びわ湖毎日マラソン2016:今年もペースメーカーコスゲイがおもしろかった

ドイツから帰ってきたマイク松ですこんにちは。ドイツにはユーロの形をしたおもしろいオブジェがあったりしましたが、フォルス・スタート商会の本社はありませんでした。あと僕らがドイツにいる間に欧州中央銀行がゼロ金利政策を導入して、ユーロが下がっていました。やめてほしいです。

さて、帰国してチェックしたのが真田丸とびわ湖毎日マラソンです。今年も楽しかったです。びわ湖といえば昨年も大フィーチャーしたペースメーカー。僕らはマラソンのペースメーカーが大好きなのですが、びわ湖にはついてくれます。これが陸連の思惑とは異なる行動をしたり、させられたりするのでとても楽しいです。

今年はペースメーカーに外国人のコスゲイと日本人の圓井と設楽弟が入ってくれています。昨年は全然コミュニケーションがとれない(ご隠居ドゥング以外は)ペースメーカー、今年は日本人を入れて3人入れてきました。昨年の反省経験をいかしていますね。

いざスタートすると、必ずいますよね、一般参加の中に最初だけとばして一瞬でも輝こうとするともちゃんみたいな人。このレースでももちろんいるわけですが、そこにさっと対応するコスゲイが数人の外国人選手とともに飛び出します。まてまてコスゲイ。ペースメーカーはそういうんじゃないから。しばらくしたら全体集団に戻るまではよかったのですが、また集団から抜け出して第1集団を形成します。もう外国人招待選手のペースメーカーと、日本人のペースメーカーに分かれています。なるほど。もちろん圓井と設楽はペースを守っています。

トップを走るキタタはどうもコスゲイがスピードを落とそうとすると前を走ってもっととばせといってるようで、コスゲイが飛び出してるのはそれもあるみたい。そもそもキタタはこれまでこれといったスポーツはやってなかったのに、初めてマラソンに出て2時間8分台。「家から学校まで毎日30km走っていたから」だそうです。なんかすごいわ。中本とかがオリンピックの優勝とかまったく口にしないのはそういうのもあるのかな。

10km時点で第1集団と第2集団の差は20秒くらい。意図してタイプの違うペースメーカーを3人用意したとしかいえない感じになってきました。そしてそんな第1グループとコスゲイをぼーんと引き離して、キタタが独走態勢に入りました。いったいどうなってるんだ。

20km時点で圓井がペースメーカー終了。設楽が集団を引っ張ります。すごく力強い走りで安心します。しかしこのままでは25km過ぎた時点で、第2グループの選手たちは自分の力で走らなければなりません。当初のプランにはなかったですが…。

と思ったら、ここでキセキが起きます。大げさに言いました。

なんとコスゲイが第2グループに戻ってきたのです。実際コスゲイも自分がペースメイキングやってもキタタはおいていかれるし、当初の考え方に従えば、日本人のペースメイクをやった方がいいということになったのでしょう。ともかくコスゲイイズバック。設楽も安心して終了。というか設楽はレースに出た方がいい。

30kmに近づいてレースが一気に動きます。直前でみんなコスゲイのペースメイクを振り切ってどんどん前に出始めたのです。コスゲイは速い先頭と走ったことで体力を消耗していたみたい。まあ昨年のご隠居ドゥングならおいていかずにコスゲイを叱咤激励するところだったのでしょうけど。コスゲイは人知れずペースメーカーを終了。

そんなペースメーカーの努力もあって、終盤はどんどん順位が入れ替わる展開。トラック勝負までもつれ込んで、日本人は北島が2位でフィニッシュ。3位のイシカワもとてもいいタイムでした。日本人4人がサブテン達成といういいレースになりました。前半独走だったキタタは結局ものすごい失速してしまったのですが、東京オリンピックの有力候補になるかも。

みんな3人のペースメーカーに感謝するように。いきなり飛ばしすぎるコスゲイの走りも含めて楽しめました。

カテゴリー: その他スポーツ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。