ロッテがCS先勝、やつらを導くこの大いなる力は…

かぜでしんどいマイク松ですこんにちは。まあこの時期の恒例行事ですが、早くなおってほしいです。

さて、今日からプロ野球はCSが始まりました。なんか退屈なセ・リーグはおいといて、パ・リーグはマリーンズ@ファイターズの第1戦でした。

ロッテと言えば今年はゴールデンイヤー。CS進出が決まってから、いち早く下克上グッズを緊急発売しています。ゴールデンイヤーのロッテの力がどの程度のものか。それを推し量れるのが今日の試合でしょう。なんといってもハムはオータニが先発。富井が目を輝かせて「翔平さま」などと呼んでいます。ニュアンスは信長さまとか大御所さまとかと同じです。さすがのゴールデンイヤーでもオータニは打ち崩せないのではないかと思いました。

しかし2回、すっごいきれいなフクウラさんのヒットを皮切りに、なぜかオータニに相性がいいダイチのフォアボールなどで満塁のチャンスをつかむと、CSに無類の力を発揮するミスター・オクトーバー、イマエの走者一掃のタイムリーで逆転してしまいました。いやな笑いが出過ぎてごはんが食べられませんでした。

3回もゲッツーのあとにすっごいきれいなフクウラさんの2塁打から、クルーズとダイチのタイムリーで加点し、なんとオータニを3回でKOしてしまいました。そんなばかな。オータニが3回で。これは人智を越えた力。

ロッテの先発イシカワもあんまり調子がよくなかったのですが、クルーズのスーパーファインプレーでピンチを脱しました。クルーズは最高でしたが、球界最高のファーストと呼ばれるフクウラさんの守備もよかった。

しばらく試合が落ち着いたときもありましたが、その後もキヨタやタムラのタイムリー、そしてキヨタのホームランなどで細かく加点し、リリーフ陣が抑えてロッテがCS先勝しました。強い。

なんだかこの、運命に導かれるように勝ってしまうロッテの強さ、どこかで感じたような感覚。運命というにはおもしろすぎるこの感覚。思い出しました。これプロビデンスだわ。ミッキー兄さんには正直ハードな存在だったプロビデンスですが、ロッテには味方に働いているようです。5年周期という摂理がロッテに大いなる力を与えている。

実はロッテのゴールデンイヤーとCS出場年では、ミッキー兄さんもおもしろいことになっているんですよね。2005年は技能賞(5月場所)とともに、あの伝説の6場所連続ハチナナが始まっている(11月場所)んですよ。2007年は大関に昇進していますし、2010年は今ホットトピックの野球トゥバークでトゥイホーされています。何かつながりがあるのかな?

それにしても今日の試合はおもしろかった。これだからロッテは楽しいです。負傷したクルーズも復活してほしいし、今日は代打を出された荻野もがんばってほしい。

2 Comments

  1. yukaing より:

    !!!!
    ね!!?楽しいね!?勝ったから楽しい、というのではない、ロッテを見てきたからこその面白さ。
    やはりクルーズがクローズアップされてしまうけど、ふく~らですよね?!あの守備がスーパープレーとなったのはふく~らがいたからこそ!
    ヒーローは今江でしたが。ふく~らスタメンが今日の勝因!!ほんときれい。スイングきれい。
    >オータニが3回で。  ほんと。日ハムだけでなく、みんなが思ってますよね。見ていてつらくなるくらいボールが手についてなかったように思います。シロートですが。
    こういうときにイナバとか、オータニのケツを叩けるぐうの音もでない実績のあるベテランがいたらよかったんじゃないかなーと思いました。シロートですが。イナバしか出てこない。
    そういうベテランがピリッピリッと利いたのが、この日のロッテの試合だと思いました。
    試合に出られなかったのがサブローと伊志嶺の二人だと。 このサブローが絶対利いて・効いてくるんだと信じているんです!
      伊志嶺も好きなの。

  2. マイク松 より:

    yukaingさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    よかったですね第1戦勝利!いやーフクウラさんの強さはほんとほれぼれします。
    そして最強の戦士サブローさんがまだ控えているのを考えると、まだ底は見えないですねー。

コメントしてください