ガチョウの置物が幸運をもたらすらしい、オリックもすぐに

全国統一UFO対策模試。ほんとに難しい模試で、もっとUFOについて勉強しないとなと思ったマイク松ですこんにちは。さっそくU.F.O.はおひるにたべました。

さて、野球と動物の関わるニュースがあればすぐ取り上げる、動物好きの当サイトにぴったりのニュースが飛び込んできました。わーい。

今軍神オータニのいるエンジェルス(LAA)と戦っているタイガース(DET)ですが、昨日の試合で軍神がせっかく登板していい感じだったのに2回も降雨中断してしまい、オータニはやむなく降板。そのあと雨もやんで試合再開のときに、なぜかかなりでかいガチョウが飛来。球場内を我が物顔で飛び回ったあげく、電光掲示板にぶつかって墜落してしまいました。かわいそう。

しかしその墜落したところになぜか獣医さんがいるという超ラッキーグースだったようで、手当てしてもらって放してもらったそうです。あまつさえスコアボードのゼロはガチョウの卵、グースエッグのようだということで縁起もいい。そんなガチョウにあやかろうというDETの動きは素早かったです。

今日の試合で、まず手当てした獣医さんを翌日の始球式に登板させました。その上選手はガチョウの置物をベンチの見えるところに設置。するとDETはぽんぽん点はとれるし、LAAは得点できないしと効果てきめん。LAAに連勝しました。すごいな。まあ登板翌日で軍神がおやすみだったのも大きいとは思うのですが、とにかくガチョウの置物すごい。

そしてこういうおもしろニュースが飛び込んでくるとすぐオリックに適用しようとする当サイトです。

以前ジャパンのプロ野球でもソフバンが鳩に悩まされたり西武が鳥の襲来のせいでドローに持ち込まれたり、といった事件は起きており、そのたびに凶世羅鳩ドーム計画を提示しているのです。しかしさすがに凶世羅鳩ドームは味方にも被害がありそうだし、むしろ自分が鳥なら種いもに襲いかかるよなという感じもあって、実現していませんでした。

しかし今回のニュースは福音。なにしろ特殊部隊鳩を編成するまでもなく、置物で効果があるというのです。すぐ実行しましょう。ジャストナウ。

まず置物同然の種いもを二軍に送り返します。そのことでベンチに置物の置き場を作るのです。そしてアメリカから仕入れたガチョウの巨大置物(3mくらいの)をベンチに3つ4つ設置します。主にフクラカントクのまわりがいいでしょう。遠くから見ても、ガチョウ、カントク、ガチョウという置き方をします。相手チームからみても「これはやばいぞ…(いろいろと)」という威圧感が与えられるはずです。これで勝利が近づく。

え?代打や代走要員はどうするのかって?元気なピッチャーでも使ったらいいんじゃないかと思うのですが、そんなに気にするようなら第2案をご提示しましょう。

まず置物同然の種いもにエキサイティングなガチョウメイクを施します。わりとホラー的な、ヘヴィメタル的な特殊メイクにすればいいでしょう。顔だけでいいです。あとは普通のユニフォーム姿で。そしてベンチに座らせます。これもフクラカントクのまわりにして、ガチョウ男、カントク、ガチョウ男という配置です。そしてまったく言葉は禁止。発するのは鳴き声だけです。グエー!グエー!みたいな。別に羽ばたいたりしてもいいですが、とにかく鳴き声だけ。こっちにしても相手チームからみたら、「やばみがすごいぞ…」という不安感が与えられるはずです。

第1案でも第2案でもいいでしょう。すぐに実行しましょう。スピード経営、ジャストナウ!

コメントしてください