ソチオリンピック フィギュアスケート:ペアSP

NHKの実況が全然出てこなくて不満なマイク松ですこんにちは。さっきのノルディック複合もせっかく渡部がいい結果出したのに終わってから果てしなく続く絶叫実況で台無し。何のために受信料払っているのやら。

さて気持ちを切り替えて、いよいよフィギュアスケートの個人?種目別?が始まります。今日はペアSP。しかしものすごい不安要素が判明しています。

フィギュアスケート、ペアSP。実況はなぜかポエム、解説は若松さん。さすがにペアでポエムはどれだけやってもできないと信じたい。というかポエムはペアの実況とかできるんかな。

高橋成美・木原龍一。衣装変わりましたかね?「サムソンとデリラ」。3Sはなんとか踏んばりましたね。よかった。2Twもグッド。というかなんかうまくなってきてますね。ステップラッソーリフトは高橋のポジションがよかったです。3SThは詰まりましたがなんとかリカバー。SlStはスピードも出てきてます。ペアスピンでフィニッシュ。ミスは最小限にできましたね。この大舞台で成長しているようにも見えます。48.45。団体のときより上がりました。

いきなり彭程・張昊登場。2組すっ飛ばされてるじゃないですか!どういうことや。5組くらいしか放送なかったらどうしよう。「グリーン・デスティニー」より。3Tからきれいに成功。Dsはハオのホールドがあるから彭程もいいポジションになりますね。ペアスピンはポジションチェンジでスピードアップ。3Twはすごい高さ。うーんすごい。3LoThは流れも高さも距離も出てました。ステップはリンクを大きく使いながら、ちゃんと2人で重なるところもある。バックワードラッソーリフトはゆるぎないハオのホールドでした。安定してましたね。彭程もまだまだ伸び盛りです。そして趙宏博兄さんの男前度。70.59。

もう第1グループの演技が終わった。オリンピックオリンピック。全部やって。僕らが中継あったの見逃しているんかな。

アメリカのマリッサ・カステッリ&サイモン・シュナピア。「ブラック・マジック・ウーマン」。3Twから入りました。つなぎの部分の除夜の鐘みたいな動きもすごい。3Sはタイミングがずれましたがジャンプ自体はばっちり。Dsからペアスピンにダイレクトにつなぎます。カステッリのペアスピンの時の演技もいいですね。ちょっとだっこするような部分のあと3SThはでっかく成功。シュナピアのスローも安定しています。アクセルラッソーリフトは大きく持ち上げて大きく降ろしていました。ダイナミックな持ち味がよく出ましたね。67.44。

もうポエムがデータだけ読み上げる機械になっているのが爽快です。

フランスのヴァネッサ・ジェームス&モルガン・シュプレ。「ジャンピン・ジャック」ほか。3Twから入ります。いい出だし。3Tはいい流れで決まりました。3FThをしっかり決めてきました。これはうまく決まった。バックワードラッソーリフトは短く決めてきました。ステップはとても躍動感があって、会場を盛り上げようとしてます。こうでないとですね。難しい動きはないけどよくそろってます。Dsからペアスピンでフィニッシュ。ミスなく上々のSPになりましたね。65.36。

もう第2グループまで終わってる。早い。ウェンデ・ウェンデも放送なしか。あれ?ケンプ・キングがだいぶ下になってる。

ロシアのクセニア・ストルボワ&フィヨードル・クリモフ。「サレンダー」。3Twは高さがありました。3Tもテンポよく成功。ロシアのペアでは何番目なんだろう。それでも3FThをばっちり成功。加点つきそうですね。リフトは入りも降りもスムーズ、Dsのポジションもいいし。ペアスピンはてきぱき。というか演技全体がてきぱきしてる。密度の高いプログラムですね。ステップはダンスっぽいところも入れながら歯切れよいステップでフィニッシュ。ストルボワも終わって派手なガッツポーズ!75.21。すごい人のよさそうなコーチがいる。あたたかく見守る。

カナダのメーガン・デュハメル&エリック・ラドフォード。ラドフォードが作った曲「トリビュート」。ポエム無理してしゃべらんでいいから。最初の部分からきれいな滑り。3Twは今日はきれいに成功。3Lzはなんとかこらえました。大きい。アクセルラッソーリフトは回転も大きい。ペアスピンも音楽をよく聞いてます。この音楽表現はさすが。うしろからお姫様だっこする部分を経て3LzThを決めてきました!ルッツでしっかり点をとりますね。ステップはもうちょっと滑っていきたいところ。Dsの前の一連の動きがすばらしい!すごく工夫されていました。いい演技でしたね。72.21。コーチが漁協の人みたい。

ドイツのアリオナ・サブチェンコ&ロビン・ソルコビー。きましたね。「ピンク・パンサー」。前のに戻してきたんですね。この調整で団体をパスしたんだろうか。最初からおもしろいサブチェンコの動き。3FThはすごい高さ!つなぎの部分のソルコビーもおもしろい。3Twはキャッチもスムーズ。3Tもタイミングばっちりで成功。Dsは回転の速さも一定で安定してます。なにしろサブチェンコ・ソルコビーはつなぎの部分がおもしろい。目が離せません。ペアスピンはポジションがすばらしい。サブチェンコの衣装がよく目立つからより引き立ちます。リバースラッソーリフトはすべてワンハンド。すごく大事にいってます。そしてステップはみていて楽しい。ペアの楽しさを体現していました。ポエムが「見る者の心を盗み取る」とかいってましたが、印象だけでなんとかしゃべってますね。いや楽しい。いやいや演技はすばらしかったです。79.64。

イタリアのステファニア・ベルトン&オンドレイ・ホタレク。「マスク」。ベルトンの転倒のダメージどうだっただろうか。3Tはベルトンが手をつきました。3Twはちょっとキャッチがうまくなかったか。でも滑りはスピード出てますね。リバースラッソーリフトはマジカルなホールドがまた出ました。すごいな。3LoThはがんばりましたね。Dsはいいポジション。ホタレクがんばってます。ペアスピンはキャメルポジションがきれい。ステップはユニゾンがいいし、ダンス部分もよくあってる。スピードが落ちませんでしたね。団体の転倒の影響はちょっとありそうですが、踏んばってます。63.57。うーん。

ロシアのタチアナ・ボロソザル&マキシム・トランコフ。「仮面舞踏会」。3Twは高さもキレもある完璧な出来。3Tもいいジャンプでした。ペアなのにアイスダンスの優雅さも兼ね備えています。3LoThはでかい!高い!Dsはボロソザルの演技も入ってますね。ペアスピンのポジションも独創的。音を相変わらず外さないし、リフトの回転の速さすら計算されてますね。気合い入ってるトランコフ。もっとボロソザル姉さんのように普通でええんやで。最後まで完璧に滑りきりました。圧倒してますね。84.17。ぎゃー。

ロシアのベラ・バザロワ&ユーリ・ラリオノフ。バザロワの衣装きれいですねー。すばらしい。メイクも完璧。無造作なラリオノフとのコントラスト。「ライフ・イズ・ビューティフル」より。いい滑りです。3Tはラリオノフがダブルに。ぎゃー。3Twは入りもよかった。3FThはバザロワのキレがありますね。リバースラッソーリフトはすごいポジションチェンジ。上でくるくるまわすラリオノフのホールド。ステップはすばらしい表現力。バザロワの演技がすばらしい。新しい一面を開拓してますね。Dsのスムーズさは今日いちです。ペアスピンの難しいポジションも安定していました。おもしろい演技!すばらしいです。69.66。やっぱソロジャンプですかねー。

中国のほう清・とう健。エンリオ・モリコーネ「ラ・カリファ」。一気に会場が違う雰囲気になりました。3Tからスタート。なにげなくきっちり跳びます。3Twもスピードに乗って決めてます。というか全体的にスピードがあります。3Loもその流れで高さも出る。Dsもてきぱき。リバースラッソーリフトもなめらかに雰囲気を作り出してます。今まで結構明るい演技が続いてきただけに、この演技のよさが際立ちますね。ステップはすばらしい表現力。物語が紡がれます。これもペアの演技。相変わらずやってくれます。73.30。誰か早く趙宏博兄さんがなぜ日焼けしてるのか教えてください。

カナダのカーステン・ムーア=タワーズ&ディラン・モスコビッチ。「ミック・マック」より。いいスピード出てる。3Twは降りた後でイーグル。3Tも決まりました。確実に決めますね。Dsは大きな円を描いてます。イグジットもスムーズ。3LoThも大きく決めてきました。流れがあって音楽にしっかり調和してますね。アクセルラッソーリフトは降ろし方が激しくて、でも安定してます。モスコビッチの手柄。ステップはチェンジオブペースがうまい構成。それ以外のところもしっかりユニゾン。ペアスピンは演技の流れからスムーズに入ってました。いい演技でした!しっかり挑みながらも慎重にノーミスで決めましたね。70.92。

結局12組の放送か。足りない。

○SP終わっての順位:
1. ボロソザル・トランコフ
2. サブチェンコ・ソルコビー
3. ストルボワ・クリモフ
4. ほう清・とう健
5. デュハメル・ラドフォード
6. ムーア=タワーズ・モスコビッチ

予定通りボロソザル・トランコフがトップ。強さが際立ちますね。もう1回演技してるし、リラックスして臨めそう。波乱があるとすればサブチェンコ・ソルコビーの逆転ですかね。FSはスーパープログラムですから。

ストルボワ・クリモフがすばらしい演技で3位に。表彰台を守れるかどうかはわかりませんが、地元の声援があれば不可能じゃない。でもほう清・とう健がいますからねー。デュハメル・ラドフォードも表彰台を狙える位置。

まさかポエムがペアの実況をやるとは思いませんでしたが、いつも以上に演技中に沈黙していましたね。とてもいいことです。まあしゃべることがないんだと思いますが、ふわっとした印象ばかりでかわいそうでした。それでオリンピックの実況といえるのかは大問題ですけどしゃべられるよりましです。このままデータを読む機械としてがんばるように。そしてほかには出てこないように。

2 Comments

  1. ヒナ より:

    塩原さんがあまりに無害で笑えました(笑)。詩子さんの癒し系解説を邪魔してなくてありがたいことです。
    ボロソザル&トランコフの「仮面舞踏会」は重厚な名プログラムだと思います。本当に圧倒的ですよねー。トランコフがこんなにメンタル強くなったんだなあと思うと感慨深いです。昔からのファンとしては、それでもやらかすんじゃないかとついハラハラして見てしまうのですが。

  2. マイク松 より:

    ヒナさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    思いますよねー>トランコフの成長。
    僕らも最初の頃はまた集中力を突然切らすんじゃないかとかみていましたが、もうそんな過去はなかったかのようですよね。すごい。

コメントしてください