世界カーリング選手権2016 決勝T(5):スイス vs. 日本

今日めっちゃ寒かったマイク松ですこんにちは。どうなってるんや。

カーリング世界選手権もいよいよ決勝。長いことみてきたこの世界選手権もいよいよ最後の試合です。

世界女子カーリング選手権決勝、日本 vs. スイス。実況は曽根さん、解説は松平さんと石崎さん。

スイスはウーレック、カウフマン、ショリ、フェルチャー。日本は妹、鈴木、姉、藤澤。

第1エンド、先攻の日本はハウスに入れてきました。それをスイスがテイクする展開。どちらにもミスがなく、ブランクエンドになりました。

準決勝ロシア戦のハイライトが。いまだにあのロシアに勝ったのが信じられない。

第2エンド、テイクテイクの展開。ほんとに粘り強い戦いができてる。フリーズショットがしっかり決まって、スイスに1点とらせる展開に持ち込みました。いいぞ。

第3エンド、スイスはガード置いてきましたね。ハウスの中でナンバーワンをめぐる戦い。粘り強いテイクの欧州。スイスのシューターが出たところで日本は近い位置にステイしたが、スイスがダブルテイクにいきました。しかし日本のシューターは自分たちのハウス外のストーンに当たって残りました。それもテイクされたためブランクエンドにしました。

第4エンド、両チームともガードから始めます。日本もガードの後ろに隠しますが、それを正確なコントロールでテイクしてきます。それをまた日本がテイク。すごいハイレベルだ。テイクテイクの展開になってきたが、いつの間にかスイスのストーンがたまっている。最後は日本が1点とりました。

第5エンド、ハウスの中でフリーズ合戦。ごちゃごちゃしてきた。日本チームもスイープをうまく使い分けて正確に置いてきます。日本はスイスに1点とらせる展開を作りますが、スイスのストーンが中に入らなかったところから中を狙ってきます。それが中に入らず、スイスにヒットアンドロールで2点とられるかと思いましたが、スイスのラストストーンがもとナンバーワンをはじいてナンバーワンになったため、1点にとどまりました。助かった。

ほんとにレベル高い。今でもすごい成長しているんだと思う。

第6エンド、ガードに隠れたりテイクしたりと多様な戦術が入り乱れる。先が読めない展開。ただのテイクじゃなくそれからどう動かすかとかが問題になってる。スイスは離れた日本のストーンのダブルテイクを狙いますが、1つしか出せず。日本がスイスのストーンをテイクして、日本が2点とりました。はじめてスイスからリードを奪いましたね。

第7エンド、日本のストーンが急に曲がってきた。スイスのストーンがたまってくる。日本はダブルテイクアウトの形は作ったが出し切れず。スイスの3点パターンがみえてきてる。フリーズを狙いますが間があいてしまい、あやうく4点とられるところでしたが、3点にとどまりました。まだ助かった。

第8エンド、スイスのストーンがたまってきたが、一度うまくテイクされなかったことでいい方向に。スイスのストーンがうまくテイクできず、日本3点チャンス。ラストストーンはシューターが出そうになりましたが、なんとかかんとか、なんとかかんとか残りました。日本3点とりました!よっしゃ!

第9エンド、スイスのストーンが何かにひっかかったか、自分たちのストーンを全部出してしまいました。助かる!スイスは1つずつテイクテイクにいきますが、日本は藤澤のいいフリーズショットが2つも決まりました。スイスに1点とらせる形は整った。しかしフェルチャーのラストストーンをきっちりボタンにおいて、スイスが2点とりました。強い。でも3点以上とられなかった。

第10エンド、日本はなんとしても2点とりにいきます。スイスも必死にヒットロール。日本のいいヒットロールが決まったところでスイスはフリーズにきますがこれは開いた。日本はテイクして2つ残します。しかし次であまりうまくテイクできず。スイスは日本に1点取らせる形を作りました。そして藤澤の最後のストーンはのびて1点とれませんでした。試合終了、日本 6-9 スイス。

日本は2位、銀メダルになりました。藤澤はめっちゃ泣いてましたが、もう立派のひと言ですね。どこからみても立派。コメントまで立派。ここまでこられてわれわれも幸せです。歴史に残る快挙だと思います。

というか世界の強豪めっちゃ強い。正直あのメンバーの中で世界2位とか信じられないです。おつかれさまでした。よかったね藤澤。

カテゴリー: ウインタースポーツ パーマリンク

世界カーリング選手権2016 決勝T(5):スイス vs. 日本 への2件のフィードバック

  1. みに のコメント:

    ごぶさたです!
    やっと今シーズンのカーリングの録画を見終わってこちらを見にきました(遅っ)
    時間かかりますよね。
    いやー、今年はLS北見のメンバーを見て、「小熊ー!!」と大騒ぎをしたのですが、
    まさかここまでの快進撃を見られるとは(涙)
    今まで日本女子の試合を見ながらその作戦やパワーや追い込まれた時の精神力とか、
    いろいろ残念に思い、世界の強豪と色々比較してしまっていましたが、
    今回は本当に素晴らしい、最後の決勝まで、見ごたえある、トップチームと言って間違いない
    試合を見せてくれました。ほんとにうれしかった。こういう試合が見たかったです。
    またあの明るさが良かった。ちなの大笑いが響けば勝ちだ!って感じでしたねー(笑)

  2. マイク松 のコメント:

    みにさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

    カーリングおもしろかったですよね。よかったですこの気持ち共有できて(笑)
    藤澤と姉のコンビがすばらしかったです。姉の成長がほんとに助けになりました。
    めっちゃ笑っててこっちもおもしろかったですよね。
    歴史的な大会になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。