絶賛ルールのわかるスポーツはおもしろいけど

今日はビーチのある島にいってきたのですが、ずっとサーフィンみていたマイク松ですこんにちは。サーフィンって技術いりますね。自然次第だしいい波つかまえないといけないし採点競技だし。でも技術ある人は遠くからでもすぐわかりますね。かっこよかったです。

さて、こっちのテレビではフットボールやってます。アメリカンの方です。

なんでも大学フットボールの1試合がシドニーで行われたらしく、今その中継やってます。これってひょっとして見に行けたんちゃうかな…。でも絶対わかりませんよねそのときにシドニーいるとか。

スタンフォード大とライス大の試合が「シドニー・カレッジカップ」と題してシドニーのラグビー場で行われたようです。試合はスタンフォード大の一方的な試合になっています。ちょっと力が違うかな。

それにしても(アメリカン)フットボールはルールがわかっているので、試合の中で何かが起こってもすぐわかります。ライス大ファーストドライブでいきなり3つフォルススタートやとか、いいランブロックしてるとか、それでもキックオフアウトオブバウンズはあかんなとか。普通にスポーツ楽しめますね。

でも明らかにおかしいのですが、ルールがわからないスポーツにはわからないなりのおもしろさがあるんですよね。今日いった島にクリケット場(オーバル)があって早速いってみました。誰もいなくてなんもしたらあかんといってたのに誰かが勝手に入ってサッカーの練習してました。でもはじめてクリケット場入って感動。絶対いつかみよう。

そんなクリケットはアウト1つとるのに大騒ぎという感じですが、それでもなんだかにやにやしながらみてしまいます。今の時点で全然ルールがわからないけど、みてみるとめっちゃおもしろいスポーツ、探してみるのもおもしろそうですね。

おもしろそうって、こういう感覚がおかしいのかな。

One Comment

  1. YM5 より:

    https://www.youtube.com/watch?v=TL3Q5X93tow

    お帰りなさい、そして土曜(オーストラリアだと日曜)に行われていたスタンフォード対ライスの試合がYouTubeにフルでありました。

    仰る通り、未来のNFL選手を集めた上に超頭もいい究極の文武両道の大学とFBSでも負け越す(でも日本の学生フットボールの頂点である関学が逆にこれくらいの点差でボコボコにやられ、Xリーグでも十二分に通用する)弱小大学ではライスボウル以上の実力差があるのでこの結果もやむなしですが、高校野球のように未来のスターの圧倒的なパフォーマンスを見られるところがカレッジの魅力だし、見ていても面白いですよね。

    全米王者を懸けて死闘を演じたビンス・ヤングとマット・ライナートのような末路を辿る選手も多数いますが、この試合に出ていた選手の中で何人かは間違いなくNFLに行きます。

    早ければ来年のドラフトでこの選手をオーストラリアで見た!という言葉を楽しみにしています。

コメントしてください