ソチオリンピック フィギュアスケート:アイスダンスSD

カーリングの日本.vs.スイスみたマイク松ですこんにちは。ここにも悪夢のポエム実況が進出してきたのですが、カーリングはよくわからないらしく、何投目かを数える機械と、敦賀さんに下手な相づちを打つ機械になっていました。正直誰でもできる。でもしゃべられるよりはまし。だからといってそれでいいのかといえば実況としてはだめ。ほんとポエムは実況とは何かを考えさせてくれます。不必要に。

あとこの試合は吉田の笑顔が素敵でした。何かあったのかなと思ったら富井が「恋だよ恋!選手村でパンくわえて走っていたら曲がり角で」などといっていました。こんな中二病の上司でこの会社は大丈夫なのでしょうか。

さて、フィギュアスケートは今日はアイスダンスSDです。アイスダンス超たのしみ。

フィギュアスケート、アイスダンスSD。実況は振動、解説は若松さん。

リード姉弟。もう2回目ですから思い切っていきましょう。「ハーレム・ノクターン」。ツイズルは3つともばっちりきれいにいきました。パターンダンスはエッジはともかく、規定感がなくてスムーズなステップです。MiStは最初にちょっとバランス崩したか。音楽によくあわせてます。つなぎ部分のステップもおもしろい。最後はRoLiでフィニッシュ。これはいい演技。しっかり自分たちの演技はできました。2回目効果か。52.29。団体に出ててよかった。

ウクライナのショブハン・ヘッキン=ケネディ&ドミトリー・ドゥンはちょうど演技が終わったところで中継開始でした。ごめんな。パターンダンスはちょっと重いか。ツイズルは慎重にやってました。RoLiはいいポジションでした。若松さんはもうちょいスピードがほしかったとのこと。でもいい笑顔でした。41.90。

ここまで6組が終わっているそうです。4.5組みられなかったか。

中国の黄きんとう&鄭しん。こちらももう2回目。「シング・シング・シング」。ツイズルはちょっとずれてますが悪くない。パターンダンスは笑顔で滑れてます。慎重に。CiStは結構雰囲気出せてますね。そしてSlLiをここで出してきました。イーグル安定。MiStはユニゾンはよくとれてます。表現力はあるのであとは滑りのスピードをあげていくだけですね。コーチのパーマがすごい。48.96。やっぱりちょっと団体戦より上がってる。

オーストラリアのダニエル・オブライエン&グレゴリー・メリマン。「コットン・クラブ」より。オブライエンはどっちかというとペアみたいな雰囲気ですが、始まったらちゃんとアイスダンスです。パターンダンスから。スピードもまずまず出てたし笑顔でできてました。MiStはよくあってるし動きもはつらつ。顔をくっつけるおもしろポーズで終わり。おもしろい。RoLiはアスレティックにきびきびした回転でした。いい演技!なんかこいつららしい感じですね。52.68。

トルコのアリサ・アガフォノワ&アルペル・ウチャル。ウチャルの顔芸が炸裂。おもしろい。パターンダンスはエッジはともかく楽しい雰囲気が作れてます。ウチャルは常に顔芸ですね。ツイズルも無難に。ちょっとおもしろい箱がぱこぱこするような振り付け。なんだ。MiStは大きくエッジを使えています。なんだこのウチャルの無駄な明るさは。すごいいいじゃないか。CuLiはすごく難しいポジション。RoLiはアガフォノワのポジションもしっかりしてました。ガッツポーズ!いい演技できたみたい。喜んでました。49.84。会場からブーイングでてますね。おおズーリンがついてるんですか。

というかここまで終わって、現時点での1,2,3,4位が見られてない。どういうことや。

第3グループ。あのおじさんたちもここで出てきます。

スペインのサラ・ウルタド&アドリア・ディアス。いいポーズでスタート。最初のダンスが超かっこいい。ウルタドのダンスうまいですね。パターンダンスから。しっかり視線を合わせるパートがあっていいですね。リズムもとらえてる。つなぎ部分のいい表現もすてき。ツイズルはしっかりあわせてました。アバウトなカップルじゃないぞ。ディアスのホールドは雰囲気出せてますね。引き立ててます。CiStは2人の距離をいい距離にキープ。SlLiはポジションも難しいしホールドも見事。最後のダンスまでしっかりやりました。これはいい演技!2人のいい雰囲気がよく作れてました。あーロウゾンがついてるんですね。納得。58.58。パーソナルベスト出せたみたい。

リトアニアのイザベラ・トビアス&デビアス・スタグニャス。ゴージャスなトビアスのメイク。マリリン・モンローの映画の曲。ツイズルはトビアスが上下にシェイクするようなツイズルでおもしろい。つなぎ部分もしっかり表現できてます。リンクいっぱいに使えてる。パターンダンスはスピードはよく出てるから、エッジはともかく雰囲気は作ってます。MiStは2人の距離も一定だしエッジも深い。RoLiから最後はスタグニャスが振られてフィニッシュ。おもしろいプログラムでした。慎重にやっておもしろくなくなるよりはいい。56.40。

BS1録画ではここでカサイの表彰式が入ってました。びっくり。カサイの表彰式は逃げないやろ。リアルタイムじゃなくてもいいし。おわったら最終グループになっていたので、NHKオンデマンドで第3グループの残りはみました。もう見放題パックにしたので。

カナダのアレクサンドラ・ポール&ミッチェル・イスラム。「クレイジー・フォー・ユー」。ちょっとツイズルでポールがバランス崩しました。どんまい。MiStは2人があってないところも必然性のあるいい構成。つなぎ部分の2人の動きもナイス。曲表現もいいぞ。パターンダンスはリズムにしっかり乗っているし、雰囲気をキープしてるのがいいですね。どんどんテンポアップしていって、RoLiはポールのポジションもよかったです。とても華やかなプログラム。相変わらずポールの衣装がかわいいです。55.91。

アゼルバイジャンのユリア・ズロビナ&アレクセイ・シトニコフ。「ピンク・パンサー」。ズロビナのピンクの衣装はそれでか。最初のステップ部分はとてもいい雰囲気。うまい。ダンスの雰囲気をしっかり作ってます。MiStは小細工を含みながらもしっかりエッジはうまく使えてます。ツイズルはまずまず。また小芝居を入れています。好感が持てる。パターンダンスもリズミカル。シトニコフのホールドがとてもユニーク。全然規定感がない。RoLiはポジションチェンジも入れながら勢いがありました。シトニコフはLのようにしっかり引き立てた演技をしてましたよ。58.15。

アメリカのシブタニ兄妹。おおー久しぶり。たのしみです。団体でみられると思っていたのですが。いきなりレベルがぐっと上がった感じですね。ツイズルは完璧なユニゾン。回転速度もあった。パターンダンスはぴたっとあうところはぴたっとあうし、エッジの深さに加えてキレもある。さすがです。つなぎの部分は手を替えてつながりつづけるところがユニークでおもしろい。つなぎのステップはよくスケートも滑ってるし、2人しか出せない雰囲気をよく作れてます。MiStはまたすばらしいユニゾン。RoLiはすごい難しいエントランスから安定したホールドでいい回転でした。ばっちり!すばらしいです。64.47。

第4グループ。若松さんが「カッペリーニちゃんの表現力と笑顔に注目が」といっていました。さすがL。ガジおじさんたちいたー!赤いひじあてに場内騒然。あのくちばしの模様みたいにみんなが本能で引きつけられているんだ。

アメリカのマディソン・チョック&エヴァン・ベイツ。最初のステップはもうちょっと一体感があった方がいいかも。パターンダンスは歯切れのいいステップでしっかりこなしています。ツイズルは慎重に合わせてきました。ユニゾン最優先。終わって指を鳴らしながら2人でジャッジの方に迫るおもしろいステップがありました。MiStはしっかり2人のユニゾンをあわせながら大きく使いました。RoLiでフィニッシュ。技術的にはいいんですがもっといい雰囲気作ってほしいですね。65.46。いい点はでました。

イタリアのアンナ・カッペリーニちゃん&ルカ・ラノッテ。きました。成長したところをみせてやろう。「42番街」より。最初からいいスピード出てますね。ツイズルもとても回転が速いしユニゾンばっちり。カッペリーニちゃんのスカートがきれいになびいてます。イタリアの力。パターンダンスは特にがんばってきたところらしい。しっかり笑顔で滑れてるし、躍動感が出てますね。CiStはラノッテの影となって寄り添うステップが…ってオマエ今よろっとせんかったか?大丈夫か。冗談は漫才師っぽいすーつだけにしとけよ。RoLiは大きなカッペリーニちゃんのポジションそのままに速く回転していました。よっしゃよっしゃ。さすがいい演技。67.58。

ドイツのネッリ・ジガンシナ&アレクサンダー・ガジおじさん。きました!ゴージャスなジガンシナとまじめなガジおじさん。すばらしい演技力。ツイズルはガジおじさんがよろっとしました。あぶない。きっとわざとやろ。わざとやでジャッジ。MiStはお互いの役作りを維持しながらもユニゾンはばっちり。パターンダンスはエッジの深さもキープ。それでいて演技も継続。ガジおじさんのおもしろい演技もみながら、2人の足も近い。RoLiはジガンシナの入り方がすばらしかった。最後は顔をくっつけてフィニッシュ。やはり演技力と世界観では群を抜いていますね。さすがガジおじさん。キスクラでは若干魂が抜けてぼんやりしていましたが、60.91。パーソナルベストでましたー!

カナダのテッサ・ヴァーチュー&スコット・モア。いい演技を。ルイ・アームストロング・メドレー。最初の部分のステップはしっかり物語を生み出してますね。2人のポジションがいちいちきれい。その積み重ねです。MiStはほんとに難の落ち度もないというか。パーフェクトです。ツイズルも慎重に、きっちりあわせてきました。気合い入ってますね。パターンダンスはすばらしいエッジワークとスピード感。これは規定演技ではないですね。しっかりメリハリもつけて、音楽終わりのきめも見事。そしてオーソドックスなつなぎのステップでも全然引っ張り合うところがないし、無茶なエントランスからのRoLiも超スムーズ。完璧なSDでした!素晴らしいの一言です。今日は2人も納得でしょう。76.33。

ロシアのエカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロヴィエフ。すごい歓声ですね。緩急の付け方がうまい出だし。パターンダンスから。あっという間に終わるスピードになめらかなエッジワーク。これはいいですね。ツイズルは少しあってないけどまずまず。MiStは音楽をしっかり聴いて、ステップでリズム感を出してます。RoLiはよどみないポジションチェンジ。よそが終わってのステップも見事でした。声援に応えられました。69.97。順番が悪かったかなー。ソロヴィエフはまあいいまあいいっていってました。

あー今頃カサイの表彰式でとばされた人たちが放送されてました。なーんだ。助かります。

最終グループ。

ロシアのエレーナ・イリニフ&ニキータ・カツァラポフ。FSは1回滑ってますからね。緊張しないかも。「素敵なあなた」。最初からしっかり踊れてますね。能力の高さが感じられます。パターンダンスから。規定を超えてしっかりした表現ができてますね。若松さんは足首のやわらかさを指摘。なるほど。ちょっと移動でスムーズじゃないところがあった。でもつなぎのステップは雰囲気よく出せてます。MiStはなめらかでのびるスケーティング。あっという間に向こうまでいってしまいます。ツイズルはすばらしい速さ!終盤で決めてきました。RoLiは高速回転から一気にフィニッシュ!パワフルでアスレチックな演技でした。73.04。大きくパーソナルベストを更新してきました。地の利をいかしましたね。

イギリスのペニー・クームス&ニコラス・バックランド。この舞台で大きく飛躍してほしいですね。「アイ・ウォント・ダンス」。軽やかなステップからツイズル。しっかりきめました。パターンダンスは団体のときよりもよさそう。2回目だから体も動きますね。しっかり踊れてるし。CiStはユニゾンに気をつけてしっかりあわせてます。RoLiはすごいエントランスからむちゃくちゃ振り回してました。すごい。というかすさまじい。最後のロマンティックな締めもよかった。なんかひと味違う、イギリスらしいプログラムでした。59.33。あれ、リフトのタイムオーバーがとられてます。でも団体のときよりはぐっとあがりました。

フランスのナタリー・ペシャラ&ファビアン・ブルザ。おしゃれ番長きました。この最初のポーズのかっこよさときたら。どういうことや。キレるわ。「シカゴ」。ツイズルは一番心配なパートですが今日はばっちりでした。気合い入ってます。DiStは世界観の表現をステップだけで十分に実現しています。どこも音楽からずれたところがない。パターンダンスは緩急の付け方、チェンジオブペースとはこれだといいたげなメリハリ。つなぎ部分も手を抜かないエッジワーク。RoLiも最初から最後まで表現でした。美学!美学でした。アイスダンスのおもしろさを凝縮した演技。72.78はパーソナルベスト。この時点で3位だけど、点数じゃないわ。

カナダのケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェ。ウィーバーの青い衣装がとてもきれいです。「42番街」より。音楽をうまくつかった出だしからツイズル。ちょっと離れたところもありました。パターンダンスはぐぐっと曲がってくるカーブもしっかりした表現。ダイナミックです。そのながれのまましっかりつなぎの表現。おもしろい。音楽が変わってまたすばらしい音楽を使った工夫。タップの動きもナイス。MiStは2人の距離が一定。スピードも落ちてない。CuLiはぶんぶん振り回してポジションチェンジしても微動だにしないポジェのホールドでした。いい演技!ウィーバーもガッツポーズ。でも65.93。またタイムオーバーか。ポジェ元気出せ。

アメリカのメリル・デイヴィス&チャーリー・ホワイト。すごい貫禄。やばい。「マイ・フェア・レディ」。最初のやわらかな入りから一気にスピードに乗ります。入れ替わったりしてもまったくスピードが落ちないし。MiStは片足でもぐんぐん滑る。浮遊感さえ漂うなめらかさです。どこにも手を抜かない表現。ツイズルは完璧な速さ、スムーズさ、ユニゾン。パターンダンスも心底楽しそう。足下の揺るぎない技術と醸し出す物語。これが今回のテーマということでしょうか。誰も相手にしてない。誰とも戦ってない。自分たちの演技だけしている。完璧な回転軸のRoLiからフィニッシュ。なんたる演技。これまでの激しい点数争いをすべて無に帰するような、アイスダンスの美しさ、楽しさ、演技者の喜び。ただそれだけがありました。78.89!また世界最高を更新しました。でもこの冷静な反応。ノエビア姉さんが水を飲んでいました。

○SD終わっての順位:
1. デイヴィス・ホワイト
2. ヴァーチュー・モア
3. イリニフ・カツァラポフ
4. ペシャラ・ブルザ
5. ボブロワ・ソロヴィエフ
6. カッペリーニちゃん with L

デイヴィス・ホワイトがトップ。もうこのカップルに金メダルとかいうのはおこがましいですね。金メダルとやら、オマエの方から2人に頼みにいってくれ。どうぞもらってくれと。いちおうパターンダンスも全部Yesだったみたいですし、ほんとにパーフェクトプログラムでした。

ヴァーチュー・モアはほんとに素晴らしい演技でした。最後にかける気概を感じましたね。ヴァーチューもこころなしか体を絞って、ピークにもってきている感じがしました。FSは絶対に目に焼き付けて、一生忘れないようにしたいです。

イリニフ・カツァラポフは3位。ここまできましたね。地元の利をいかしたいですが、ペシャラ・ブルザには参りました。なんすかあのブルザのスーツの似合い度は。LEONは今すぐ表紙を飾らせてもらうよう頼みにいってくださいよ。アイスダンスやったらモテるぞとかなんとか表紙でうそいってくださいよ。なんだか僕もいってることがよくわからなくなってきましたが、表彰台狙って下さい。

ボブロワ・ソロヴィエフが5位。ほんとに伸び盛りですね。FSで完全に覚醒してほしいです。カッペリーニちゃんwithLは6位。上を狙いましょう。カッペリーニちゃんの最高の笑顔は、たとえロシアの人たちでもみたいはずです。L、オマエにかかってるんやで。

ガジおじさんたちは10位。このメンバーで10位は実は結構すごいでしょう。ドイツにアイスダンスの時代がやってきた。いやさ、ガジおじさんの時代がやってきた。ガジの時代だ!ガジ・エラだ!

5 Comments

  1. ぱんださん より:

    私もガジおじさん大好きなのです!
    サフゾル(解散しちゃうけど)、ベーター、ドイツは素敵すぎます。
    トマシュもドイツで練習してたし。
    またまたドイツに縁ができてしまいました。
    移住したいくらいです!

  2. みこ より:

    カッペリーニちゃんのファッション大好き!
    可愛すぎますね♪

    そしてエレナ・イリニフちゃん素敵~! 生き生きとした美しさ!!
    演技と、演技後のパートナーと見つめ合う嬉しそうな表情がたまりません。
    こんな素敵カップルがいたんですねー!
    カツァラポフは演技後、イリニフちゃんを愛しくてたまらないというふうに
    見つめてキスして抱きしめます。
    ふたりの絆がバッチリ現れたような演技でした。
    FDもこの二人だけは見逃すまいと力んでました。
    かつてのアニシナ・ペイゼラ組と同様、私のハートを捉えられました。

    しかしヤグディンといいグルシナ・ゴンチャロフ組といい高橋荒川安藤各選手といい、
    私がこれは!!と思ったプログラムはほぼモロゾフ関係。
    イリニフ組までそうだったとは。
    イリニフちゃんには手を出さないでね、お願い・・・・

  3. きゃわい より:

    アイスダンス、やはり最高!!でしたね。

    アンナちゃんのひらりひらりスカートは、見ていて全然飽きません。
    このロマンチックなスカートとアンナちゃんに憧れて、アイスダンス始めるちびっこが日本に現れないかな?

    そして、フランスの美女と美男。かっこよすぎます。二人に憧れて、アイスダンス始めるカップルが日本に現れないかな?
    と思わずにはいられないカッコよさ。おしゃれ衣装の金メダリストですよね。LEONと言わず、日本のおしゃれ雑誌にバンバン出て
    アイスダンスの普及に一役買っていただきたいと思います。アイスダンスはかっこいいぞ!モテるぞ!みたいな感じで…

    何より、団体戦では一抹の不安を抱かせたカナダの美男美女がやってくれました。本当に嬉しいです。
    演技後の二人の満ち足りた表情にKOされました。

    どのカップルも持てる力をほぼ発揮できた良い試合でしたね。

  4. みーちゃん より:

    こんばんは。
    昨シーズンのゾンビも面白かったけど今シーズンもイマイチ良くわからないけど面白いガジおじさん達。好きです。キスクラでぼんやりしているガジおじさん、何を考えていたのかなあ。

    デービス・ホワイトだけちょうどLIVEで見たのですが、失敗する感じが全くないですね。jスポーツの解説で確か東野さんが”レベルをと取る事を考えるとトップ選手でもスピードが落ちてしまう”とおっしゃていたのですが、この2人は全く関係なく凄いスピードでその上音楽表現・緩急もしっかりあって、いいモノを見させてくれて有難うございます!です。

    ダンスは個性色々で面白い!

  5. マイク松 より:

    みなさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    >ぱんださんさん

    ドイツの選手にはやっぱり独特の味がありますよね。もっと全面に出てきてもいいくらい。がんばってほしいです。もちろんガジおじさんにも。

    >みこさん

    いやー今回はイタリアファッションの粋を尽くした衣装できてますからね。すばらしいです。
    イリニフ・カツァラポフは母国の期待を背負って大変そうですが、自分たちらしい演技をしてほしいですね。

    >きゃわいさん

    もっとカッペリーニちゃんみたいになりたい!というちびっこは増えてほしいですね。
    ブルザ兄さんのスーツの着こなしはもっといろんなところでフィーチャーされてもよさそう。ルパンみたいですよね。

    >みーちゃんさん

    結構情報量は多いのに、結局なんだかよくわからないっていうのがすごいですよね。ある意味。
    いやーデイヴィス・ホワイトはすばらしかったです。最高の演技をすることしか考えていないという純粋さがありました。

コメントしてください