と思ったら今度はパス!しっかり通ってダウン更新!これは大きい。複雑なランプレーで前進するも、今度はディフェンスに止められました。しっかり三輪がFGを決めて1TD差にしました。よし。

OBオフェンス。今度は縦のパスから。菅原のQBラン、古谷のランで前進。ランを意識的に止めるフォーメーションのようだけど止まらない。そして原のランでTD!ぎゃー。

KGオフェンス。QB松岡のランで前進。RB飯田のスクリーンで前進します。ディフェンスもストレッチで守っているみたいですね。レッドゾーンに入りますが、ブリッツからまたジャクソンにサックされました。そしてFGもはずしてしまいました。

OBオフェンス。萩山へのロングパスが通ります。すごい前進。あっという間に1st&goal。4Qの最初に菅原のスニークでTD!あー。

KGオフェンス。鷺野のいいリターンで40ydsから。しかしパスが通らずパント。そこでまたP伊豆がランで1stダウンとりました。もう大活躍や。4th&1でタイムアウトを無駄に使ってしまいましたが、なんとかギャンブル成功。そしてロングパスを狙いますが、INTされてしまいました。あー。

OBオフェンス。ランで時間を使います。KGディフェンスもなかなかしんどくなってますが、それでもしっかり守ってFGに抑えました。

KGオフェンス。それでもパスで前進します。粘り強く攻め、最後は梅本に浮かせたパスでTD!しっかりとりました。2ptは失敗。

OBオフェンス。ニーダウンで試合終了、KG 16-34 OB。

また新年からしょんぼりする結果になりました…。

2Q終盤まで、チームスタッフが80人もこられなかったらしいです。80人スタッフがいないとフットボールはしんどいですね。手伝ってくれたOBの方々おつかれさまでした。

点差が開いたとはいえファイターズはよく戦いました。しっかり準備してしっかり挑んで、しっかり散った。それでいいでしょう。散るのはよくないけど。

その戦いぶり、しっかり見届けました。また来年だ!来シーズンはもう少し学生フットボールの試合がみたいです。

カテゴリー: 関西学生フットボール パーマリンク

第67回ライスボウル ファイターズ.vs.シーガルズ への2件のフィードバック

  1. YM5 のコメント:

    過去3年で一番両者の間に実力差を感じた試合ですが、3年もやって来た事もあり、これまでオービックを苦しめたスペシャルプレーが既に解析されつくしており、最大の武器を使うのではなく相撲でいう変化を繰り返しているだけという状態になっていましたね。(フリフリはともかく、バレバレのパントフェイクからのパスはさすがに止めろよと言いたかったですけどね)

    オービックにはこれまでは何をやって来るのかという不安があったのが、今回は次もまた面白い事やって来るんだろという余裕を感じました。

    そして何よりも震えたのは、3-3-5という変則フォーメーションを崩すために関学の守備を壊しに掛かった事です。
    前半は競っているように見せかけて、後半はワイドナインを思い出す、走って下さいと言わんばかりにがら空きになった中央をお言葉に甘えてランで突く。

    全プレー見直した訳ではないので間違っているかもしれませんが、ランが止まらなかったのはシステム的にランを止める気がゼロだったから。
    勿論、PHIファンを絶望に突き落としたワイドナインとシステムは違いますが、大学ならど真ん中を空けてもLBが頑張って止めてくれるかもしれないしSをLB代わりに使ってサポートさせる事が出来たかもしれません(イーグルスはそのせいで全てが滅茶苦茶になりましたけどね)が、さすがに社会人には通用しませんでしたね。

    ランでディフェンスを崩壊させるための仕掛けを含めて芸術だと感動しましたが、ネタ切れを起こした関学が何をするのか、安易な変化に頼らない正攻法で社会人に勝てるのか。
    思うところは色々ありますが、久し振りにライスボウルをリアルタイムで見て、自分で考えてプレーを考える先の読めないフットボールの試合を楽しむ事が出来ました。

    最後に、MVPの原もおめでとう!本当にあのランオフェンスは芸術でした。

  2. マイク松 のコメント:

    YM5さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    今日に限って新幹線止まるかと思いました。でも同時にファイターズの絆も感じられたのでよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。