フォルス・スタート・ニュースアワー 2015

(でんでけてーてーててー てーてててーててー)
From FSBC News Headquarter in Kansai, This is the World News Hour with Tommy and Matsu!

松:こんにちは。フォルス・スタート・ニュースアワーのマイク松です。足の甲を痛めています。(本当)
富井:どうも。富井です。桜はもう咲いていますが、オリックは遅まきながら今日やっと開幕しました。
松:何連敗するんやと思いましたね。それでは早速今日のニュースお送りしたいと思います。なお、この内容につきましては、投稿日をよーくご確認の上、ご了承いただければと思います。

松:まず最初のニュースです。

<ミッキー兄さん神社、造営決定>

初場所、春場所と15日間満員御礼という賑わいをみせている大相撲。しかし4年前の2011年5月は技量審査場所であったことを忘れてはならない。そこからキセキの復活を果たした大相撲にあって、先だって断髪した琴M喜の功績、というか犠牲に思いをはせる人が増えている。もともとハチナナ連続記録で受験生の神様として信仰する動きもあったが、大相撲が復活を果たした今、その霊を慰めるべきであるという意見が高まりを見せ(死んでいない)、このたびミッキー兄さんを祀った神社「ミッキー兄さん神宮」が造営されることになった。

壮絶な人柱となって大相撲を救ったその姿はナウシカと肩を並べるといわれるミッキー兄さん、その摂理という名の霊力にあやかりたいと、神宮は霊を慰めながらも、信仰する人々にとって御利益のある神宮になると、関係者は述べている。具体的には、

  • なんやかんやで全落ちはない!ハチナナ受験お守りの販売
  • なんやかんやでニートはない!ハチナナ就活お守りの販売
  • どうせなら雨降って地固まるに!リストラ成功お守りの販売
  • 自縄自縛はこちらが身代わりに!自縄自縛地蔵の設営
  • めんどい仕事からもひっそり空気に!優勝争い脱落お守りの販売
  • 証拠となる物証はここへ!証拠投げ捨てお堂の設営
  • 社内に不正が起きませんように!コンプライアンスお守りの販売
  • 告発しても大丈夫!内部告発成功お守りの販売
  • あなたの代わりに人柱!ミッキー兄さん人柱人形の販売

などを考案中。関係者は「あなたが人柱になる必要はありません。ミッキー兄さん神宮で身代わりを」と話している。

富井:信仰する目的がリアルすぎるだろ!
松:いかに商売上手の神社でも、コンプライアンスお守りとかはないでしょうからね。しかも超根拠ありますし。
富井:当人は全然コンプライアンスできてなかったじゃん。
松:他の人の悪行を背負ってツイホーされて断髪したんですよ。あの子は谷を守ったのじゃ。
富井:そのぶん他の人に御利益があるといいのかもな。
松:ミッキー兄さんにもね。次のニュースです。

<新しいコンバインドを考える大会が開催>

世界ノルディック選手権が開催され、複合(コンバインド)のおもしろさを感じる人が多かった。ジャンプとクロスカントリーのコンバインド、あるいはクラシックとフリーのスキーアスロンなど。一番有名なコンバインド種目であるトライアスロンはいうまでもなく、おもしろコンバインドの代表であるチェスボクシング(チェスやってボクシングやる)もしかり。ここから新しいコンバインド種目を次々考案、開催する催しが企画されている。

富井:最後はもうスポーツじゃなくなってるよ。
松:片方はスポーツだからいいんですって。もっともっと点がつけづらいものをスポーツと組み合わせてみたいです。
富井:オリックの応援とかどうかな?難しいアダチの応援歌とか歌って。
松:それと座禅とか組み合わせてみたいです。
富井:とうとう両方ともスポーツじゃなくなってるよ。
松:次はそのオリックにかんするニュースです。

<レッツ光合成!オリックが日焼けサロンチェーン展開>

オリックがオヤガイシャのバックアップのもと、日焼けサロンチェーンの展開に乗り出す。きっかけはモリワキカントクの「僕らは地上に出ていない。光合成もできない」コメントであったが、オリックも大補強して期待されるようになったこともあり、一般の人にも光合成してもらおうという狙いから。もちろん通常の人間はデンプンを合成することはできないが、関係者は「日焼けした肌でオリックを応援してほしい」とのこと。

富井:日焼けと応援は関係ないよな?
松:もちろん関係ありませんよ。それはこっちのセリフですよ。
富井:あとは地中に埋まっているものを地上に掘り出すビジネスとかもできるな。
松:石油掘削とかですかね。あと埋蔵金探しとかかな。

***

富井:特集です。9年3ヶ月にわたってお送りしている特集「フレディ・ミッチェルさんを探して」。視聴者のみなさまからも大変ご好評を頂戴しています。
松:「もう失踪してるんじゃないのか」「失踪人届け出した方が」などというご意見も頂戴するのですが、われわれもそれが気になるところです。前回は雪の女王になった姉を妹が見つけることに成功するもフレディは見つからなかったのですが、今回は台湾を取材してみました。アメリカ支局の勇み足記者のリポートです。

Mike:「フレディ・ミッチェルさんを探して」、今回は台北を探しています。
Tommy:小篭包たべた!安くておいしい!だーい満足だよ!
Mike:あ!故宮博物院の方に誰かがいます!めっちゃ高い!あぶなーい!
Tommy:フレディ・ミンチ肉さんになっちゃうよ!
Mike:ああなんだ、あれは白菜の形をした玉器でした。思ったよりでかいんですね。
Tommy:こおろぎがすごい!
Mike:玉器や銅器に人がめっちゃ多いですけど、他の美術品もとてもいいんですよね。陶磁器が特にすばらしいです。さすが故宮博物院。なんかこのへんにミッチェルさんがいるかも。あ、案内の人がいます。ちょっと話を聞いてみましょう。すみませーん!
案内:貴重な展示品はもちろん、お土産品も充実しているよ。いっぱい買っていってよ。
Mike:ところでこのへんで、もとNFL選手のフレディ・ミッチェルさんをみかけませんでしたか?
案内:知らないなー。いついなくなったの?
Tommy:もうだいぶ前から姿がみえないんです。いったいどこにかくれてるのか…。
案内:食べてはいけない料理を食べてしまって、異空間に閉じ込められてるんじゃないの?
Mike:そういうことになってたか…。
案内:それなら振り向かないようにトンネルを戻ったら戻れるらしいよ。やってみたら?
Tommy:そんなめんどくさいところで引きこもっているのか…。
Mike:そうなるとわれわれがこれだけ探してもみつからないのもわかりますね。今後はその方向で捜査してみます!以上台北からお伝えしました。

***

富井:なんかミッチェルさんは異空間に閉じ込められてるみたいだぞ。
松:ですね。そりゃ見つからないわけです。名前が奪われてフレディ・ミッチェルから「フレ」とか「ミッ」とか呼ばれてるんですかね。
富井:だいたい出入り口のトンネルってどこにあるんかな。
松:今度九ふんにいったら探してみますか。でもそこで仕事が見つかってるなら、もうそれでいいような気もします。

富井:今年はなぜか思い出して書けたな。驚くほど世間でエイプリルフールって聞いてなかったけど。なんで思い出したんだろ。
松:まあどうせなんのリアクションもないでしょうけど、記事書けたのはよかったです。ある程度書きたいネタを書けました。
富井:それではフォルス・スタート・ニュースアワー、また来年。
松:さようなら。
(♪てーてーててー てーてーてーててー)

コメントしてください